子どもと所長が「クリーン大作戦」を展開!

kodomo2

◆平成25年7月26日(金)午前10時、宮の森明和地区会館の近くに住む小学2年生の男児1名と宮の森まちづくりセンターの吉田所長が、北1条宮の沢通りの歩道でごみ拾いを行いました。
今回のごみ拾いは、この児童の提案により実施したものです。
名付けて「クリーン大作戦」です。

kodomo3

◆この日は小学校の夏休み初日です。
小学2年生は、学級新聞に載せてクリーン大作戦への参加を呼び掛けました。
集合時間まで参加者を待ちましたが、この日は残念ながら、この男児以外に誰も集まりませんでした。
気を取り直して、児童と所長の2人で、ボランティア袋、軍手、ひばさみを持って、大作戦を始めました。

kodomo4

◆ごみ拾いの区間は、宮の森交番の前から暖龍までの歩道、道路を挟んで向かい側のケンタッキーからパンプキンまでの歩道です。
同日は晴れていましたが、時折風が強く吹きました。
2人は一生懸命にごみ拾いを実施。
拾ったものは、落ち葉、たばこの吸い殻、お菓子の包装などです。
子どもいわく「たばこの吸い殻が意外に多いな。まちを汚したらダメだよ。厳しい罰金を取ったら、ごみのポイ捨ては減るんじゃないかな」などと言いながら、拾い続けました。
10リットルのごみ袋はすぐに一杯になり、次の袋を準備。
暖龍の前まで来て、後ろを振り返ったとき、歩道が確かにきれいになりました。

◆横断歩道を渡って、向こう側の歩道へ移動。
2人は更にごみを拾い続けました。
男児は「落ち葉もあるけど、お菓子の包装紙も落ちているな」と言いながら、ひばさみを使ってごみを拾い続けました。
もう1枚の10リットルのごみ袋も一杯になりました。
11時にごみ拾いを終了。
「結構拾ったね」と2人で言いながら、宮の森明和地区会館に戻りました。

kodomo1

◆会館に戻り、冷たいお茶を飲んで一息つきました。
お菓子をつまみながら、今日拾ったごみについて、小学2年生が分析。
「一番多かったのは落ち葉、次がたばこの吸い殻、3番目はお菓子の包み紙」と言って、グラフをホワイトボードに書いて説明してくれました。
更に、今後どんな大作戦を行うかについても提案してくれました。
「秋になったら落ち葉拾いをしたらいいんじゃないか」
「この会館のサロンにある図書整理もいいかもしれない」などと言って、自分の考えをホワイトボードに書き出してくれました。

◆吉田所長もクリーン大作戦を体験することができました。
小学2年生男児が提案してくれたおかげです。
どうもありがとうございます。
2013-07-29 : 子ども :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード