「足・腰・肩のケア」~第3回「福祉・健康づくり教室」が開かれました。

ie2

◆平成25年8月29日(木)午後1時30分、「宮の森明和地区会館」の2階「大倉山」において、宮の森大倉山連合町内会の主催による平成25年度第3回「福祉・健康づくり教室」が開かれました。
今回の教室は、「足・腰・肩のケア」をテーマとして開講。
教室には35名の方々が出席しました。
教室の主な内容は次のとおりです。

ie1

ie3

◆「家でのセルフケアについて」
(講師 中央区役所 染谷保健師)
・片足立ちができるかどうか、足首を滑らかに回せるかどうか、足指でグーとパーができるかどうかで、転倒リスクの有無が分かります。
・頭は体重のおよそ10%の重さがあります。首と肩の凝りは、少しでも動かすことによって緩和されます。
・自然に立っている状態で、腰椎には体重の1~1.2倍の負荷がかかっています。物を持ち上げるときは、腰をのばさず、しゃがんで腰を下ろしてからにしましょう。

undefined

undefined

◆「足・腰・肩のストレッチ体操」
(講師 介護予防センター宮の森 奥寺様)
奥寺さんが講師になり、教室の前に出て体操を実際に指導。
出席者は、腹式呼吸をしながら、肩を上げて落とすことを繰り返す体操、背中や肩の筋肉をほぐす体操などを行って、体をほぐしました。

health3

health4

◆「介護予防の取組・事業案内について」
(講師 第2地域包括支援センター 仲山様、大井保健師)
・センターは、区役所や福祉施設などと協力しながら、地域に住んでいる高齢者の健康、生活、財産、権利などを守るために置かれています。
・高齢者の生活機能が低下した場合、ご相談に応じますので、ご利用ください。
・介護予防教室として、筋トレコース、栄養改善教室、口腔教室を行っているので、是非ご参加ください。教材費が必要な場合があります。

health5

health6

◆健康講話「ふしぶしの健康に役立つ『かんてん』について」
(講師 伊那食品工業株式会社(かんてんぱぱ) 札幌営業所 畑中様)
・かんてんは、食物繊維を豊富に含んだ食べ物です。便通をよくする効果があります。
・アガロオリゴ糖はかんてんに由来する成分です。この糖は軟骨の破壊を抑制し、ひざ関節痛を改善する効果があります。
(伊那食品工業株式会社からは、かんてんぱぱの製品を出席者にご提供いただきました。感謝申し上げます。)

◆教室の出席者は、「肩や腰にも結構な負担がかかっていることがよく分かりました」
「体操をしてスッキリしました。家でも毎日試してみます」
と話していました。
平成25年度の「福祉・健康づくり教室」は、今回で終わりです。
季節は秋に向かっています。
ご健康に留意してお過ごしください。
2013-08-30 : 健康 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード