FC2ブログ

第11回宮の森音楽祭が開催されました

program

◆平成24年11月10日(土)午後1時30分、宮の森小学校において、第11回宮の森音楽祭が開催されました。この音楽祭は、子どもたちが身近な場所で本格的な音楽と触れ合う機会を持つこと、音楽を通して地域の方々と交流を深めることを目的として、宮の森音楽祭実行委員会により開催されています。今回の音楽祭には、地域の方々が多数来場し、楽器の演奏と合唱を鑑賞しました。
◆第1部
①宮の森小学校スクールバンド
このバンドは金管楽器をメインとする、3年生から6年生までの児童31人で編制されています。今回の演奏では、最初に得意曲「栄光の架橋」を演奏。続くラテンの曲では熱のこもった演奏を披露しました。一生懸命に練習をしている日頃の成果を十分に発揮しました。バンドは平成元年に創設されました。これからも練習を積み重ね、更なる活動を期待します。
②西高アンサンブル with 竹本利郎(チェロ)・大石和彦(バイオリン)
札幌西高は今年創立100周年を迎えました。竹本さんと大石さんはともに札幌西高の卒業生です。竹本さんと大石さんは、音楽祭実行委員会の委員長である岡本孝慈さん(ピアノ)と演奏を行いました。更に、他の西高卒業生、現役の西高生と一緒に、今回の音楽祭で西高アンサンブルを編制し、モーツァルト作曲「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」を披露。流れるような演奏が会場に響きました。
◆休憩
次の舞台を整えるまでの休憩時間に、子どもたちによる映像発表「お・と・の・わ」が行われました。この映像は、子どもたちが、カメラを使って、地域の七夕まつり、タンザクナイトなどの様子を映像に収録し、出演した演奏者、町内会の会長などにインタビューをしてまとめた記録です。長い日数をかけて地域の行事を記録し、時間をかけて編集した子どもたちの努力がうかがえます。
◆第2部
③北海道札幌旭丘高等学校合唱部
旭丘高等学校合唱部は、10月27日に開催された全日本合唱コンクール全国大会(鹿児島)において、金賞と文科大臣賞(最高位)の栄誉に輝きました。今回の音楽祭には3年生は出場せず、1年生と2年生だけが出場。それでも素晴らしいハーモニーを存分に聞かせてくれました。2曲目に披露された「Aba Po, Santa Mariang Reyna」≪ああ、聖母様、女王様≫は、全国大会で合唱した曲であり、特に、ハーモニー、音の広がりに聞きごたえがありました。完成度が高く、雰囲気が十分に表現されていたものと思われます。これほど完成度が高ければ、後は一体何をすればよいのか、と思うほどの優れた合唱でした。
◆「ふるさと」の合唱
最後に旭丘高等学校合唱部と会場の方々が一緒に「ふるさと」を合唱。この日の充実した演奏と合唱をかみしめながら、全ての日程を終えました。
2012-11-13 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森明和会「文化の日作品展」が開催されました

bunka1

bunka3
◆平成24年11月3日(土曜日、文化の日)、宮の森明和地区会館の2階大倉山で、第7回宮の森明和会「文化の日作品展」が開催されました。この作品展は、宮の森まちづくりセンターが所在する地元の単位町内会である「宮の森明和会」の会員の方々作品を展示する会です。

bunka4

bunka2
◆出品者数は40人、作品点数は86点。絵画(油採、水彩)、写真、切り絵、書、手芸、押し花など、様々なものが出展されました。この地域の方々の芸術に対する関心の高さがうかがえます。また、森学舎幼稚園児の絵、ほくおう花の入居者による書も展示。会場を訪れた約130名の方々は、素晴らしい作品の数々に、驚かれ、感銘を受けていました。室内にはビーズ体験コーナーが設置され、大人も子どももビーズで国旗を作っていました。
◆作品展は、来年も平成25年11月3日(日曜日、文化の日)に開催される予定です。どうぞお楽しみに。
2012-11-05 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森明和会文化の日作品展が開催されました

1 2 3

■平成23年11月3日(木・祝)、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森明和会「文化の日作品展」が開催されました。
■この催しは、宮の森まちづくりセンターが所在する地元の単位町内会である「宮の森明和会」の会員の皆さまのさまざまな文化作品を展示する会で、今年度で第6回目となります。
■この日は、37人の方の156点もの作品が展示されました。
■作品は、絵画、切り絵、書、手芸、生け花、押し花などなど、さまざまなものが出展され、この地域の皆さんの芸術に関する造形の深さが見て取れました。
■会場に訪れた約130名のお客様たちは、すばらしい作品の数々に、大変驚かれ、感銘されていました。
■この催しは、来年度も平成24年11月3日(土・文化の日)に開催されます。お楽しみに!
2 1
2011-11-04 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森中学校地域文化作品展が行われました

1 2

■平成23年10月8(土)9時から、宮の森中学校にて「地域文化作品展」が開催されました。
■この催しは、宮の森中学校の文化祭にあわせて毎年行われているもので、宮の森中学校の校区である、宮の森明和会、円山西町町内会、荒井山町内会、宮の森こぶし自治会、上盤渓町内会、盤渓下町内会の皆さんが、日頃の文化活動の成果を展示するものです。

3 4 5 6 7

■当日は、宮の森中学校1の2つの教室に、「押し花」「絵手紙」「書」「写真」「陶芸」「ステンドグラス」などなど、さまざまな芸術作品が沢山並び、あたかも教室が美術館になったかのようでした。
2011-10-11 : 文化・歴史 :
Pagetop

開拓神社みたま祭り「宮の森納涼盆踊り大会」が行われました

2 3 1

■平成23年8月14日(土)~16日(月)の3日間、北海道神宮西駐車場にて、宮の森納涼盆踊り大会が開催されました。
■この催しは、宮の森盆踊り同好会に皆さんが毎年、行っているものです。
■今年は、あいにくの天候により、初日は中止、2日目は20時まで子ども盆踊りのみの実施となりました。
■3日目となった16日(月)も朝から雨が降っており、主催者である同好会の皆さんもやきもきしていました。
■17時の段階でも雨模様でしたが「実施!」の判断をしました。すると・・・皆さんの思いが通じたのか、18時を過ぎたころから小雨になり、ついに、雨がやみました。
■太鼓の音に誘われ、段々と人が集まり、19時を過ぎたころには大きな踊りの輪ができました。
■残念ながら3日目に予定されたいた「仮装」は中止となり、実施時間も20時までと短縮となりましたが、なんとか実施することができ、参加された方々は満足されて帰路につきました。
2011-08-23 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森明和会「文化の日作品展」が行われました

2 3
1【今年の目玉 子どもたちの作品】

■平成22年11月3日(水・祝)午前9時から、宮の森明和地区会館2階大倉山にて、宮の森明和会「文化の日作品展」が開催されました。
■この作品展は、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)が所在する地域の町内会である「宮の森明和会」の地域にお住まいの皆様が「絵画」「写真」「押し花」「書」「切り絵」など、日頃から取り組んでおられる文化活動の成果を発表する場として毎年度開催されているもので、今年で5回目になります。
■当日は、50人の方々の100点を超える作品が展示され、観覧に訪れた100名を超える皆様は熱心に作品に見入っておられました。
■会場では、明和会女性部の皆さんによるお茶やコーヒーのサービスもあり、皆さん楽しいひと時を過ごしておられました。
2010-11-04 : 文化・歴史 :
Pagetop

地域文化作品展が開催されました

1 2
3 4
5 6

■平成22年10月2日(土)9時から、宮の森中学校にて地域文化作品展が開催されました。
■この作品展は、毎年、宮の森中学校の文化祭にあわせて開催されているもので、校区である「宮の森明和会」「円山西町町内会」「荒井山町内会」「こぶし自治会」「上盤渓町内会」「盤渓下町内会」の皆さんの作品を2つの教室に展示しているものです。
■会場である、1階の1年生の教室には、クレイアートや藍染め、陶芸作品、押し花、写真などさまざまな力作が所狭しと並べられ、作者の気迫が感じられました。
■また、明和会女性部の皆さんによる「ビーズによる国旗製作体験」も行われ、たくさんの子どもたちが参加していました。
7

■地域には文化人がたくさんいらっしゃることを再確認した一日でした。
2010-10-04 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森あったかコンサート

馬頭琴  コンサート全景

■3月27日(土)14時00分から、宮の森まちづくりセンターにおいて「宮の森の環境を守る会」主催による「宮の森あったかコンサート」が行われました。
■出演は、「馬頭琴」と「ホーミー」の嵯峨治彦さん。「馬頭琴」は「草原のチェロ」とも言われるモンゴルの民族楽器です。また、「ホーミー」は一般に「喉歌」とも言われますが、一人の人間の喉から同時に2つの音を出する特殊な歌唱法です。
■モンゴルの草原を渡る風や駆け抜ける馬たちの蹄の音が聞こえてきそうな響きに、約50名の観客も魅了された素敵なコンサートでした。

2010-03-30 : 文化・歴史 :
Pagetop

宮の森「まちセン」コンサート

フィナーレ  お客さんもたくさん

■3月7日(日)15時00分から、宮の森まちづくりセンターにおいて、宮の森「まちセン」コンサートが行われました。
■出演は、宮の森まちづくりセンターがある宮の森明和地区会館で行われているヴァイオリン教室「スズキ・メソード札幌支部宮の森教室(山同・鎌田クラス)」に通う子どもたち。大人の手のひらくらいの小さなヴァイオリンを一生懸命弾く小さな子どもから、華麗な演奏を披露する高学年の子どもまで約30名が交互に出演しました。
■まちセン所長(マンドリン)の飛び入り企画もありましたが、主役の子どもたちに地域のみなさんから盛んな拍手をいただきました。

合奏コーナーもありました  まちセン所長の飛び入り企画

2010-03-08 : 文化・歴史 :
Pagetop

800万年前「宮の森」は海の底だった!?~「宮の森明友会」教養講座

全長約7メートルのカイギュウ実物大型紙  会場内に広げたカイギュウの実物大型紙

■2月25日(木)14時00分から「宮の森明友会」(地域の老人クラブ)の「教養講座」が行われました。
■今回は、札幌市博物館活動センターの古沢さんを講師にお招きし、定山渓で発見されたサッポロカイギュウにまつわるお話を聞きました。
■約800万年前、まだ海の底だった札幌を悠々と泳いでいたカイギュウ(全長約7メートル)の実物大型紙に参加者もびっくり!「地球の歴史全体から見ると、今の札幌の地形や環境が形成されたのはごくごく最近のこと」というお話に、自然のスケールの大きさを感じました。
2010-02-25 : 文化・歴史 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード