「すこやか・げんき倶楽部」が行われました。

genki2
◆平成26年1月22日(水)午前10時、「宮の森明和地区会館」2階「大倉山」において、「すこやか・げんき倶楽部」が行われました。
 この倶楽部は、介護予防センター宮の森が、主に65歳以上の方々を対象として、外出促進や介護の予防を目的として、地区内の会館において毎月1回行っています。
 この日は、およそ20人が参加。新年最初の倶楽部とあって、盛りだくさんのプログラムを皆で楽しみました。

genki3
◆まず、全員で双六を楽しみました。
 二つのグループに分かれて、大きなサイコロを振ります。出た目の数だけ駒を進めます。
 止まった所によっては、「お孫さんからお年玉3万円をもらう」という指示で、「すこやか銀行」から模擬のお金をもらったり、逆に「病気で入院し、治療費を5万円払う」などお金を支払わなくてはならないことになったりして、皆で楽しみました。
 続いて、東西で人気を二分する有名な「ご当地キャラ」も現れ、会場の雰囲気がますますにぎやかになりました。

genki4
初お目見えだなっしー。

genki5
ぼくもいるもん。

genki7

genki1
◆次は、乗馬による借り物競走です。
 これもグループ対抗です。
 今年の干支にちなみ、介護予防センターの職員によるお手製の「馬」にまたがって走り、コースの先に置いてあるカードをめくって借り物をし、スタートに戻る競技です。
 参加者は馬に乗ってさっそうと走り、カードをめくって「ボールペン」「メガネの人」「正月太りをした人」などと書かれているのを見て、物を借りたり、グループの人と一緒に走ったりして、楽しんでいました。

genki8
◆次に、介護予防センターの奥寺さんから「福袋」がプレゼントされました。
 中には、この厳しい冬を乗り切るための素敵な品物が入っていて、皆さんで大切に分けました。

◆最後に、節分が近いことから、介護予防センターの奥寺さんが鬼に扮して登場。
 参加者は、配られた落花生を鬼にぶつけて、無病息災を祈りました。
genki6

◆盛りだくさんの倶楽部も12時に終了。
 参加した方々は、皆さん笑顔で会場をあとにしました。

◆「すこやか・げんき倶楽部」では、新規に参加される方をお待ちしています。
 2月の予定
・2月14日(金)午前10時~12時「宮の森会館」バレンタインデー特別企画(参加費100円)
・2月19日(水)午前10時~12時「円山西町会館」調理と試食(参加費100円)
・2月26日(水)午前10時~12時「宮の森明和地区会館」ステンシルでひな祭りカード(参加費100円)
 どうぞお気軽にご参加ください。
2014-01-23 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード