FC2ブログ

東北関東大震災に関連して罹災された方に対する市営住宅の提供について

■札幌市の市営住宅の提供については次のとおりとなっております。
●提供する市営住宅への入居が可能な方は?
 →当該震災により家屋倒壊等で住居を失った方、福島第1、第2原子力発電所事故に伴い、国の避難指示が出ている地域の方(南相馬市、田村市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、川内村、葛尾村)です。
●必要な書類は?
 →①当該震災により家屋倒壊等で住居を失った方:市町村が発行する罹災(りさい)証明書(罹災証明書がない場合は、免許証や保険証等で住所を確認)です。②福島第1、第2原子力発電所事故に伴い、避難指示が出ている方:免許証や保険証等で住所を確認いたします。
●提供する住宅の戸数及び費用は?
 →250戸(市内全域)、家賃は全額免除(光熱水費、共益費等は実費)です。
●提供はいつからですか?
 →平成23年3月17日から随時開始いたします。
●提供期間はどのくらいですか?
 →原則1年間となっております。
●申込手続きはどこへ行けばよいですか?
 →札幌市役所本庁舎7階 都市局市街地整備部住宅管理担当課(電話 011-211-2806)にお越しください。
2011-03-17 : 東北関東大震災 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード