FC2ブログ

連合町内会環境衛生部会が行われました

1

■平成23年6月29日(水)10時30分から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森大倉山連合町内会環境衛生部会が行われました。
■この会議は、宮の森大倉山地区にある17の町内会の環境衛生を担当されている部長さんなどで構成されている会議です。
■この日は、中央清掃事務所から山田所長、木村普及担当係長をはじめ、「さっぽろごみパト隊」のお二人を招き、意見交換を行いました。
■意見交換の主な内容は次のとおりです。
●不法投棄対策はどうなっていますか。⇒清掃事務所としても見回りをしているが、どうしても夜中に捨てられることが多く、現場を発見するまでには至っていません。札幌市としては、ハイヤー協会と協定を結んでいるとともに、今般、建設業界とも協定を結ぶこととになりました。皆さまにおかれましては、今後ともご協力をお願いいたします。
●スプレー缶の出し方に変更はありましたか。⇒先日新聞報道がありましたが、札幌市としては従来どおり「穴をあけて、透明な袋に入れて、燃やせないごみの日に出していただく」ことで変わりはありません。ただ、ご家庭で穴を空けるときに「火の気のないところでやっていただくように気をつけていただくこと」が大切です。また、穴をあけないとごみ収集車で火災が発生する可能性があります。清掃車は1台1千2百万円と非常に高価なものですので、皆様のご協力をお願いいたします。
●集合住宅のごみステーションについてはどうなっていますか。⇒平成20年3月に要綱を整備し、6戸以上の集合住宅については義務としております。(容積については、1世帯あたり60ℓで計算することになっています。)ただ、それ以前は、地域の町内会と協議をする旨の規定でしたので、自前のものを持っているところとそうでないところが混在している状況にあるものと思います。また、地域のステーションを使っている集合住宅に不都合があれば、自分たちで整備するように指導することもできるようになっていますので、何かありましたら、清掃事務所までご相談ください。
●シールを貼って違反ゴミをおいていかれるのは、ステーションを管理している側としては困るのですが。⇒違反ゴミを出した人に対する啓発として行っています。また、収集日によっては絶対に持って行けないごみの種類もあります。ご理解とご協力をお願いいたします。
■最後に、佐々木連合町内会環境衛生部長より、「ごみ処理施設見学会」について説明がありました。
●今年度もリサイクルプラザ宮の沢主催の見学会に参加することができるようになりました。日時は、9月28日(水)で、定員は40名です。
●あらためて皆さんにご案内しますが、9月6日(火)までに各町内会の参加者名簿を連合町内会事務局までいただくことになります。
2011-06-30 : 環境 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード