福祉プラザ「やまなみ」の「押し花教室」が開かれました

oshibana4

oshibana5

oshibana2

◆6月17日(月)午前10時、「宮の森明和地区会館」の2階「大倉山」で、宮の森大倉山地区福祉プラザ「やまなみ」の「押し花教室」が開催されました。
本日は、4月に開講して以来、3回目の教室です。

◆北海道神宮祭が終了し、いよいよこれから札幌に夏が訪れます。
本日の教室では、夏の訪れにふさわしく、「うちわ」を作成しました。
いつになく欠席のご連絡を事前にいただいた方が多い教室になりました。
そんな中でも、参加した方々は、構図を考えながら、「うちわ」の表面や裏面に、赤、黄色、青、橙色など色とりどりの「押し花」を配置。
お花の色が「うちわ」の下地の緑色、藍色とあいまって、すずしげな作品ができました。

oshibana1

oshibana3

◆まちセンの職員にもそれぞれ「うちわ」を1枚ずつ頂戴しました。
ありがとうございます。
大切に使わせていただき、「うちわ」で涼みながら、この夏を乗り切ろうと思います。
2013-06-17 : やまなみ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード