宮の森明和会「おたのしみクリスマス会」が開かれました。

Christmas4
◆平成25年12月16日月曜日午前10時、「宮の森明和地区会館」の2階「大倉山」において、宮の森明和会「おたのしみクリスマス会」が開かれました。
この会には、町内会である宮の森明和会の方々、老人クラブ「宮の森明友会」、「介護予防センター宮の森」の奥寺センター長、宮の森まちづくりセンター吉田所長、合わせて約40名が出席。
歌、踊り、演奏といった充実したプログラムを皆で楽しみました。

Christmas2
◆開会に当たり、吉田会長が「足もとの悪い中、たくさんの方々にお集まりいただき、ありがとうございます。今日はみんなで楽しいひと時を過ごしましょう」と挨拶しました。
 介護予防センターの奥寺さんは、かぜの予防について触れ、「十分な睡眠と栄養摂取が必要です。手洗いも温水できちんと行いましょう」と呼び掛けました。

Christmas3
◆最初のプログラムは、老人クラブ「宮の森明友会」の方々による歌です。
女性の年齢を申し上げるのはためらわれますが、平均年齢90歳になるユニットなのだそうです。
唱歌、歌謡曲、民謡を元気に歌っていただきました。

Christmas7
◆続いては、長岡さんの民謡です。
 張りのある大きな声で、節回しよく「津軽ヨサレ節」歌っていただきました。

Christumas5

Christmas1
◆次は、明友会の方々による踊りです。
「武田節」は昭和53年に振り付けができた踊りなのだそうです。
「品川音頭」は東京品川区の区民公募によりできた曲とのこと。
出席者も飛び入りし、軽快な踊りの輪に加わりました。

Christmas8

Christmas9
◆次は、ハンドベルの演奏です。
 介護予防センター宮の森の3人がクリスマスにちなんだ衣装を着て登場。
「きよしこの夜」を初めに単音で、次に和音で演奏してくれました。
なかなか息の合った演奏を聞かせてくれました。
この日のために練習を積み重ねてきたことでしょう。

Christmas10
◆引き続いて、阿部さんによるクラリネットの演奏です。
「きよしこの夜」を演奏した後、懐かしい歌謡曲を数曲演奏しました。
演奏しているうちに、阿部さんもだんだんとのってきて、調子がますます良くなってきました。

Christmas6
◆最後は、フォークダンス「マイムマイム」です。
フォークダンスを踊るのは初めての試みです。
皆で手をつないで輪になり、リズムにのって、踊りました。

◆歌と踊り、演奏を楽しんだ後は、お弁当の時間です。
たくさんの方々が集った、楽しい「クリスマス会」になりました。
2013-12-17 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード