まちづくりの担い手発掘「講座」&「室内ゲーム大会」が開催されました

◆平成25年2月21日(木)午後1時、宮の森明和地区会館において、まちづくりの担い手発掘「講座」&「室内ゲーム大会」が開催されました。この行事は、町内会活動などまちづくり活動を担う新たな人材を見つけ出し、活動へ導くことを目的として、連合町内会の主催により行われているものです。同日の行事には地域の方々40人が参加しました。

undefined
◆行事の開催に当たり、連合町内会の吉田会長が挨拶し「皆で講座を聞き、ゲームを楽しんで交流を深めましょう」と述べました。

undefined

undefined
◆引き続いて、「講座」がスタート。まちセンの吉田所長が、「札幌市のまちづくりと宮の森まちづくりセンター」というテーマで講話をしました。吉田所長は、札幌市が策定を進めている「まちづくり戦略ビジョン(ビジョン編)」の概要を説明。ビジョンの中でも、地域と安全・安心のまちづくりに重点を置いてお話をし、札幌市では地域の方々誰もが、まちづくり活動に参加することを将来の目標として掲げており、次代を担う子どもたちに住みよい札幌の街を引き継いでいくことを基本理念としていることを説明しました。更に、まちセンとして、防災活動など連町の活動を来年度も支援することを述べ、「札幌市では、これからも市民が主役のまちづくりを進めます。身近なことからまちづくり活動への参加をお願いします」と呼び掛けました。

game7

game8

undefined
◆講座が終わった後は、いよいよ「室内ゲーム大会」が始まります。ゲームの種目は①麻雀、②囲碁、③オセロです。参加者はそれぞれエントリーした種目に分かれ、会場に移動して、腕を競い合いました。
①麻雀の部⇒会場は2階の大倉山、参加者数は32人です。ゲームを3回行い、審判員の厳正なる判定に基づき、合計点を競いました。
②囲碁の部⇒会場は1階の円山、参加者数は5人です。総当たり戦により勝敗数を競いました。
③オセロの部⇒会場は1階の明和サロン、参加者数は3人です。総当たり戦により勝敗数を競いました。

game6

undefined
◆ゲーム終了後は表彰式を開催。成績上位者に「かんてんぱぱ」の豪華な商品詰め合わせが贈呈されました。他の方々にも参加賞が渡され、全日程を終了しました。
2013-02-22 : 連合町内会 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード