福祉避難場所設置・運営訓練を実施

中央区では、災害に強いまちづくりに向けて地域防災力の向上を図るため、大規模災害時の避難生活を支援する取組である「福祉避難場所設置・運用マニュアル」を平成26年1月に制定するとともに、区内社会福祉施設7施設との間で「札幌市中央区における災害時要援護者支援ネットワークに関する協定書」を締結しました。
大規模災害が発生したときには、収容避難場所での生活が困難な要援護者を社会福祉施設で一時的に受入れ、避難生活を支援する体制が整ったことになります。
10月28日、施設職員への周知や「福祉避難場所設置・運用マニュアル」の内容検証のため、「介護老人福祉施設 西円山敬樹園」において、福祉避難場所設置・運営訓練を実施し、円山西町町内会のご協力のもと、円山西町神社奉賛会の3名の方に避難者役をお願いしました。
中央区災害対策本部からの要請(というシナリオ)により、西円山敬樹園の送迎車が地域避難所(円山西町町内会館)から福祉避難場所へ対象の避難者を移送。特殊な車両で車いすの方はリフトで昇降できます。

001_R_201510301755508a9.jpg

敬樹園に到着後、避難者3名を施設の収容スペースに移動。敬樹園のスタッフにより、お名前の確認や簡単な健康チェックを行いました。今後の対応方針が決まった段階で訓練は終了しました。

005_R_20151030175558e87.jpg

数々の大災害を教訓に始まった「福祉避難場所」。訓練はこれからも場所を変えて毎年行うそうです。
ご協力くださった皆さま、ありがとうございました!
2015-10-28 : 安全・安心 :
Pagetop

避難所開設訓練を実施しました

10月10日(土)午後2時から、宮の森小学校(宮の森4条6丁目)体育館において、宮の森小学校避難所準備委員会および宮の森大倉山連合町内会主催による「第7回宮の森大倉山避難所体験会 避難所開設訓練」が行われ、地域住民約110人が参加しました。
これは、札幌市の避難場所運営マニュアルをもとに、周辺地域、学校、中央区の連携により作成した「宮の森小学校避難場所運営マニュアル」を活用した初めての訓練です。訓練を通じて実際に避難所を開設する際に何が必要になるのか、どのような行動が求められるのかを住民自らが考え、地域での活動の参考にしてもらうとともに、訓練の成果や課題を検証し同マニュアルの改善を図ることを目的に実施しました。
会場では、札幌市直下を震源とする震度7の地震が発生。不安になった地域住民が同校に避難してくるが、休日の被災のため職員参集のめどが立たず、住民が中心となって避難所を開設するとの想定です。参加者は、避難者名簿の作成やけが人など要配慮者への対応、給水、食料配布の際の動きの確認、簡易トイレの組み立て方法など、避難所を開設しましたばかりの時に起きる事態に対する基本的な対応を学びました。
時おり、実際に東日本大震災での避難所運営を経験した方からの貴重なコメントもいただきました。
(写真は災害備蓄品の簡易トイレを組み立てているところ。これを和式便所に置いて使います。)

DSC_8142_R.jpg

訓練後に行われた意見交換会では「本部は入り口付近よりも、入ってすぐ目につくステージ上にあったほうが良いのでは」「ペットの飼い方などの連絡事項は口頭で伝えるよりも紙に書いて掲示するほうが良い」「感染症者用のトイレは一般トイレとは分けて、居住スペースより離れて設置するべき」などの改善意見が次々と参加者から寄せられました。
宮の森小学校避難所準備委員会では今後、寄せられた意見等を検討して、同マニュアルの改善に反映させていきます。
また、来週15日には中央区連合町内会協議会の地域防災部会、11月には三角山小学校の避難所検討会があるので、さっそくこの結果をお伝えしてこようと思います。
主催者側にとっては怒涛の体験で、至らない点が多々あったと思いますが、大勢の方にご協力いただきました。本当にありがとうございました!!
2015-10-13 : 連合町内会 :
Pagetop

健康づくりセミナー「ひざの痛みの改善法」

専門家から直接お話を伺うことができると好評の「健康づくりセミナー」を今年も開催します。
今回のテーマは「ひざの痛み」。
冬が近づきますますつらくなる前に、ひざ痛の原因と対策、痛みをやわらげるための簡単な体操を学びましょう。
★入場無料、申込み不要★当日、直接会場へお越しください。

日時:11月6日(金)13:30~15:00
場所:円山西町町内会館2階集会室
 中央区円山西町3丁目3-45
 JRバス(西15)動物園線
 「円山西町2丁目」下車徒歩4分

内容および講師:
13:30~14:30★講演「ひざの痛みについて」
札幌円山整形外科病院院長 山崎生久男 先生

14:30~15:00★体操「ひざ痛解消ストレッチ」
札幌西円山病院理学療法科 只石 朋仁 先生
2015-10-08 : やまなみ :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会役員会(10月)開催

10月5日(月)18時30分から、定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。

特別会員報告
(1)宮の森消防出張所
①秋の火災予防運動
(暖房器具を使う季節になりました。火の用心を!)
消防団員を募集中
(18歳以上の方対象。【お問い合わせ】札幌市消防局職員課 011-215-2020)
③救急車の適正な利用をお願いします。
(救急車を利用するか迷った時は「救急安心センターさっぽろ」短縮ダイアル♯7119に電話しましょう。)
詳しくはこちら。

(2)札幌聖心女学院
学校紹介。小規模な学校だが、新しい時代に必要となる資質・能力の育成に取り組んでいる。

(3)子どもの見守りについて(牧野連町相談役)
児童生徒の安全のため、特に下校時の見守りについてご協力をいただきたい。

議題「平成27年度中間決算について」
今年度からの連町会費の値上げにより、余裕を持って執行できている。

各部報告
(1)文化体育部「ニッカ工場見学と果物狩りバスツアー」93人参加予定
(2)社会福祉部「やまなみ健康づくりセミナー」11月6日(金)13時30分~[円山西町会館]
(3)避難所体験会 10月10日(土)午後2時から 宮の森小体育館で実施。
(4)女性部「中央区みんなの講演会」10月19日(月) 今年はパネル発表。
(5)健康づくり部「ノルディックウォーキング会」定員に達しました。

次回11月の役員会は、11月10日(火)18時30分から「宮の森明和地区会館」で開催します。
工事中のため足元が悪いですが、お気をつけてお越しください。
2015-10-06 : 連合町内会 :
Pagetop

すこやか・げんき倶楽部のお知らせ

10月のすこやか・げんき倶楽部のご案内です。外出レクは温泉ですよ~。一気に寒くになってきましたので、温泉はうれしいですね。
すこやか・げんき倶楽部は、おおむね65歳以上の方を対象に実施している札幌市の公的な介護予防事業ですので、安心してご参加ください。

201510001.jpg
クリックすると拡大します。
2015-10-01 : 「まちセン」から :
Pagetop
ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード