緑をめぐる探検 ~ 第17回「やまなみ探検会」が行われました。

adventure2

◆平成25年7月1日(月曜日)、「やまなみ探検会」が「藻岩山」と「旭山記念公園」で行われました。
この探検会は、宮の森大倉山地区福祉プラザ「やまなみ」が主催したものです。
宮の森、円山西町、盤渓地区にお住まいの高齢の方々が、健康を維持し、自立した快適な生活を続けることができるように、介護予防策の一つとして、観察とウォーキングを合わせて毎年行っています。

adventure3

◆探検会は今年で17回目を迎え、「緑をめぐる探検をしよう!」をテーマに開催。
「藻岩山」と「旭山記念公園」を探検したのは、今回が初めてのことです。
参加者100名で、福祉バス3台に分乗し、宮の森明和地区会館を午前10時30分に出発。
この日は本格的な夏の到来を感じさせる晴天に恵まれ、気温も上がって、絶好の探検会日和になりました。
バスは藻岩山観光自動車道を通り、色濃くなってきた木々の緑の中を進んで、11時に「藻岩山」の中腹に到着。
開会式を駐車場で行いました。
探検部の森部会長が開会を宣言。
続いて、吉田会長、中央区社会福祉協議会の吉藤事務局次長、宮の森まちセンの吉田所長がそれぞれ挨拶。
次に、中央区役所の染谷保健師の指導による指導の下、準備体操をして体をほぐしました。
また、介護予防センター宮の森の奥寺介護支援専門員にも、同行していただきました。

adventure4

adventure5

◆いよいよ「藻岩山」の探検を開始。
参加者は、山頂まで歩くグループ70人とミニケーブルカーに乗るグループ30人に分かれました。
歩くグループは、ほそうされた道を15分から20分ほどかけ、思い思いにゆっくり上って山頂にたどり着きました。
「久しぶりに藻岩山に来ました。木々の緑がすがすがしいですね」「歩きながら、おいしい空気を一杯吸うことができました」と話しています。
ミニケーブルカーに乗った方々は2分ほどで山頂に到着。
「札幌の街並が良く見えます。もう少し長く乗りたかった」と話していました。
山頂は、涼しい風が吹いています。
皆で展望台に上り、札幌の街並を思い思いに一望しました。
ここでお弁当を広げ、昼食を楽しみました。

adventure1

undefined

◆午後からはバスに乗って「旭山記念公園」へ移動。
この公園からも札幌の街並が一望できます。
左手には「円山」、右手には先ほど登ってきた「藻岩山」が見えます。
本当に文字通り「やまなみ」を見ることができました。
少し日差しが強くなってきたので、日蔭や木陰に移りました。
公園内をぐるっと回ってきた方もいて、「今日は随分歩きました。明日は筋肉痛になるかもしれない」と笑いながらお話をしていました。

◆探検を存分に楽しんだ後、予定より少し早く、2時15分に「旭山記念公園」を出発しました。
3時に宮の森明和地区会館に到着。
全員けがもなく無事に戻りました。
夏の日差しの下で、楽しい1日を過ごすことができました。
今回の「探検会」を主催した関係者の皆様がたに厚くお礼を申し上げます。
2013-07-03 : やまなみ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード