FC2ブログ

宮の森大倉山連合町内会役員会(4月)開催

4月9日(火)18時30分から、定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。

◆ 特別会員報告
・宮の森消防出張所(石山所長)
 ①春の火災予防運動4月20日~30日に協力を。②住宅用火災報知機の更新を。③自動消火設備助成制度の活用を。今後ともよろしくお願いしたい。
・宮の森中学校(森長校長)
 地域の皆さんのご協力を引き続きお願いしたい。

◆ 会長報告
・報告内容の詳細については下記を参照。

◆ 会長日程
(1)4月8日(月):三角山小、盤渓小入学式
(2)4月9日(火):宮中入学式
(3)4月18日(木):連町監査
(4)4月22日(月):中央区統計協総会・研修会
(5)4月23日(火):中央区連町協定例会議
(6)4月23日(火):宮の森大倉山地区統計協監査

◆ 各部報告
・総務部:31年度連町総会を5月12日(日)10時から明和地区会館で議長を明和会阿部副会長により行う。
・社会福祉部:①押し花教室開講式4月15日(月)10時。②やまなみ探検会を7月29日(月)に実施予定。訪問先は青少年科学館、くるるの杜。バス3台を確保。
・防災防犯部:3月25日(月)宮の森交番で宮の森交番連絡協議会に出席。宮の森交番管内の平成30年中の交通部門では、ランナーへの反射材指導、自転車への反射材の徹底指導を行った。刑事部門では侵入窃盗など前年に比べ重点犯罪の発生件数が減少。このほか、洪水ハザードマップは秋口に各戸配付の予定。
・環境衛生部:5月11日(土)10時から中央区クリーンさっぽろ衛生推進協議会総会・研修会。31年度各期の清掃運動にご協力を。公共の場の清掃活動をする際に400リットル以上になる場合は透明または半透明の袋を使用しあらかじめ清掃事務所に回収の相談を。400リットル未満の場合はボランティア袋で燃えるゴミの日、燃えないゴミの日に分けてごみステーションに出してほしい。
・健康づくり部:5月31日(金)春のウォーキングを開催。円山公園から動物園へゾウの見学を予定。多くの方の参加を。
・交通安全部:4月8日(月)小学校4校の街頭啓発が無事終了。ご協力に感謝。6月12日(水)宮の森小前交差点で初夏の交通安全街頭啓発。多くの方の参加を。

◆ 各町内会・自治会から
・上盤渓:先日盤渓地区で火災発生。非住居建物でけが人なし。火の用心を。
・荒井山:セイコーマート2階に宿泊施設。学校にも参考に報告。
・円山西町:災害の際、福祉避難場所として近隣の高齢者施設2軒に搬送することを了解いただいた。
・明和会:災害時アンケートを実施。要援護者42人と協力者302人を把握。今後整理をしていく予定。

◆まちづくりセンターから
・連町、町内会・自治会役員交流会を5月30日(木)宮の森フランセスで開催。内容は第1部洪水ハザードマップの改定に関わる説明会、第2部意見交換会・懇親会を実施予定。連町役員のほか各町内会・自治会から2名程度出席可能。5月23日(木)までにまちづくりセンターまで申し込みを。
・まちづくりセンター支援員が4月に1名交代。

◆事務局から
・31年度道町連手続きについては、5月24日(金)までに名簿の提出と一人200円の共済加入金の振込を。
・31年度防災フェスティバルは8月25日(日)三角山小グラウンド、体育館で実施予定。
・避難所宿泊体験会は9月三角山小体育館で実施予定。
・30年度住民組織助成金収支決算書を5月7日(火)までに提出願います。
・役員改選がある場合、役員名簿を添えて事務局まで提出願います。
・次回役員会は、5月7日(火)18時30分から明和地区会館で開催。

(文責)まちづくりセンター 青山

◎会長報告
平成30年度 第2回 中央区西地区除雪連絡協議会
日時 2019年3月27日(水) 会場 南円山会館
【平成30年度除雪事業について】
1 今冬の気象状況について
 本年度は11月20日に平年より28日も遅く初雪が降り、3月21日に318㎝の累積降雪量を記録した。平均累積降雪量は445㎝ということで例年よりかなり降雪量が少なかった。
 積雪深では2月9日に今年度最大の61㎝を記録して、その後3月は急激に融雪が進んだ。
2 今冬の除排雪について
 除雪作業としては新雪除雪、路面整正、拡幅除雪を11月下旬より適宜作業が行われた。
排雪作業はバス路線や幹線道路を12月下旬から2月下旬まで行い、交差点排雪やパートナーシップ排雪については1月中旬以降3月の上旬まで作業が行われた。なお、パートナーシップ排雪の利用状況は西地区で66件の申請のうち62件実施され、実施距離は17.2㎞で利用状況は増加傾向にあるとのことであった。
 今年度除排雪に寄せられた要望ではザクザク路面への対応が多く寄せられ路面が滑る、砂箱の補充等については少なかった。
3 今後の作業について
 滑り止めの砂の清掃、道路補修、区画線の復旧、雪たい積所の雪割り等の作業を行なっていく。土木部からは路面に撒いた砂の清掃について協力のお願いをしている。清掃後の砂は札幌市配布のボランティア袋に入れて、「燃やせないゴミ」の日に出して欲しいとのことであった。
【冬みち地域連携事業について】
 依然として多い雪対策についての要望等を踏まえ、平成27年から地域と行政の連携により実情に沿った取り組みとして冬みち事業を実施している。その中で本年はパートナーシップの実証実験を行った。内容としては道路わきの雪を多く残すこと、路面の雪を20㎝残すことで地域負担金の軽減を図った。今後は開催地区の聞き取り調査を行い、次年度の実施について検討していくとのことであった。

2019-04-10 : 連合町内会 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード