宮の森消防分団が訓練大会で優勝しました

nyujo入場行進

shotai小隊訓練

hosui消火活動

rescue救助活動

ceremony表彰式

◆平成24年7月4日(水)午後2時、JRA札幌競馬場の東駐車場において、「平成24年度札幌市中央消防団消防総合訓練大会」が行われました。この大会は、区内の消防団が消防技術の向上を図るため、毎年行っているものです。中央区には1本部13分団の消防団が置かれ、団員数は251名です。
◆午後2時、各消防団が会場への入場行進を開始。その後、開会式が行われ、開会宣言、大会長の訓示、来賓の祝辞披露などがなされました。開会式に引き続いてすぐに訓練が行われました。
◆訓練は「小隊訓練」と「総合訓練」があります。訓練では各分団が競い合い、優秀な成績を収めた分団は表彰されます。「小隊訓練」は、2、3の分団で隊を成し、指揮者による命令の下、整列して行進したり、駆け足をしたりする訓練です。この訓練は、動作の規律と指揮者の能力を向上させ、団結心を高めることを目的として行うものです。宮の森分団は、桑園、円山の分団とともに、整然と隊を成して訓練に臨みました。
◆「総合訓練」は、地震による災害が発生したことを想定し、消火、障害物の除去、被害者の救出を行うものです。この訓練では、技術の正確さ、活動の早さ、冷静な判断が求められます。宮の森分団は、ホースの搬送、消防車との連結、ホースの延長を手際よく行い、的を目がけて放水しました。次に障害物にローブを結束して取り除き、直ちに負傷者を救助。頭に包帯を巻き、担架に乗せて所定の場所へ搬送しました。日頃の訓練の成果がいかんなく発揮され、団員の動作はきびきびとしており、流れるように活動が進みました。
◆全ての訓練が終了した後、閉会式が行われ、成績が発表されました。宮の森分団は、「小隊訓練」で第1位、「総合訓練」でも第1位と優秀な成績を収めました。表彰式に続いて閉会が宣言され、4時10分頃に解散しました。
◆消防団員は、地域の方々が安全で安心して暮らすことができるまちづくりに向け、日頃から訓練を重ねています。これからも消防団に対する、地域の方々のご協力とご支援をお願い申し上げます。
2012-07-06 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード