ヒグマ出没のセンサーカメラ報告

宮の森に設置したヒグマ出没センサーカメラの調査報告が届きました。9月22日(月)の時点でヒグマの姿はなく、タヌキ・キツネが写っていました。

20140925ヒグマ調査結果

参考までに、北海道環境生活部による平成26年9月22日付「平成26年秋の山の実なり調査結果」を一部掲載します。

ヒグマの秋の主要な食物(4 種)の実なり状況を調査した結果、一部の地域で1~2種類の食物が凶作となったものの、全体的には極端な凶作傾向は確認されませんでした。
そのため、この秋は、市街地や農地へのヒグマの出没が例年より極端に増えるおそれは高くないものと推測されます。
しかし、ヒグマによる人身被害はいつどこでも起こりうることから、引き続き次のことに留意が必要です。
① 人家の近くなど、これまで考えられないような場所にヒグマが出没する可能性がありますので、生ごみ等の放置など、ヒグマを誘引したり定着させたりする原因をつくらないようにしましょう。
② 農作物を狙って近づくヒグマが増える可能性がありますので、農地で作業する際は、ヒグマの痕跡(足跡やフン)がないか、十分に確認しましょう。

また、これから山菜取りやキノコ狩りなどで山の中に入る方が増えますが、くれぐれもご注意くださいね!
2014-09-25 : :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード