連町定例役員会(10月)が開かれました。

◆平成25年10月8日(火)午後6時30分、「宮の森明和地区会館」2階の「大倉山」において、宮の森大倉山連合町内会の定例役員会が開かれました。
司会は佐々木副会長、議長は松田副会長。
主な内容は、次のとおりです。

◆1 特別会員報告
(1)宮の森交番 
欠席。
(2)中央消防署宮の森出張所(田中係長)
・先日、屋根からのも水漏れの通報を受けて出動。無落雪屋根の排水溝に、落葉がたまっていたことによるものであることが確認されました。皆様のお家でもお気を付けください。
・秋の火災予防運動が始まっています。札幌市の火災ついて原因別に分析すると、件数が多い順に、①放火、②ガスコンロ、③たばこ、④ストーブとなっています。火の不始末に注意し、火災を予防してください。
(3)宮の森小学校(山谷校長先生)
・教員を対象として、アレルギーショックに関する講習会を行いました。
・9月21日に宮の森音楽祭が行われました。地域の方々のご協力に感謝申し上げます。
・公園クリーンパトロールを、5月から10月まで、地域の方々のご協力を得て実施してきました。10月が今年度の最終回です。
・9月13日、お迎え下校訓練を行いました。今回が3回目です。お迎えの手順について、保護者との間で定めています。
・今年度の後期が、10月から始まっています。
・11月17日に学習発表会を行います。

◆2 会長報告
(1)「避難所宿泊体験会」(9月7日と8日、三角山小学校体育館)
・救急救命訓練を中央消防署の宮の森出張所のご協力を得て実施。3人一組でグループになり、救命処置の訓練を行いました。災害図上訓練では、時間の経過とともに取る対応策、地図を見ながらの避難経路の確認などを行いました。また、みんなの森の方々によるアトラクションも行われました。その後、体育館に宿泊し、2日目は午前8時に解散しました。
(2)福まち発地域福祉市民活動フォーラム(9月19日 かでる2・7)
・フォーラムは、本人らしい生活を地域で送ることをテーマとして行われました。内容は、孤立死をさせないように、地域では意図的なおせっかいが必要。気軽にSOSを出せるようにすることが必要、といったものでした。
(3)宮の森音楽祭(9月21日 宮の森小体育館)
・宮の森小学校スクールバンドが登場。5曲演奏し、アンコールにも答えました。アンコール曲の演奏は軽快で最もできが良かったと思います。
・コトベによる絵本の朗読と、ピアノ・鳴物の演奏の組み合わせは、大変面白いものでした。
(4)河川の整備について
今年4月、降雨と雪解け水により、当地区を流れる河川(大倉川、琴似2号川、円山川)から水があふれ出て、家屋や道路に流れ込む被害がありました。その後の整備について、まちセンの吉田所長を通じて、本庁と中央土木センターに照会したところ、昨日、担当の職員が来て説明をしてくれました。各河川とも、水があふれた原因となった落ち葉や枯れ枝については、既に取り除かれており、円滑な流れが確保されているそうです。そして、パトロールも強化するそうです。中でも大倉川については、落ち葉などが入り込まないように、河川にかぶせる鉄製の網の形状を変えるなどの整備が既に4月になされています。いずれの河川についても、去る4月のような被害は起きないとの説明を受けました。

◆3 会長日程
(1)10月12日(土)、13日(日) やまなみ押し花作品展
(2)10月18日(金)19日(土)中央区連町協宿泊研修会
(3)10月22日(火)午前10時 宮の森中学校区健全育成推進会講演会(三角山小)
(4)10月28日(月)午前10時 やまなみ「子育て支援講座」
(5)10月29日(火)午後1時30分 やまなみ「健康づくりセミナー」

◆4 議題
(1)平成25年度連町中間決算について(戸田会計長)
・予算は例年どおり順調に執行されています。
・節約すべきは節約し、重点を置くべきは置いて、めりはりのある予算執行をしたい思います。

◆5 各部報告
(1)総務部
なし。

(2)文化体育部(渡辺事務長)
・10月6日(日)、青少年育成委員会の主催により、「ぶどう狩り(余市町)」、「小樽自然の村」への訪問を行いました。参加者74名。

(3)社会福祉部(中山副部長)
①押し花作品展(10月12日と13日)、②子育て支援講座(10月28日)、③健康づくりセミナーの開催(1回目は10月29日)、④「やまなみ便り」第13号発行。

(4)防犯防火部(まちセン吉田所長)
避難所宿泊体験会が9月7日と8日に、三角山小学校で行われました。参加者は78人であり、宿泊者は23人でした。救命処置の訓練、災害図上訓練、女性部による給食訓練を行いました。今回の経験を、各単町内会でいかしてください。
(5)環境衛生部
なし。

(6)女性部(東部長)
①赤い羽根募金運動については、円山動物園の前で行いましたが、結果は厳しいものでした。
②中央区みんなの講演会が10月22日午後12時30分、教育文化会館小ホールで行われます。最初に講演会を聞いた後、ステージ発表があります。ステージ発表について、当部からは、琴の演奏がございます。

(7)健康づくり部(須藤部長)
・10月25日(金)、ノルディック・ウォーキング会を行います。会場は藤野野外スポーツ施設です。チラシの回覧をしておりますので、是非お申込みをお願いします。

(8)交通安全部(高橋部長)
・秋の交通安全該当啓発は、9月24日(火)大倉山小セイコーマート前の交差点で行いました。146人が参加。この参加者数は従前になかったものです。
・交通安全母の会の研修会が先日行われ、二十四軒の地下鉄車両基地を訪問しました。

(9)広報部
・「連町ニュース第32号」は、9月30日に発行しました。既に回覧しておりますが、是非ご覧になってください。原稿をお寄せいただいた方々に感謝を申し上げます。

◆6 各町内会・自治会から
(1)宮の森東三町内会(森会長)
①9月24日、見守り活動の委員会を開催し、見守りの必要がある方を確認しています。
(2)宮の森北二町内会(東部長)
①9月15日と16日、敬老のお祝い品を持って、高齢者のお宅を訪問して安否確認を兼ねて見守り活動を行いました。高齢者を見守る方々も、それぞれ見つかっています。この訪問を、見守り活動の第一歩としました。
(3)宮の森中央町内会(松田会長)
①警察署の会議に出席しました。過去10年間で、北海道の刑法犯の件数は大幅に減少しています。しかし、子どもと女性を対象にした刑法犯は増加しています。スマホを介した犯罪、振り込め詐欺、金融商品の悪徳商法も横行しているので、十分注意しましょう。
(4)宮の森明和会(須藤部長)
①9月20日、研修旅行を実施。夕張を訪問。
②9月30日、輪投げ大会を行いました。老人クラブである「宮の森明友会」の方々にもご参加いただきました。
(5)荒井山町内会(戎会長)
①9月29日、荒井山緑地でジンギスカン大会を行いました。
①10月5日、聖心女子学院の開校50周年記念式に出席しました。
②10月14日、グラウンドゴルフ大会を行います。
(6)宮の森こぶし自治会(名取会長代行)
①9月8日、土砂災害についての勉強会を行いました。前日に行われた「避難所宿泊体験会」の災害図上訓練で作成した地図を、勉強会に持参し、これが良い材料になって役に立ちました。
(7)円山西町町内会(牧野会長)
①9月5日、当町内会が作っている枡花壇について、優良製作者として札幌市から表彰されました。
②9月17日、「札幌市まちづくり活動マニュアル」の改定の会議に出席しました。大学生も会議に参加して意見を交換し、有意義な会議になりました。
③10月26日、防災訓練を真如苑の駐車場で行います。中央消防署宮の森出張所のご協力により、はしご車の出動を予定しているほか、西警察署のご協力を得てシートベルトの効果を試す機器の展示も行います。

◆7 まちづくりセンターから
(1)北海道庁による「自主防災組織」に関するアンケート調査
後日、北海道庁からアンケート用紙が届きます。ご協力をお願い申し上げます。
(2)こばやし峠のトンネル名称と橋の名称について
盤渓北ノ沢トンネル、上盤渓橋、北ノ沢二股橋に決まりました。ご協力ありがとうございました。
(3)空き家に関するアンケート
本市において、先般、アンケート調査を行ったところ、各町内会の会長にご協力をいただきました。お礼状とアンケート結果の概要をお手元にお配りしましたので、ご覧になってください。
(4)共同募金の日赤の社費について
それぞれ12月中に納入をお願い申し上げます。
(5)ノルディックウォーキング会について
少なくとも40人の参加をお願いしたいので、お声掛けを願います。

◆8 事務局から
「応急・救命手当ハンドブック」(1部50円)をあっせんしますので、必要な町内会等は購入部数を事務局にお申し込みください。

◆11月の定例役員会は、11月5日(火)午後6時30分から開催します。

2013-10-09 : 連合町内会 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード