宮の森中央町内会「新春のつどい」が行われました。

chuo8
◆平成26年1月18日(日)正午、「宮の森会館」2階「ホール」において、宮の森中央町内会「新春のつどい」が行われました。
このつどいには、町内会の方々など60人が出席。
皆さんで新年の挨拶を交わして、楽しいひと時を過ごしました。

chuo2
◆つどいは、小賀副会長の司会により進行。
最初に松田健一郎会長が挨拶し「新年明けましておめでとうございます。昨年の総会で会長に就任しました。今年も様々な企画を実行に移し、町内会会員間の交流を深めていきたいと思います。今日は短い時間ではありますが、楽しんでいただきますようお願い申し上げます」

chuo3
◆次は、来賓の挨拶です。
 宮の森大倉山連合町内会の吉田重弘会長が挨拶に立ち、「明けましておめでとうございます。
宮の森中央町内会の方々には、連合町内会の運営に関しても、ご協力をいただき、ありがとうございます。
昨年は、副会長の堀川京子さんが、札幌市自治振興功労者として表彰されました。
この賞は、まちづくり活動に携わる町内会の方々に贈られる賞の中でも、最高のものです。
50年間にわたり町内会の役員を務めなければ、受賞できないものであり、普通に役員をして生きていれば110歳にならなければ受賞することができないほどの、あだやおろそかに受けられない賞です。
 宮の森中央町内会では、松田会長の下、高齢者の見守り活動への取組を新たに始められたとお聞きしました。
我が宮の森明和会でも、見守り活動を進めており、厳しいことですが、現実においては孤独死の問題に直面しております。今後着実に取組を進めていただきますようお願いします。本年の皆様方のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と
述べました。
 次に、宮の森まちづくりセンターの吉田有志所長も挨拶し、「新年明けましておめでとうございます。
宮の森中央町内会は連合町内会の中で、町内会の加入世帯数が最多の町内会です。
地域住民の交流を深めるため、夏、冬それぞれの行事を実施してこられました。
また、連合町内会においても、防災活動、交通安全などの分野で、中心的な役割を担っています。
このような熱心な活動に感謝し、敬意を表します。
昨年は、府録弘幸前会長が市長から感謝状が贈呈され、堀川京子副会長が自治振興功労者表彰を受賞されました。
お2人のこれまでのご功績に深く感謝申し上げます。
また、昨年は新たに松田健一郎さんが会長に就任され、高齢者の見守り活動など新たな課題の解決に取り組んでいらっしゃいます。
これからのご活躍に大きな期待を寄せているところです。
 中央区では、区政運営方針を策定し、市民自治推進を一つの方針に掲げております。
これを実現するためには、皆様のご尽力が欠かせません。今年も皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます」
と述べました。

chuo4

chuo5
◆続いて、本間英雄副会長のご発声により皆で乾杯した後、宴が始まりました。
しばしの歓談の後、余興の時間になりました。
最初は、本間圭子社中による三絃と琴の演奏です。
1曲目は三絃1竿、琴2面による演奏、2曲目は三絃3竿による演奏です。
会場は、初春にふさわしくおめでたい雰囲気に包まれました。

chuo1
◆次は、伊藤京子さんによる日本舞踊の披露です。
美しい所作により、みやびな雰囲気が醸し出されました。

chuo7
◆続いては、宝玉斎こん太さんによる和芸のお時間です。
三味線・傘回し・紙切り・こま回し・二人羽織・かっぽれを披露。
会場いっぱいが笑いに包まれました。
特に傘回しはいつもより多く回しているとのことで、盛んな拍手をあびていました。

chuo6

chuo12
◆次は、カラオケの時間です。
最初に吉田所長がオンステージ。
これに続き、町内会の方々がお得意の歌を歌って、自慢ののどを披露してくれました。
また、介護予防センター宮の森の奥寺センター長が登場。
奥寺さんの指導の下、新年会にふさわしく、「一月一日」を、歌詞の中で「た」行の音が出てきたところで、手を叩きながら、会場全員で歌いました。

chuo9
◆続いては、ビンゴゲームの時間です。
堀川京子さんの説明によりますと、「景品は、東日本大震災により被災した大船渡市と陸前高田市の方々の手芸品です。
自治振興功労者表彰のお祝いの会において、連町から頂いたお祝いを元手に、本日のために購入しました。
作った方々の思いが込められた品々です。きっとお気にめすと思いますよ」。
chuo10
会場のあちこちからビンゴという声が上がり、会場の前に出て景品を受け取っていました。
景品として帽子が当たった方の中には、うれしさのあまり早速かぶっている方の姿も見受けられました。

chuo11
◆会場では、楽しく談笑する姿があちこちで見受けられました。
午後3時30分頃、宴もたけなわとなったところで、堀川京子副会長が挨拶し、お開きを宣言。
楽しい時間はあっという間に過ぎるものです。
おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。
宮の森中央町内会の皆様方のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
2014-01-20 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード