宮の森小学校で「学校関係者評価委員会」と「学校説明会」が開かれました

◆平成25年5月10日(金)午後2時、宮の森小学校で「学校関係者評価委員会」が開かれました。この委員会は、児童の保護者、地域の町内会長、歴代のPTA会長などで構成されています。そして、学校、保護者、地域住民が相互に理解を深めながら、児童の成長を考え、それぞれの立場と視点からの意見を出し合い、よりよい学校をつくることを目的として設置されています。

◆同日の「学校関係者評価委員会」において、山谷校長先生から平成25年度の学校経営方針が説明されました。その内容の主なものは次のとおりです。
(1)平成25年度の教育目標として、児童の創造力を高めることを掲げています。
そのためには、①児童の感性を豊かにし、②表現力を向上させることに重点を置いて教育していきます。
(2)学校生活を送るため、「五つの心(五心)」を大切にします。五心とは、①素直な心、②感謝の心、③反省の心、④貢献の心、⑤伝える心、これらの心です。
(3)姉妹校である米国オレゴン州ポートランド市のリッチモンド小学校との交流を継続し、相互の交流を実施可能にしたいと考えています。

◆続いて、2時50分から体育館で「学校説明会」が開かれました。この会は、学校の先生が保護者に学校の教育方針を説明するために開かれているものです。

◆最初に、山谷校長先生が教育方針を説明。
次に、保護者3人が前に出て、「学校のことをもっとよく知りたいと思い今日の説明会に出席した」「学校からのプリントが毎日大変役に立っている」「最近引っ越してきて子どもを通学させ始めたばかり。ご指導をよろしくお願いしたい」などと話していました。

miyaes

◆続いて、担当の先生から説明がありました。
その主な内容は次のとおりです。
・教務主任⇒学校に児童の居場所を作ります。そして、教育のレベルを高め均質化を図ります。
・研究部⇒「話す、聞く、書く」といった基礎・基本を大切にします。共通の目標を定め課題の解決を図る「協同的」な姿勢を身に付けるようします。
・行事部⇒過程を大切にします。児童の体力、特に持久力を向上させます。
・指導部⇒五心を育てます。
・児童活動部⇒「つながり」をテーマとし、児童と学校のつながり、児童同士の交流などを進めます。
・6年生⇒最終学年として、「信じ合う仲間」を目標として次のステップへの成長を促します。
・5年生⇒「プロセス」を目標とし、一つ一つの取組を大切にします。
・4年生⇒成長を目標とし、様々な経験を積ませ、高学年へ向かわせます。
・3年生⇒音楽やクラス発表を通じて、やる気を発揮させます。
・2年生⇒自己表現力、他人とのコミュニケーション力を高めます。
・1年生⇒一歩ずつ着実に学校生活に慣れさせるようにします。
最後に教頭先生から「私たち自身も、教育目標を再確認することができました。保護者の方々には、各教室に移動していただき、担任の先生と話を更に深めてください」とお話があり、体育館で開かれた説明会は終了しました。
2013-05-13 : 「まちセン」から :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード