FC2ブログ

琴似川の様子です

かも1 かも2

■平成22年6月22日(火)の琴似川(中央区宮の森3条5丁目付近)の様子です。
■地域の方が刈った草の上で、カモが気持ちよさそうに休んでいました。

  
2010-06-25 : 環境 :
Pagetop

宮の森の春を探そう!「スノーシュー体験会」

鳥だ  いろいろなタネを比べる

■3月4日(木)10時00分から、宮の森の春を探そう!「スノーシュー体験会」が行われました。
■総勢25名で、スノーシューを履いて「ユースの森」を探索しました。
■ガイド役は、NPO法人「ねおす」の荒井さんと札幌市博物館活動センターの山崎さん。

一心に餌をついばむコゲラ  エゾリスは恋の季節

■エゾリス、キタキツネ、ゴジュウカラ、コゲラなどが観察できました。また、ふくらんだ木の芽も観察できて、柔らかい日差しとも相まって、間違いなく近づいてきている「春」を見つけることができました。

園長さんのお話を聞く

■最後に円山動物園におじゃまして、シロクマの引っ越しなどで新聞などをにぎわせている「種の保存」への取組などについて、酒井園長からお話しをうかがいました。


2010-03-05 : 環境 :
Pagetop

ごみステーション早朝指導啓発

0065.jpg
■7月1日(水)からの「ごみ有料化」「排出ルールの変更」にともない、7月1日(水)から3日(金)の3日間、集中的に「ごみステーション早朝指導啓発」が行われました。
■それぞれの地域の町内会長、環境衛生担当の役員、班長、日頃からステーションを見守ってくださっている方々などが、朝7時から8時30分まで、各ステーションを見回りました。
■燃やせるごみが初めて出されることとなった7月3日(金)には、下村中央区長と高松市民部長、この地区の担当となった市の職員などもこの地域に駆けつけてくれましたが、全般的にごみの出し方は極めて良好でした。
■地域の皆さんは、ずいぶんと減ったごみの量に驚きながらも、「ごみの種類によっては収集が毎週ではないものもあるので、しばらくの間は気を付けて見守っていく必要がある。はじめのうちが肝心なので、声を掛け合っていこう。」と話し合っていました。
■写真:黄色いジャケットの左が下村中央区長、右が高松市民部長
2009-07-01 : 環境 :
Pagetop

荒井山緑地を桜の名所に!

0057.jpg

■4月25日(土)13時30分から、荒井山緑地(中央区宮の森3条13丁目)において、桜の植樹が行われました。
■荒井山緑地(元荒井山スキー場跡地)は、七夕祭りやチューブソリ大会などの町内会の行事や、大倉山小学校のイタドリ迷路やスキー学習などにも活用されています。地元の荒井山町内会では、この緑地を桜の名所にしようという目的で、札幌グリーンライオンズクラブの皆さんのご協力をいただき、3年前から植樹を行っています。
■今年は、ソメイヨシノや八重桜など種類をとりまぜた高さ2mを超える大きな木が14本植えられました。参加者のみなさんは、「すぐにでもたくさんの花を咲かせるように。」と願い、ネズミの食害などを防ぐネットを木の根元に巻きました。
■作業が終わった後、札幌市から札幌グリーンライオンズクラブへの感謝状が贈られました。荒井山町内会のみなさんは、早くも「次はどのあたりに植えようか・・・。」と来年の計画について話し合っていました。
2009-04-25 : 環境 :
Pagetop

「ごみ排出ルール」説明会が行われました

0055.jpg

■4月15日(水)10時00分から、宮の森明和地区会館において「ゴミ排出ルール」説明会が開催されました。
■宮の森大倉山連合町内会の区域内では第1回目となる説明会でしたが、約130名もの参加者があり、急遽、イスを追加することに・・・。
■札幌市環境局の職員2名が、DVDやスライドを使い、また、新たに導入される黄色のゴミ袋なども示しながら、制度の変更点などについて説明を行った後、質疑が行われました。それぞれのお住まいの地域の実態なども踏まえた具体的な質疑が行われました。
2009-04-15 : 環境 :
Pagetop

宮の森の自然探訪「スノーシュー体験会」

0050.jpg

■2月18日(水)10時00分から、宮の森大倉山連合町内会と宮の森まちづくりセンターが主催する「スノーシュー体験会」が行われました。
■前日の吹雪から打って変わって晴天に恵まれたこの日、参加者34名は、まず、まちづくりセンターに集合し、準備運動も兼ねながら「ユースの森」に向かいました。「ユースの森」は円山総合運動場補助グラウンドの向かいの森。昔、ユースホステルが建っていたことから「ユースの森」と呼ばれています。
■「ユースの森」に到着した一行は、さっそく、スノーシューを履いてみます。指導は、藤野野外スポーツ交流施設「Fu’s」のスタッフ。準備運動の後は森の探索です。夏場は入り込めない森の中も、冬、スノーシューを履けば、どんどん入り込んでいけます。参加者は、宮の森に本拠地を置くNPO法人「ねおす」のスタッフのガイドで、動物の足跡や鳥が虫を食べた跡の残る樹木、春も遠くないことを知らせるふくらみはじめた木の芽などを発見していきました。身近でしかも豊かな自然に、そして冬もたくましく生きる動物たちの痕跡にあらためて驚かされました。
■森の探索を終えた一行は、円山動物園に向かいました。動物園では、飼育員の三浦さんから、鳥や蝶などの身近な動物について、そして、動物園のこれからの計画についてのお話を聞き、解散となりました。
2009-02-18 : 環境 :
Pagetop

荒井山緑地で桜の植樹!

0006.jpg

■4月26日(土)13時30分から、荒井山緑地(中央区宮の森3条13丁目)において、荒井山町内会、札幌グリーンライオンズクラブ、ボーイスカウトのメンバー総勢約130名の皆さんによって桜の植樹が行われました。
■荒井山緑地(元荒井山スキー場跡地)は、七夕祭りやチューブソリ大会などの町内会の行事や、大倉山小学校のイタドリ迷路やスキー学習などにも活用されています。この緑地を地域の“憩いの場所”に、という目的で、2年前から植樹が行われています。
■この日は、参加者のみなさんによって、えぞ山桜15本、カミネッコン25箱(えぞ山桜、赤えぞ松)が植樹されたほか、ボーイスカウトのメンバーは、昨年、ボーイスカウト100周年を記念して植樹した木の周辺の清掃を行いました。
■以前植樹した桜もきれいに花を咲かせており、まだまだ小さな苗木のカミネッコンを植えたボーイスカウトのメンバー達も、「早く大きくなってきれいな花を咲かせて」と祈っていました。
2008-04-26 : 環境 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード