三角山小学校で「スクールゾーン実行委員会」が行われました。

◆平成24年7月9日(月)午前10時、三角山小学校で「スクールゾーン実行委員会」が行われました。この委員会には、PTA、町内会の方々、西警察署、中央区役所の職員などが出席。この委員会では、平成23年度の事業報告及び決算報告が行われ、原案どおり承認され、平成24年度の事業計画と予算案も原案どおり承認されました。引き続き出席者の間で児童の交通安全に関する情報交流が行われました。主な話題は、次のとおりです。
◆三角山小学校の取組(主なもの)
・1年生への交通安全指導として、国語の授業において、交通安全のメッセージを書き、児童から祖父母へ送ることを行います。
・1年生については、先生が児童を引率して方面別に下校します。
・全学年が4グループに分かれ、交通安協会の方から、交通安全の指導を受けています。
・横断歩道を渡る際に、左右を見て確認させることを重点的に指導していきます。
◆PTA地区委員の報告(主なもの)
・交差点を横断する際に左右を見ない子どもがいます。
・集団で歩いていると、左右を確認せず、流れで渡る児童がいます。
・杉の子公園付近では、住宅の建設に伴い、大型車の出入りが多く注意が必要。
◆信号機設置について西警察署に提出した要望書について
 通学路を通って登下校する児童の安全を確保するため、小学校、PTA、町内会が連名で要望書を西警察署に提出しています。要望書の内容は次のとおりです。
①宮の森3の9、宮の森4の9にかかる横断歩道について、宮の森3の8と3の9の境界付近に移設し、歩行者用号機を設置してほしい。
②北1条宮の沢通と宮の森北24条通の交差点(宮の森フランセス教会、ココス宮の森店)の信号を歩車分離式に変更してほしい。
③(1)藻岩山麓通からの左折禁止の取り締まり徹底、(2)車道への「スクールゾーン」の表示、(3)宮の森3の11、4の11の横断歩道を東へ5メートル程度移設し、渡りやすくしてほしい。
 これらの要望について、出席者の間で、話し合いが行われました。その結果、要望項目のうち①、②は西警察署で今後も検討を進めること、③の(1)、(2)は、西警察署、中央区の間で協議すること、(3)については、警察において移設に向けて具体的な内容の検討を進めることになりました。
2012-07-09 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード