自衛隊協力会の3分会「合同新年交礼会」が行われました。

sdf2
◆平成26年1月24日(金)午後6時、自衛隊協力会3分会の「合同新年交礼会」が、「円山会館」の2階「すぎ」において行われました。
この会は、円山、南円山、宮の森大倉山これら三つの自衛隊協力会の分会が合同で、会員の親睦を深めるために、毎年開いているものです。
同日の会には、会員など約50名が参加し、新年のあいさつを交わしていました。
宮の森大倉山地区からは、9人が参加しています。

◆円山分会の曾我部さんの司会により、開会を宣言。
続いて、全員で起立して国歌「君が代」を斉唱しました。
次に、各分会長からそれぞれご挨拶がありました。
 円山分会の三上会長からは「新年明けましておめでとうございます。今年秋の研修旅行では、道南に足を伸ばす予定です。皆様のご参加をお待ちしています」と述べました。
 南円山分会の中村会長は「新年のお慶びを申し上げます。自衛隊員のご活躍と協力会のますますのご発展をお祈り申し上げます」とご挨拶。
 宮の森大倉山分会の高橋会長も挨拶に立ち、「明けましておめでとうございます。自衛隊の方々には様々な任務についていらっしゃいます。これからもご活躍をお願い申し上げます」と述べました。

◆各分会長のご挨拶の後、来賓の紹介とご挨拶がありました。
 来賓挨拶の中で、自衛隊の瀧田中隊長は、「皆様方のご支援に感謝申し上げます。国際情勢には厳しいものがありますが、引き続き任務をしっかり遂行します。皆様のご支援を今年もよろしくお願い申し上げます」と述べています。

sdf1
 続いて、宮の森大倉山連合町内会の吉田会長がご挨拶に立ち、「自衛隊の存在を最も身近に感じるのは、やはり災害救助です。自然災害が多発する中で、災害への対応についてお願いします」と述べました。

◆来賓のご挨拶の後、宮の森まちづくりセンターの吉田所長が檀上に立ちました。吉田所長は、乾杯の発声に当たり、「謹んで新年のお慶びを申し上げます。自衛隊の方々には、各方面でご活躍いただいています。札幌市の防災訓練や雪まつり開催に向けた雪像の作成といった真摯な取組に感謝を申し上げます。来月開催されるロシア・ソチでの五輪に出場される自衛隊員の方々のご活躍、アフリカの地でPKOに従事されている方々の安全をお祈りします」と挨拶し、「皆様のご健勝とご多幸を祈念して乾杯」と発声して、歓談が始まりました。

◆会場内のあちこちで、参加者の間で新年の挨拶が交わされ、話が弾んでいる様子が見られました。

◆宴もたけなわとなった頃、南円山まちづくりセンターの池田所長が檀上に登場。
 1年の無事と健康を祈る乾杯の挨拶をし、8時にお開きになりました。
2014-01-27 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード