FC2ブログ

秋のノルディックウォーキング会

10月12日(金)、「秋のノルディックウォーキング会」を開催し22名が参加しました。
今年は円山総合運動場補助グラウンドから大倉山小学校前をとおり、大倉山ジャンプ競技場までのコースです。まずは補助グラウンドでインストラクターによる準備体操と歩き方やポールの使い方レッスンです。

2018101201

その後、ノルディックウォーキングをスタート。住宅街の道路を歩くため安全第一に縦一列で進みます。

2018101202

登りばかりのコースにもかかわらず、予定よりかなり早くゴール。

2018101203

終了後は、特製カレーとデザートの杏仁豆腐。大変おいしくいただきました。
みなさんお疲れ様でした。
2018-10-18 : 健康 :
Pagetop

健康づくりセミナー開催

10月11日(木)に健康づくりセミナーが開催されました。このセミナーは日頃の健康づくりに役立てるため、地区社会福祉協議会「やまなみ」が毎年秋に3回シリーズで開催しています。
今年は心不全や高血圧、動脈硬化など循環器系の疾患に焦点を合わせ、①病気を知り、②予防し、③仲良く付き合うための専門家によるセミナーです。
1回目は、病気を知るために「ちょっと気になるその症状~動機・息切れ・高血圧~あなたは大丈夫?」と題し、塚本循環器ハートクリニックの塚本 勝(つかもと まさる) 先生からお話を聞きました。
高血圧は塩分の取りすぎや遺伝などが要因となり、両親が高血圧だとその子どもは2分の1が高血圧になるといわれているそうです。また、高血圧を放置すると動脈硬化の進行を進め、心疾患、心肥大、脳梗塞、腎疾患など様々な合併症の原因となるとのこと。高血圧の治療には塩分、飲酒、喫煙、運動などの生活習慣を見直し、血圧の動向を見ながら投薬を始めるそうです。塩分は6グラム、飲酒は日本酒で1合程度、喫煙は百害あって一利なし。血圧が高いといった症状のほか、歩き初めに胸に違和感があったり、いつもの道なのに息切れするといった症状があったら、心血管病のサインかもしれないので気を付けてほしいとのことでした。

2018101101
2018101102

第2回は予防です。11月7日(水)午後2時から、「あなたの生活 若々しく」と題し、第1部は演歌体操の大高一郎先生による楽しい有酸素運動とストレッチです。動きやすい服装でお越しください。引き続き、第2部では中央保健センターの奥村栄養士による血管を若く保つ食事を調理のコツを交えてお話します。

第3回は仲良く付き合うです。12月5日(水)午後2時から、「薬の適切な飲み方・飲み合わせ」と題しナカジマ薬局の染谷光洋先生からお話を聞きます。病気を適切に管理するため薬を処方されても、いい加減な飲み方では効果はありません。薬の正しい飲み方・飲み合わせを聞き、病気と仲良く付き合いましょう。

いづれも明和地区会館で行います。ぜひ、ご参加ください。
2018-10-16 : 健康 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会役員会(10月)開催

10月9日(火)18時30分から、定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。

◆ 特別会員報告
・宮の森消防出張所(芳賀係長)
 10月15日から31日まで秋の火災予防運動を実施。暖房器具の使用前点検や使用の際の注意点を回覧などにより周知いただきたい。また、停電の際の通電火災に注意。
グリーン公園の切り株で子どもが火遊びをする事案発生。
先日の地震の際は約20件の出動。多くは自動火災報知機のバッテリー減少による通報。
台風による建物被害に対して消防では簡単な応急処置のみの対応となる。
・札幌聖心女子学院(阿部校長先生)
 現在、60名弱の生徒、シスターが生活している。地震では所在の町内会に大変お世話になった。今後、電源、暖房などの対策を進める。今後ともよろしくお願いしたい。

◆ 会長報告
・地震の際には各役員の皆さんがそれぞれの地域で活躍してくれた。停電によりマンションにお住いの多くの方が苦労された。東三町内会などでは緊急貯水槽の給水作業で協力いただいた。中央町内会では役員が集まりマンションの高層階に水を運んだ。今回、色々な不具合があったが今後の備えを考えていきたい。また、停電については、各町内会の状況を集約し、連町連絡協議会宿泊研修会やまちづくり会議の場で意見交換が出来ればと考えている。

◆ 会長日程
(1)10月12日(金):ノルディックウォーキング会(大倉山)
(2)10月26、27日(金、土):中央区連町連絡協議会宿泊研修会(定山渓)

◆ 議題
(1)胆振東部地震への各町内会、自治会の対応について
 ・円山西町:台風の後、霖雨の邑の入所者等が地域清掃活動を実施。地震では携帯ラジオにより情報収集。円山西町町内会館の避難所としての使用は通常使用と判断し、推移をみることにした。給水では、受水槽方式のマンション住民に直結方式のマンションから給水の協力あり。地域内の電気、病院、給水ポンプ場などについて時系列で詳細報告。
 ・荒井山:今回の地震で各民生委員から速やかな安否確認報告。見守り活動委員からも報告あり。毎月の見守り会議の重要性を改めて認識。
 ・第一:冬期の緊急貯水槽の給水作業には防水用のゴム合羽などの準備が必要。
 ・東三:緊急貯水槽の給水作業では町内会役員やその家族など皆さんの協力があった。給水用の袋の用意があると良い。
 ・中央:独居老人宅を見回り、水を配給した。
 ・北二:近隣の見回りを行った。
(2)30年度連町中間決算について連町会計長から報告あり

◆ 各部報告
・文化体育部:10月8日(月・祝)青少年育成委員会主催の「仔ヤギの哺乳体験とフェルトアクセサリーづくり」をハイジ牧場などで行った。45名参加。
・社会福祉部:10月6日、7日(土、日)やまなみ押し花作品展。出展者40名、出展数265点、来場者180人。
・環境衛生部:11月7日(水)わくわくホリデーで平成30年度クリーンさっぽろ推進協議会の表彰式、研修。各委員は出席を。
・女性部:10月24日(水)みんなの講演会には女性部の活動写真を出展する予定。 カーリングの小笠原さんらのトークショー。男性も是非参加を。
・健康づくり部:ノルディックウォーキング会を10月12日(金)開催。23名参加予定。
・交通安全部:9月25日(火)秋の交通安全街頭啓発(大倉山小交差点)。参加者127名うち小学生49名の参加。地区での今年最後の街頭啓発。皆様のご協力に感謝。
・広報部:連町ニュース42号9月30日発行。今回は急遽、災害特集に変更。緊急貯水槽の利用、給水協力のほか、地震発生時の居場所によっての対応方法や町内会での防災訓練の様子を掲載した。なお、各町内会・自治会から各行事の様子を原稿、写真でいただいたが紙面の都合ですべて掲載できなかった。ご理解願いたい。

◆ 各町内会・自治会から
・上盤渓:9月17日(月祝)上盤渓町内会の敬老会実施。
・円山西町:10月16日(火)未来へつなぐ福祉フェスタ、10月20日(土)にしまるリハビリ検診が開催される。
・北二:今回の災害にあたって義捐金を送ることとしたい。

◆まちづくりセンターから
・10月11日(木)健康づくりセミナーの第1回目。今年度は循環器疾患に焦点を当てたセミナーを3回開催。皆さんのご参加を。
・9月8日、9日(土、日)避難所宿泊体験会を開催する予定だったが災害の影響により中止。ご協力に感謝。
・緊急貯水槽の給水作業では地域の皆さんにご協力をいただいた。水道局から感謝の連絡があったことをお伝えする。
・今回の地震では、停電によりまちづくりセンターのパソコンが使えず、情報収集が円滑に行えなかった。電源の確保など区へ意見を出した。まちづくりセンターでは固定電話が使用できたことから今後同様のケースではまちづくりセンターへの電話連絡が可能である。

◆事務局から
・次回役員会は、11月6日(火)18時30分から明和地区会館で開催。

(文責)まちづくりセンター 青山
2018-10-16 : 連合町内会 :
Pagetop

仔ヤギの哺乳体験とフェルトアクセサリーづくり (青少年育成委員会)

10月8日(月・祝)、青少年育成委員会主催の「仔ヤギの哺乳体験とフェルトアクセサリーづくり」が行われました。
午前8時30分、長沼町のハイジ牧場に向けて、45名がバスに乗車し出発。途中、バスの中ではクイズ大会も行われました。
到着後、仔ヤギの哺乳体験に挑戦。哺乳瓶を持つ子どもたちは緊張気味。次にフェルトアクセサリーづくりにも挑戦。子どもたち以上にお父さん、お母さんが熱心に取り組んでいました。お昼はジンギスカンに舌鼓。自由時間には牛の乳搾り体験やたこ揚げなどを楽しんでいました。
帰りには、道の駅でお買い物。天気にも恵まれ、楽しい一日となりました。

2018100801

2018100802

仔ヤギの哺乳体験。仔ヤギの毛は柔らかです。

2018100803

親子で仲良くフェルトアクセサリー作成。

2018100804

出来上がったフェルトアクセサリーのピラミッド。

2018100806

牛の乳搾り。牛の糞がかかるアクシデントも。

2018100807

たこ揚げ。秋の澄んだ青空に揚がるたこがきれいです。

2018100805

2018100808

みなさん、お疲れ様でした。
2018-10-10 : 子ども :
Pagetop

「押し花作品展」と「食と健康まつり」開催

10月6日、7日に、26回目となる押し花作品展が開催され、2日間で約180名の方が来場しました。
宮の森大倉山地区社会福祉協議会「やまなみ」が主催する押し花教室での作品やプロジェクトメンバーの作品など、出展者40名、265点の作品が展示されました。来場者は書と押し花のコラボ作品や風景描写の押し花など数々の作品に見入っていました。
2018100601

2018100602

2018100603

1日目(6日)には、「食と健康まつり」も同時に開催され、食生活改善推進員さんによる「手作りおやつの試食会」では、かぼちゃ白玉のおしる粉や小松菜の蒸しパンなど3点が提供され、食べた方からは「おいしいね」「おかわり」の声が聞こえていました。

2018100604

2018100605

また、「ドキドキ?健康チェック」では骨密度や肌水分量など5項目を測定し、実年齢より良い数値が出るとニッコリほほえむ方など、大勢の人でにぎわいました。

2018100607

来年も楽しみにしています。
2018-10-10 : やまなみ :
Pagetop
ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード