宮の森小学校でスクールゾーン実行委員会が行われました

◆平成24年12月3日(月)午前10時、宮の森小学校において、交通安全スクールゾーン実行委員会が行われました。この委員会は、同校の先生、PTAの方々、西警察署の警察官、町内会の会長、交通安全指導員、スクールガード、中央区役所の職員などで構成されています。

◆今回の委員会では、主として冬季通学路の安全確保について、話し合いがなされました。主な内容は次のとおりです。

◆安全教育
・交通安全指導
 各学期の始め5日間、校区内の交差点4か所で安全指導を実施しています。
・交通安全教室
 ヤマト運輸の協力を得て、グラウンドでトラックを実際に使い、内輪差のデモンストレーションを実施しました。
・集団下校訓練
 危険度のレベルに合わせて下校訓練を行っています。

◆冬季通学路の安全確保について
〇冬期間の危険個所
①通称文化通り
②グリーン公園北側交差点
③3条4丁目と5丁目境の川を越えた交差点
④3条4丁目と5丁目、2条4丁目と5丁目の交差点
⑤山の手通り沿いの北洋銀行前の5叉路
⑥1条7丁目から9丁目までの区域
⑦シーアイマンション前(サンクス)交差点
⑧学校前交差点

〇冬期間の交通指導
・日常の指導実践として、狭い道での注意、つらら取り、雪玉作りに夢中にならないように、学年の実態に合わせて行っています。
・危険個所の④について、車が頻繁に通り、双方向に一時停止の標識はあるが、徐行のまま通過する車があります。
通学路としては、横断することを禁止し、宮の森24条通りに向かって歩くようにしています。
・危険個所の⑧について、学校独自に一時停止の標識を作り、日常指導しています。
・路面を随時確認し、必要に応じて砂をまくなどの対処をしています。
正面玄関内と温室内に砂を確保しています。

〇危険個所の改善要望事項
・山の手通りと北24条通りは、通学路として多くの児童が通るので、確実な除雪と排雪をお願いします。
・次の交差点での除雪と排雪
 宮の森3条5丁目・4条5丁目の交差点
 危険個所の⑦
 危険個所の⑧
・歩道橋上の除雪と排雪
・危険個所の③での融雪剤の散布

◆予算の使途
・交通安全の腕章を購入し、新入学児童の保護者に配布
・学校での交通安全指導の際に着用するベスト(オレンジ色の蛍光色)の購入

◆出席者からの意見
・グリーン公園での工事車両、この公園をはさんだマンション建築の工事車両に注意しなくてはなりません。
ダンプトラックは1日70往復をしており、この状態は12月いっぱい続くものと思われます。
・東光ストア、北海市場付近では、配送車両の出入りに注意することが必要です。
・危険個所の④については、年に2、3件の物損事故があります。
(西警察署)信号機の設置については、1機当たり600万円程度の費用がかかります。現在、国の方針により、信号機の設置を減らす傾向にあります。
必要な個所には設置しますが、優先順位を考えなくてはならないものと思われます。
2012-12-04 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード