中央区役所による防災訓練が行われました

◆平成24年9月3日(月)、厳しい残暑の中、午前9時30分、伏見小学校のサブグラウンドで、中央区防災訓練が行われました。この訓練は、中央区役所が主催して毎年行っており、中央区役所と防災関係機関、事業所、各種団体、地域住民の連携により、防災協働型社会の実現、災害に強いまちづくりの推進を図ることを目的としています。今回は、地震の発生を想定した訓練であり、約800名の方々が参加しました。宮の森大倉山地区からはおよそ10名の方々が参加しています。
group6

◆区内の連合町内会からの参加者は、7グループに分かれて各種の訓練を行いました。宮の森大倉山地区の方々は第6グループ。当地区の方々が行った訓練を順に紹介します。
・水防工法訓練(土のうを作成し、積みました)
sandbag1

sandbag2
 
・ロープ結策、応急担架作成訓練(命綱の結び方、毛布と棒で担架を作成する訓練)
rope

tanka

・自衛隊の人命救助資機材も見ました。
SDF3

SDF4

・倒壊家屋救出訓練(地震で倒れた家屋から人を救出する訓練、土砂に埋まった人を助け出す訓練)
house

dosha

・最後に、地域の方々全員がバケツリレーによる消火訓練を行いました。
relay

◆日赤の方々による炊き出しの訓練も行われました。
rice

◆自衛隊員が、電車事業者の建物の屋上からヘリコプターで人を救助する訓練も行われました。
SDF2

◆この日は時間がたつに連れて、暑さが一層厳しくなってきたので、予定を少し早め、11時40分頃に訓練を終了しました。
2012-09-05 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード