「ウインター スポーツ フェスタ in 大倉山」実行委員会の第1回会議が開かれました。

festa
◆平成25年12月5日(木)午後6時30分、中央保健センターにおいて、「ウインター スポーツ フェスタ in 大倉山」実行委員会の第1回会議が開催されました。
 このフェスタは、平成26年2月9日(日)に、中央区の地域資源である大倉山を冬の遊び場として活用し、地域・世代間の交流を深め、区民の地域参加を促進し、健康増進を図り、区民がウインタースポーツへの関心を高めることを目的として、大倉山ジャンプ競技場で行われます。
 従前は札幌振興公社と実行委員会が2日間にわたり別々の日に各自主催していましたが、今年度は両者が協力して、1日だけ開催することにしました。
 実行委員会は、中央区役所、株式会社札幌振興公社、中央区スポーツ推進委員会、宮の森大倉山連合町内会、宮の森大倉山地区青少年育成委員会、さっぽろ健康スポーツ財団、豊平川イカダ下りを愛する会、北翔大学で構成されています。

◆議題の主なものは次のとおりです。
① 実行委員会の規約制定

② 役員の選出
  委 員 長……川原眞人 札幌市中央区役所市民部長
  副委員長……柴田和永 札幌振興公社事業部長、桐生明 中央区スポーツ推進委員会会長
  監査委員……渡辺邦彦 宮の森大倉山地区青少年育成委員会会長

③ 事業概要
2月9日(日)午前9時30分から午後3時まで
・チューブ滑り
・ジャンプ台ツアー
・バックヤードツアーとナショナル・トレーニング・センターの栄養相談
・宝さがし
・雪あそびコーナー
・温かいスープ無料配布(宮の森大倉山連町と宮の森大倉山地区青少年連合会が担当)
・ウインタースポーツ体験コーナー(ゴルポッカ、スノーシュー)
・そり遊びコーナー(そり、幼児チューブすべり、竹スキー等)
・映像車による放映(NHKのご協力をいただき、ソチ五輪の様子等を放映)
・リフト・ミュージアムの無料利用券配布
・国連難民キャンペーンのブース

④ 予算
 市の補助金、札幌振興公社の負担金等を財源とする。

⑤ 今後のスケジュールについて
 広報さっぽろ、ポスターの掲示(地下鉄駅構内など)、チラシの配布(区内小学校、新聞への折込など)などで広報を行う。
 ポスターとチラシのデザインは、北海道造形デザイン専門学校の生徒によるもの。

⑥ 連絡事項
・地下鉄円山公園駅から大倉山ジャンプ競技場までを往来する「シャトルバス」の運行を予定。

◆次回の会議
 平成26年1月17日(金)午後6時30分、中央保健センター
2013-12-06 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード