宮の森のおもしろ花壇

彫刻美術館(宮の森4条12丁目)の庭に現れたこの物体はなんでしょう?

2014061001.jpg

これは、なんとピラミッド型の花壇を作っているところなんです。彫刻美術館では6月7日から国際芸術祭連携事業「Our Place」展を開催しています。そこに出展している小助川裕康(こすけがわ・ひろやす)さんの「作品」の一つなんですね。宮の森小学校、三角山小学校の生徒さんたちが土をいれて、制作に参加したそうです。ここに種を植えて花が咲くと、お花のピラミッドができるということで、これからが楽しみです!
美術館にやってきた子どもたちからは、彫刻美術館の庭にある彫像たちを見て、「どうしてみんなハダカなの?」と聞かれるそうです。美術館では「彫刻家(本郷新)がハダカが一番きれいだと思ったからだよ」とお答えするとか。なんだかほのぼのしますね。

明和会館となりの消防署宮の森出張所の花壇にも注目!よく見ると「火の用心」の文字になっています。円山少年消防クラブの子どもたちが、地域の防火を願って作りました。近くをお通りの際はぜひご覧になってみてください。

2014061002.jpg
2014-06-10 : 子ども :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード