福祉・健康づくり教室が開催されました

◆平成24年9月12日(水)午前10時、宮の森明和地区会館の2階大倉山において、福祉・健康づくり教室が開催されました。この教室には地域の方々など24名が出席し、保健師などの説明を聞きました。
◆最初に、中央区保健センターの保健師である越智職員が、「胃がん・大腸がんと食生活」というテーマで1時間ほど講義をしました。越智職員は、①お酒の飲み過ぎは避けること、②運動など普段から体を動かすこと、③果物を食べることなどを分かりやすく説明しました。
◆次に、健康講話が行われました。この講話では、「かんてんぱぱ」で知られる、伊那食品工業株式会社札幌営業所の畑中様が、「寒天は食物繊維を多く含み健康に良い食品です」と寒天の効能を説明しました。説明後は、製品のプレゼントも行われました。
◆参加者は、「保健師さんのお話を直接聞くことができてためになりました」、「今回の教室は、日常の食生活を考える上で役に立てたいですね」と話していました。
2012-09-18 : 健康 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード