FC2ブログ

宮の森大倉山連合町内会役員会(7月)開催

7月9日(火)18時30分から、定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。

◆ 特別会員報告
・宮の森消防出張所(石山所長)
 ①6月8日宮の森出張所前に円山少年消防クラブの子どもたちが防火防災の願いを込めて花壇づくりを行った。②消防を騙った不審電話が発生している。不審に思ったら連絡先を確認し、最寄りの消防署・出張所にお問い合わせを。③7月4日札幌競馬場で中央消防団消防総合訓練大会が行われ、宮の森分団も参加し健闘した。
・大倉山小学校(島田校長先生)
 6年生は今週木曜、金曜と修学旅行。7月25日は終業式。夏休み中も子どもへの声掛け、学校への連絡をお願いしたい。

◆ 会長報告
・報告内容の詳細については下記を参照。

◆ 会長日程
(1)7月12日(金):連町防火委員会(明和地区会館)
(2)7月29日(月):やまなみ探検会(青少年科学館、くるるの杜)
(3)8月7日(水):中央区との懇談会・懇親会(宮の森フランセス)

◆ 元年度中央区との懇談会・懇親会について
(1)日時:8月7日(水)懇談会17時から、懇親会18時40分から
(2)会場:宮の森フランセス(宮の森3‐10)
(3)参加者負担金:1人5千円。当日会場で。

◆ 各部報告
・社会福祉部:7月29日(月)やまなみ探検会(青少年科学館、くるるの杜)。多くの方の参加を。
・防災防犯部: ①7月12日(金)防火委員会開催。②8月25日(日)防災フェスティバル 防災訓練は9時から三角山小グラウンド、アトラクションは10時15分から体育館。③9月28日(土)、29日(日)避難所宿泊体験会 三角山小体育館。④9月6日(金)、14日(土)札幌市防災訓練。多くの方の参加を。
・女性部:7月22日(月)女性部研修旅行
・交通安全部:7月11日(木)10時30分から初夏の交通安全街頭啓発(宮の森交番前交差点)。多くの方の参加を。
・広報部:連町ニュース第44号、9月30日発行予定。ご協力を。
◆ 各町内会・自治会から
・明和会:6月30日(日)第59回宮の森明和会家族大運動会が無事終了。
・中央:若い世代を町内会活動に取り込むため、町内全世帯に町内会活動などを内容としたパンフレットを作製し情報発信した。このほか、ホームページやフェイスブックでの情報発信、携帯・メールでの連絡体制を構築し、輪が広がっていくことを期待している。
・上盤渓:6月29日(土)町内で獣の鳴き声あり。注意喚起のため全世帯に周知した。
・中央:4条11丁目から山の手周辺で家をのぞき込むようにゆっくりと走行する黒色の車を見た。注意していただきたい。

◆まちづくりセンターから
・7月9日(火)から19日(金)まで住民組織助成金をまちづくりセンターで交付。印鑑を持参してください。
・赤い羽根共同募金にご協力を。
・政治家による寄附禁止の周知についてご協力を。

◆事務局から
・次回役員会は、8月6日(火)18時30分から明和地区会館で開催。

(文責)まちづくりセンター 青山

◎会長報告

・令和元年度 札幌西防犯協会理事会
日時 2019年6月21日(金) 会場 西警察署三階 会議室

 令和元年度防犯功労者の9名と当地区内の北海道防犯協会連合会及び札幌方面防犯団体連合会の防犯功労者が発表されました。
 平成30年度事業報告では功労者表彰のほか、青パト隊による地域安全運動出陣式や特殊詐欺被害防止啓発活動、各支部の活動報告、三角山放送局での防犯啓発CM活動、各支部へ防犯旗の配布及び新入生に防犯グッズ「い・か・の・お・す・し」下敷きの配布など活動報告された。
 本年度の活動重点として安全で安心な住みよい地域社会実現のため「地域安全活動の推進」「青少年の非行防止と健全育成」をメインテーマに関係機関や各種団体と協力援助していくとのことであった。

・令和元年度 札幌市中央消防団消防総合訓練大会
日時 2019年7月4日(木) 会場 日本中央競馬会札幌競馬場西駐車場

 現在、中央消防団は青田団長の元に1本部13分団213名で組織されており、この13分団による警防技術訓練及び小隊訓練が開催されました。
 警防技術訓練は火災の発生を想定し、消防団が配備された小型ポンプやホースを使用した「消火訓練」と心臓と呼吸が停止した傷病者に対して応急手当てを行う「救急訓練」が実施され消火訓練では迅速かつ規律ある行動による火災現場への消火活動を重点として、また救急訓練では迅速かつ正確な心肺蘇生法とAEDによる電気ショックの実施を評価のポイントとして各分団が競い合いました。
 小隊訓練では集団行動の強化を目的として、指揮者の号令に従い行進する小隊の規律と礼節を評価のポイントとして競い合いました。
 本年度は苗穂分団が各種目最優秀となり大会は幕を閉じました。
※分団紹介文より
  宮の森分団 分団長 金井 義幸 以下18名(女性7名)
  管轄町内会 宮の森大倉山連合町内会 担当所 宮の森出張所
 宮の森大倉山地区は、明治4年に開拓農家12戸が入植したのが始まりです。
 宮の森の地名は秩父宮、高松宮両殿下がスキーを楽しまれ、「宮様スキー大会」が開催されたことからで大倉山はジャンプ台を寄進した大倉男爵の名から付いたものです。
 また、冬季オリンピックで使用された「大倉山ジャンプ競技場」や「宮の森シャンツェ」などウィンタースポーツの会場として有名です。
2019-07-11 : 連合町内会 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード