札幌西交通安全協会中央地区協議会の定期総会が開かれました

◆平成25年5月29日(水)午後6時、「円山会館」(円山まちづくりセンター)2階の「すぎ」において、札幌西交通安全協会中央地区協議会の平成25年度定期総会が開かれました。
この協議会は、交通事故をなくすことを目的として設けられているものであり、円山、南円山、宮の森各地区の交通安全実践会や交通安全母の会、西警察署、まちづくりセンターなどで構成されています。

◆この日の総会では、高橋会長(宮の森大倉山連町交通安全部長)が挨拶し、「高齢者が事故に遭うケースが多くあります。また、自転車事故も多発しています。今年度も交通事故をなくすための活動を進めましょう」と述べました。

◆次に、議案の審議に移りました。
平成24年度の活動報告と決算報告が行われ、原案どおり承認されました。
また、平成25年度の活動方針と予算案が審議され、原案どおり承認されました。

◆審議の中で、宮の森大倉山地区交通安全実践会の東会長から、デイライト実践キャンペーンについての質問がありました。
この質問に対して西警察署から「今後も早めの点灯を、ドライバーや事業者などに呼びかけます」と回答。
更に、交通安全の街頭啓発に関して、円山西町町内会の牧野会長から、「宮の森大倉山地区においては、街頭啓発の際、小学校と連携し、児童にも参加をしてもらい、ドライバーに安全を運転を呼び掛けています」との紹介が行われました。
また、夜光反射材について、西警察署から「社会福祉協議会に協力を得て、サロンなどで効果をお話しています」との説明がありました。
審議が終了した後は、懇親会を開催。
参加した方々は和やかな雰囲気のうちに歓談し、日程を終えました。

2013-05-30 : 安全・安心 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード