宮の森大倉山連合町内会の定例役員会(3月)が開かれました。

◆平成26年3月4日(火)午後6時30分、「宮の森明和地区会館」の2階「大倉山」において、連町の役員会が開かれました。
司会は佐々木副会長、議長は牧野副会長。
主な内容は次のとおりです。

◆1 特別会員報告
(1)宮の森交番(欠席)
(2)宮の森消防出張所(係長)
・3月はご収集車の防火強化月間です。ガスボンベなどをごみとして排出するときは、必ず中身を全て放出して空にしてください。
・火災件数については、2月17日現在、17件であり対前年8件増となっています。ストーブの火やてんぷら油に不始末によるケースが多いので、家の中の整理整頓をするだけでも火災を防ぐことができるものと思われます。
(3)大倉山小学校(中村校長先生)
・大倉山スタイルという教育活動の一つとして、本物との出会いということを掲げています。
・6年生⇒PTA会長の大和田さんに来校していただき、6年生に夢についてお話をしていただきました。夢を言葉にする、というお話が印象に残っています。
・5年生⇒日本の文化を世界に広げようというテーマの下、茶道、華道、空手、着付けについて学び、日本人としての心をしっかり育成することを目指しました。
・4年生⇒北海道大学の杉山先生を講師としてお招きし、雪の温度や重さなど雪について学習しました。
・札幌市PTA広報誌まつりにおいて、本校PTA広報紙が最優秀賞を受賞しました。

◆2 会長報告
(1)中央区ウインターフェスタin大倉山(2月9日、大倉山ジャンプ競技場)
連町女性部の5名などで熱いスープを配布しました。750杯です。来場者にスープのカップを渡すのは、佐々木副会長に一手に引き受けていただきました。
(2)札幌市行政懇談会、連町会長懇談会(2月17日、札幌パークホテル)
 市長が来年度の予算について説明。札幌市全体では1兆2,000億円の規模です。これだけの予算額であれば、すぐに除雪費をねん出できるのはないかと思います。
説明の半分は札幌市がユネスコ創造都市ネットワークに加盟したことに費やされました。メディアアート部門での登録なのだそうで、札幌市の技術が世界的なレベルであることの証なのだそうです。
札幌国際芸術祭が今年7月から9月まで開催されます。札幌芸術の森、近代美術館、円山動物園などが会場になって行われます。
(牧野副会長)除雪について、連町から市に要望することができないのでしょうか。
(吉田会長)降雪の時期から推測とすると、数か月前から提案をすることが必要であるものと思われます。
(3)荒井山段ボールソリ大会(2月23日、荒井山緑地)
 13組が出場しました。それぞれ工夫されたソリでなかかなか面白いものでした。来年はきっともっと多くの参加者があることでしょう。これからの発展が楽しみです。
(4)中央区福まちCブロック会議(2月28日、中央区民センター)
 Cブロックには、六つの地区社協があります。当地区の活動については、高齢者の見守り活動、子育て支援講座などを活発に行っていることを報告しました。
 補助金について、当地区は区内で最も多くの金額をいただいています。事業を行わない場合は、補助金を返還しなくてはなりません。
(5)中央区まちづくり会議(3月3日、プリンスホテル)、連町連絡協議会(3月3日、プリンスホテル)
・テーマについて⇒この4年間、防災をテーマとしましたが、来年度から「市電によるまちの活性化」もテーマとして加えます。
・二つの部会⇒防災部会、市電部会を設けるので、各連町は少なくとも一つの部会には所属しなくてはなりません。
・防災のテーマに関して、避難場所ごとに「避難場所運営マニュアル」を作成します。区内では、当地区の宮の森小学校でのマニュアル作成に向けた会議をモデルとし、順次各地区に広げていきます。
・今年の中央区の防災訓練は、9月2日(火)に円山小学校で行います。

◆3 会長日程
(1)3月5(水)午後3時 中央区子どもを見守るネットワーク会議(プリンスホテル)
(2)3月11日(火)午後5時 宮の森小学校避難場所運営マニュアル作り(宮の森小)
(3)3月14日(金)午前9時30分 宮の森中学校卒業式
(4)3月14日(金)午後6時30分 三角山小学校関係者評価委員会
(5)3月20日(木)午前9時30分 三角山小学校卒業式

◆4 各部報告
(1)総務部(渡辺事務長)
・平成26年度定例役員会日程
(2)文化体育部(阿妻部長)
・なし。
(3)社会福祉部(渡辺事務長)
・なし。
(4)防犯防火部(渡辺事務長、角谷副部長)
・平成26年度防災フェスティバルは8月24日(日)に荒井山緑地と大倉山小で実施。
・第4回中央区まちづくり会議について
来年度から防災と市電の二つのテーマとし、それぞれ部会を設置します。総会は年2回の開催を予定。当連町としては、少なくとも一つの部会に所属しなくてはなりません。
中央区の防災訓練は、土砂災害が発生する危険のある地域であることや高齢化が進んでいる地域であることを踏まえ、参加人数の増加を目指します。
個別避難場所運営マニュアル作りについては、当地区における宮の森小学校での取組が行われることが取り上げられました。マニュアルを一度作成したらそれきりではなく、内容の更新を図っていくことが必要であるものと思われます。
(5)環境衛生部(佐々木副会長)
・中央区クリーンさっぽろ衛生推進協議会役員会が3月13日(木)に開催されます。
(6)女性部
・2月9日のウインタースポーツフェスタin大倉山において、女性部を中心として、お昼の時間帯に、温かいスープの配布を行いました。
(7)健康づくり部
・2月21日(金)、ゴルポッカ体験会&大会を行いました。朝は雪が降っていましたが、大会を始めるときは青空が広がりました。9時45分に宮の森明和地区会館に集合し、その後補助グラウンドに移動して行いました。最初の30分間は体験会を行い、その後大会を行いました。北翔大学からの応援も得ました。大会が終わった後は、会館に戻り、表彰式と交流会を実施。和気あいあいとした楽しい行事になりました。
(8)交通安全部(高橋部長)
・2月19日(水)、連町交通安全部会を開催しました。今年度の街頭啓発に関する報告を行い、来年度の事業計画について検討しました。
4月7日(月)午前9時45分、小学校入学式(宮の森、大倉山、三角山)
12時 盤渓小学校入学式
新入学児交通安全特別街頭啓発を各小学校で行うので、担当の役員の方はそれぞれの学校に遅れないようにご参加をお願いします。
(9)広報部(渡辺事務長)
・「連町ニュース第33号」は3月31日発行予定です。

◆5 各町内会・自治会から
(1)宮の森中央町内会
・3月2日、町内の除雪を行いました。
(2)宮の森明和会
・3月3日、ひなまつり会を行いました。38人が参加。ひとり暮らしの高齢者にお声掛けをして参加していただきました。その他にも老人クラブ、グループホームからのご参加も。歌、踊り、クラリネットの演奏あり、抹茶をたてていただきました。
(3)荒井山町内会
・4月27日に総会を予定。
(4)円山西町町内会
・2月2日、例年どおり、動物園で氷のすべり台を作成。
・2月8日、ペットボトルのキャンドルを動物園と円山西町児童会館の周辺で設置。子どもも大人も体験しました。「こんなに簡単にできるんだ」と感想を述べていました。
・2月26日、大倉山小の評価委員会、宮の森中の評価委員会に参加しました。

◆6 まちづくりセンターから
・3月11日、宮の森小学校において「個別避難場所運営マニュアル作り」のための会議を行います。中央区内で最初の試みであり、宮の森小での取組がモデルになって、中央区内の他の地区に広げていきます。関係する町内会の役員のお手元に当日使う資料をお配りしました。ざっと目を通していただき、当日の会議に臨んでいただきますようお願い申し上げます。また、当日はこの資料をご持参ください。

◆7 事務局から
(1)平成26年度道町連共済加入のご案内をいたします。
(2)平成25年度住民組織助成金収支決算書を5月13日(火)までにご提出ください。
(3)役員改選がありましたら、事務局までお知らせください。
(4)さわやか収集について、先々月も情報提供をいたしましたが、お手元の資料により再度お知らせします。
(5)新入学児街頭啓発について、役員の方々のご参加をお願い申し上げます。

◆8 その他
・(牧野副会長)新聞に掲載されていましたが、犬の糞の後始末を呼び掛ける看板について、動物管理センターに電話をして取り寄せました。

◆4月の役員会は、4月8日(火)午後6時30分から開催しますので、ご参加ください。
2014-03-05 : 連合町内会 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード