三角山小学校のスクールゾーン実行委員会が開催されました

sankakuyama

◆平成24年12月11日(火)午前10時、三角山小学校においてスクールゾーン実行委員会が開催されました。
この委員会は、同小の先生、PTAの方々、西警察署の警察官、町内会の会長、交通安全指導員、PTAの方々、中央区役所の職員などで構成されています。
今回の委員会では、冬期間における交通安全の確保について話し合いが行われました。

◆開催に当たっての挨拶で、相内委員長は「通学路への砂まきを行うことで、滑りやすい路面を解消し、児童の転倒を防止します」と述べました。
秋山校長先生も「通学路には坂道が多くあります。雪道に気を付けるよう指導します」と挨拶しました。

◆除雪と交通安全とについて
・中央区土木センターの小林係長は、「今年12月はここ10年来の大雪になりました。
道路わきの雪が積もっています。
1月中旬から降雪量が多くなるので、除雪体制の立て直しを図って、通学路の除雪と排雪を行います。
また、凍結路面への砂まきを行い、砂の使用についてもPRします」と説明しました。
が求められます。
・西警察署の大久保係長は、「除雪と排雪作業を行っている重機に巻き込まれて事故に遭わないよう児童に注意を促してください。
雪道の中でも目立つように反射材を使用するようお願いします」と述べました。

◆学校が把握している危険個所と対策について
①宮の森3条9丁目と4条9丁目2の間の横断歩道(宮の森北24条通り)
横断歩道を、宮の森3条8丁目と9丁目の境界付近に移設した上で、信号機を設置する対策を、なるべく早く実行することができるよう検討することが確認されました。
②北1条宮の沢通りと藻岩山麓通りとの交差点(宮の森フランセス隣接の交差点)
信号機の全赤時間を長めにすること、警察のパトロール強化で対応することが確認されました。
③宮の森3条11丁目2と3の間の通学路
左折禁止の標識、注意喚起の標識の増設(実施済み)
④宮の森3条11丁目2と4条11丁目1の間の横断歩道
交差点の見通しの良い位置に移設

◆PTA地区委員会からの報告
朝の交通安全指導から
①学校上交差点
児童を見て停止し、雪などでスリップして立ち往生。
停止が曖昧な車が多くありました。
②学校下T字路
交通量が多く、スピードを出している車があり、危険であると感じました。
歩道で、車道ぎりぎりの所を歩いている児童がいたので、注意しました。
③ケンタッキー横
特になし。
④フランセス
青信号が点滅してから走り出そうとする児童がいたので注意。
宮の森小方面から上がって左折する車が、歩道ぎりぎりの所で曲がっていきます。

◆冬季通学路における危険個所改善要望
・次の個所については、除雪と排雪を重点的に行うことを希望します。
①分譲地付近曲がり角
②学校前道路坂上
③学校前道路坂下T字路
④ココス前交差点付近
⑤山麓通1本目の曲がり角の通学路交差点
⑥十二軒通り歩道(ケンタッキー~福士小児科)

◆保護者への呼び掛け
・学校では、保護者に通知文を配り、最寄の砂箱から砂をお持ちの上、児童の通学路に砂をまくよう協力を依頼します。

◆意見交流
・(連町会長)学校が把握している危険個所①の信号機の設置をお願いします。
⇒国の方針により信号機の設置は削減傾向にありますが、必要な個所には設置をします。
・(交通安全指導員)交通事故を防ぐため、交差点では一歩下がって待つこと、青信号に変わってもすぐに飛び出さないことを児童に指導してください。
・(吉田所長)学校が把握している危険個所④について、標識が改善されましたが、効果はありましたか。
⇒(教頭先生)夏までの長い期間について様子を見ることで検証が必要。現時点では事故はないが、今後も油断せずに気を付けます。
2012-12-12 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード