FC2ブログ

シートベルトの必要性を体験しました!

1 2

■平成23年9月29日(木)13時30分から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、「体験しよう!シートベルトの必要性!」シートベルト着用講座が開催されました。
■この講座は、宮の森大倉山連合町内会と宮の森大倉山福祉プラザ「やまなみ」が、札幌方面西警察署と札幌西交通安全協会の協力を得て実施したものです。
■まずは、中央消防署宮の森出張所のご協力を得て、出張所前に「シートベルトコンビンサー」を配置して、衝突体験を行いました。
■シートベルトコンビンサーは、時速5㎞で衝突した時の衝撃を体験できる機械です。
■5㎞とはいえ、結構な衝撃に皆さん驚かれていました。

3
■体験の後は、宮の森まちづくりセンターの2階に場所を移動して、西警察署の坂上さんからお話をいただきました。
■「5㎞だとわかって、しかもぶつかる覚悟が出来ている体験でも結構な衝撃を受けたと思いますが、実際の車はもっと早いスピードです。」「しかも、いつぶつかるかわかりません。シートベルトをしていないと大けがをしてしましますよ」「6歳未満のお子さんはチャイルドシートを必ず使ってください。」「それはなぜかというと、135㎝以下のお子さんは、普通にシートベルトをつけると首にかかってしまうからです。」といったお話に、皆さん真剣に聞き入っていました。
■「チャイルドシートとベビーシートの違いは」、「チャイルドシートがない場合は、135㎝の子どもはシートベルトをつけるべきなのか、首にかかってしまうのでつけない方がいいのか」など出席者から沢山の熱心な質問が出され、「子どもが外に飛び出してしまうことを考えると、シートベルトはつけてください。」「ベビーシートとは・・・身振り手振り、チャイルドシートとは・・・身振り手振り」など坂上さんも一生懸命に対応されていました。
■普段出来ない体験をされて、参加された約20名の皆さんは、交通安全意識を高められた様子でした。
2011-09-29 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード