第2回「健康づくりウオーキング」が行われました。

nordic10

nordic9


◆平成25年10月25日(金)、宮の森大倉山連合町内会の主催により、第2回「健康づくりウオーキング」が、南区の藤野野外スポーツ交流施設で行われました。
このウオーキングは、健康増進、介護予防、地域の交流促進を目的として、毎年実施しています。
この日は、あいにく雨に見舞われましたが、地域の方々37名が参加し、ノルディックウォーキングを楽しみました。

◆午前9時15分、参加者は「宮の森明和地区会館」に集合。
それぞれ受付を済ませた後、町内会ごとにバス2台に分乗して会館を出発しました。
車中では、連合町内会の須藤健康づくり部長が挨拶。続いて、まちづくりセンターの吉田所長が、スケジュールを説明しました。
バスは順調に進み、10時頃、会場に到着。

nordic2

◆会場に到着した後、下車し、事務所が入っている施設であるハウスに移動。
この日は、主としてハウスの中で、ノルディックウォーキングの講習会を開講。
参加者は、貸出カウンターで、身長に合わせたポールを一人ずつ受け取りました。
ポールを受け取った後は、インストラクターの指導により、準備体操を実施。
準備体操で体を十分ほぐした後は、インストラクターから、ノルディックウォーキングの方法について、指導を受けました。

nordic4

nordic3

nordic5

nordic1


◆インストラクターは、「ノルディックウオーキングは、ポールを使用して歩くスポーツです。ポールを使うことで、普通のウオーキングに比べて腕、胸、肩などの運動も加わり、運動効果が高まって、脂肪を燃やす効果があります」と説明しています。
講習の内容は、基礎的な技術を身に付けさせるものでした。
①ポールの違い(国際型と日本型)、
②ポールの握り方、
③平地を歩く際にポールを突く位置、
④歩幅の取り方、
⑤ウオーキングの姿勢(背筋を伸ばして真っすぐ遠くを見るようにする)、
⑥坂道や階段を上り下りする際のポールの突き方、
これらについて、時間をかけてじっくり指導してもらいました。
ハウスの中をウオーキングして調子をつかんだ後は、いよいよ屋外へ出てウオーキングに挑戦です。
小雨が降る中、山々の紅葉を見ながら、インストラクターの後をついてウォーキングを楽しみました。
11時30分頃、講習会が終了。
ウォーキングをすることで、すがすがしい気分になりました。

nordic6

◆講習会の後は、いよいよお待ちかねの昼食「焼き肉」です。
ハウスから、昼食会場の倉庫まで、ポールはないものの、ノルディックウォーキングのスタイルで移動。
参加者は、町内会ごとに4テーブルに分かれて座り、炭火を使った本格的な焼き肉を堪能しながら、親睦を深めていました。参加者は「基礎的な技術をじっくり教えてくれたのはよかった」
「あいにくの雨でしたが、運動不足を少し解消することができたと思います」と話していました。

◆参加者一行は、昼食で交流を深めた後、午後1時にバスに乗り、宮の森を目指しました。
2時頃、全員無事にけがもなく、宮の森明和地区会館に到着して解散。
楽しく有意義なウォーキングの1日となりました。
2013-10-28 : 健康 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード