宮の森小学校で「学校関係者評価委員会」が開かれました。

◆平成26年3月4日(金)午前10時、宮の森小学校において「学校関係者評価委員会」が開かれました。
この委員会は、学校を地域に信頼される開かれた学校をつくることを目的として、置かれているものです。
地域の町内会長や歴代のPTA会長などの学校評議員、PTAの役員から構成され、学校運営に関し、教職員による自己評価を基に、運営の改善に向けた取組が適切かどうかを検証や助言を行います。
主な内容は次のとおりです。

◆最初に、山谷校長先生からご挨拶があり、「日頃から学校の運営にご協力をいただき、感謝申し上げます」と謝意が述べられました。
更に、今年は、姉妹校である米国オレゴン州ポートランド市のリッチモンド小学校から児童と保護者が宮の森小を訪問する予定であることに触れ、一行はホームステイを希望しており、宮の森小学校の児童保護者による受入先も既に決まっているとのことです。

◆平成25年度の振り返り
(1)担当の山崎先生から、平成25年度の教育活動の報告がなされました。
 ・児童の学力を高める取組を進めています。算数については、習熟度別の学習としています。
 ・子どもたちの体力をつけるため、夏の間縄跳びを行っています。
 ・五心(①素直な心、②感謝の心、③反省の心、④貢献の心、⑤伝える心)を大切にする教育をしています。
 ・なかよしタイムでは、人間関係を構築する力を育むため、異学年交流を行っています。
 ・来年度の重点は、感受性を磨く教育、いじめを許さない指導、宮の森小学校の風土を築くことなどです。
 ・今年は、
(2)今年度の学校運営を踏まえた改善点が説明されました。

◆続いて、委員の間で意見交流が行われました。
 宮の森まちセンの吉田所長は、「宮の森小学校の児童は、交通安全の街頭啓発、公園での清掃活動など、地域の行事にも積極的に関わっています。
 地域の方々からも高く評価されています。私からも感謝申し上げます」と述べました。
 意見交流の後、運営の改善に向けた取組が適切かどうかを各委員が検証し、評価しました。
 
◆各委員が評価を終えたところで、本日の委員会が終了しました。
2014-03-05 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード