連合町内会の定期総会が開催されました。

総会
◆平成24年5月20日(日)午前10時、宮の森明和地区会館の「大倉山」において、宮の森大倉山連合町内会の平成24年度定期総会が開催されました。
◆岩邉副会長の司会により会議が進められ、最初に牧野副会長が開会を宣言。続いて、吉田会長が挨拶し、①6月10日に行う土砂災害・全国統一避難訓練への参加を呼び掛け、②防災体制の強化、③一人暮らしの高齢者に対する見守り活動の推進、これらの取組について述べました。
 次に、吉田まちセン所長が、まちづくり活動へのご理解とご尽力に対する感謝の意を述べ、「防災活動、独居老人の見守り活動といった新たな課題を解決するには、人と人のつながりが大切であること、連合町内会を通じて各町内会が情報を交換し、協力することが必要である」と述べました。
 続いて、府録顧問が、「これからも安全、安心のまちづくりを推進するため、引き続きご協力をお願いする」と挨拶をしました。
◆議案の審議に先立ち、議長として宮の森東三町内会の井川副会長が選出され、議長席に着席。直ちに議事に入りました。
◆まず、①「平成23年度の事業報告」が渡辺事務長から、②「平成23年度の収支報告」が戸田会計長からなされ、次に「監査報告」が佐藤監事からありました。両議案とも原案どおり承認されました。
◆次に、③「平成24年度の事業計画」が渡辺事務長から、④「平成24年度の収支予算」が戸田会計長からなされました。広報費の支出、回覧の両面印刷について質疑応答が行われた後、両議案とも原案どおり承認されました。
◆更に、役員選出の議案が審議され、岩邉副会長の退任に伴い、宮の森第一町内会の佐々木会長を副会長に選出する案が承認されました。続いて、新任の佐々木副会長と岩邊副会長から一言ずつ挨拶がなされました。
◆その他の事項では、①会長だけでなく副会長を含めた「拡大役員会」の開催について質疑応答がなされました。
◆以上の議事が終了して議長が退席した後に、東副会長が閉会を宣言して全て終了しました。
★連合町内会の主な役員(平成24年度)
・顧 問 府録 弘幸
・相談役 小川 喜市
・会長  吉田 重弘
・副会長 東  健治
・副会長 牧野 正昭
・副会長 佐々木光男(新任)
・総務部長 牧野 正昭(兼任)
・女性部長 堀川 京子
◆これで平成24年度の方針と組織体制が決まりました。新年度のまちづくり活動に弾みがつき、地域の方々の結びつきが一層深まるよう祈念申し上げます。
2012-05-21 : 連合町内会 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード