宮の森交番連絡協議会に出席しました

9月30日、宮の森まちづくりセンターのお隣にある宮の森交番の連絡協議会に出席してきました。西警察署の方々から、防犯に関するいろいろなお知らせがありましたので、主なものをご紹介します。

①オウム真理教の信者が北海道で増えている!!
北海道では、全国トップでオウム真理教(今は「アレフ」や「ひかりの輪」に分派)の信者数が増えているのだそうです。びっくり。ヨガ教室を装って入会者を募っていて、地下鉄サリン事件を知らない若者が入ってしまうんだとか…。
②宮の森で器物損壊事件が増えている!
車両や建物に傷をつけたりスプレーで落書きする事件が13件。向陵中、グリーン公園・ジャンボ公園の周辺のお宅やパトカーまで狙われています。

昼間は閉じこもっているのに、夜になると不特定多数が出入りする家とか、不審者を見かけたら通報してくださいとのことでした。

また、宮の森交番の管内における今年の人身交通事故の累計が25件。車と自転車が交差点でぶつかる事案が目立つということです。自転車については、各学校でも問題になっていますし、罰則も厳しくなっています。自転車は「車両」です。くれぐれも気をつけましょう。

↓宮の森交番提供のチラシ。クリックすると拡大します。

201409005.jpg

2014-09-30 : 安全・安心 :
Pagetop

すこやか・げんき倶楽部のお知らせ

10月のすこやか・げんき倶楽部のお知らせです。宮の森・円山西町会館でレクリエーションが行われるほか、大人気の外出レクもあります。
すこやか・げんき倶楽部は、介護予防センターが実施している教室です。おおむね65歳以上の方であればどなたでもご自由に参加できます。ぜひお出かけして、介護いらずの健康生活にお役立てください。

201409004.jpg
2014-09-29 : 「まちセン」から :
Pagetop

宮の森小学校避難所運営検討会が開催されました

宮の森大倉山地区では、各小学校ごとの避難所運営のルールを検討する事業のモデル地区となっています。9月25日(木)18時から、宮の森小学校2階多目的室で第3回宮の森小学校避難所運営検討会が開催されました。宮の森小学校の校長先生、教頭先生、町内会長など11名が参加しました。

前回のあらすじはこちら↓
201409003.jpg

前回検討したルールをもとに、今回はみんなでHUG(避難所運営ゲーム)でシミュレーションしました。設定は1月厳寒期の札幌です。そうすると…
【トイレ】仮設トイレはバックネットの前に置くルール→冬は積雪があるのでそこまで行くことができない、寒い→どこに置く??
【ペット】ペットは屋外飼育を原則とする→室内犬の扱いなど、屋外を使えないことによる問題がいろいろ出てきました。ペットのいる方には、全壊でなければ自宅に帰ってもらうのも一つの選択肢ということになりました。
【お水】宮の森小学校には受水槽があります。でも、ポリタンクを持ってきて「水を入れてほしい」という要望には、公平の観点からお断りすることになりました。ただ、冬は雪があるので、水はなんとかなるかも?
夏と冬が大きく異なる札幌では、ルールも夏冬2パターン必要なのかな…と思いました。
次回は11月上旬に開催予定です。

2014-09-26 : 安全・安心 :
Pagetop

ヒグマ出没のセンサーカメラ報告

宮の森に設置したヒグマ出没センサーカメラの調査報告が届きました。9月22日(月)の時点でヒグマの姿はなく、タヌキ・キツネが写っていました。

20140925ヒグマ調査結果

参考までに、北海道環境生活部による平成26年9月22日付「平成26年秋の山の実なり調査結果」を一部掲載します。

ヒグマの秋の主要な食物(4 種)の実なり状況を調査した結果、一部の地域で1~2種類の食物が凶作となったものの、全体的には極端な凶作傾向は確認されませんでした。
そのため、この秋は、市街地や農地へのヒグマの出没が例年より極端に増えるおそれは高くないものと推測されます。
しかし、ヒグマによる人身被害はいつどこでも起こりうることから、引き続き次のことに留意が必要です。
① 人家の近くなど、これまで考えられないような場所にヒグマが出没する可能性がありますので、生ごみ等の放置など、ヒグマを誘引したり定着させたりする原因をつくらないようにしましょう。
② 農作物を狙って近づくヒグマが増える可能性がありますので、農地で作業する際は、ヒグマの痕跡(足跡やフン)がないか、十分に確認しましょう。

また、これから山菜取りやキノコ狩りなどで山の中に入る方が増えますが、くれぐれもご注意くださいね!
2014-09-25 : :
Pagetop

中央区みんなの講演会にMOG出演

中央区みんなの講演会が9月24日に開催され、第2部のステージ発表で、宮の森大倉山連合町内会女性部の皆さんによる「恋のフォーチュンクッキー」が披露されました。猛特訓を重ねた甲斐があって、息がピッタリ。手作りの衣装や帽子もすてきです!

001_R_201409242103048bb.jpg
MOG_R.jpg
最後のポーズも決まって、会場からは大きな拍手がわきおこりました。
女性部の皆さま、おつかれさまでした!!
2014-09-24 : 女性部 :
Pagetop

押し花作品展&アートフェスタ開催のお知らせ

福祉プラザやまなみの「押し花作品展」と宮の森大倉山連合町内会「アートフェスタ」を同時開催します。宮の森明和地区会館で開かれている「押し花教室」「いけばな教室」「篆刻教室」の生徒の皆さんが作品を展示しますよ~。体験コーナーもありますので、身近な「芸術の秋」を楽しんでみませんか。

日時:平成26年10月11日(土)~12日(日) 9:00~15:30 入場無料
場所:宮の森明和地区会館(宮の森2条11丁目1-3・宮の森交番の裏)

内容
福祉プラザやまなみ 押し花作品展・押し花体験コーナー
草花を使った美しい花絵額や小物作品を展示するほか、販売コーナーもあります。押し花体験コーナーでは、お父さんやお子さんのご参加もお待ちしています。

いけばな小原流 宮の森伝統文化こども教室の作品展示
いけばな体験講座【11日10時~11時・先着順】
教室でお稽古をしている子ども達が作品を展示します。子どもも大人も無料で参加できる体験コーナーも開催。お花はお持ち帰りできます。華麗で優美ないけばなの世界に触れてみませんか。

明和地区会館バザー【11日13時~】
明和会館のリニューアル資金を集めるためバザーを開催します。お買い得品が見つかるかも!?
バザー用の寄贈品も募集中です。

楽しい篆刻教室の作品展示
篆刻(てんこく)とは、篆書(てんしょ)の漢字をやわらかい石に彫ること。漢字の形の面白さがみどころです。
2014-09-22 : やまなみ :
Pagetop

秋のノルディックウォーキング会 参加者募集中

ウォーキング ノルディック-カラー ミニ

連合町内会主催の秋の健康づくりウォーキング会のお知らせです。ノルディックウォーキングは、ポール(ストック)を使って歩く、足腰にやさしいのに効果抜群の有酸素運動です。初めての方でも安心、講習つきウォーキング会に参加しませんか?

◇日時 平成26年10月24日(金)午前9時15分集合
◇集合場所 宮の森明和地区会館 宮の森2条11丁目1-3(宮の森交番の裏)
◇参加費 1,200円(バス・講習・昼食代など込み)
◇内容
①9:30明和地区会館からバスで出発
②10:30藤野野外スポーツ交流施設に到着
(南区藤野473-1 電話591-8111)
③ノルディックウォーキング講習&体験
④11:45~13:00昼食(バーベキュー)
⑤14:00明和地区会館で解散
◇定員 先着50名
◇申込み 10月17日(金)までに、各町内会のご担当者、または宮の森まちづくりセンターにお申し込みください。
その際、「名前」「住所」「電話番号」「年齢」「ポールの貸し出し希望の有無」「身長」(ポールの長さを決めるために必要)をお伝えください。
●宮の森まちづくりセンター (℡ 644-8760)

★飲み物はご自分でご用意ください。
★歩きやすい靴と服装でご参加ください。
★荷物は手で持たず、背負うと、歩きやすくなります。
2014-09-18 : 健康 :
Pagetop

第6回宮の森大倉山避難所体験会☆防災キャンプ開催

9月13日(土)~14日(日)市立大倉山小学校(札幌市中央区宮の森3条13丁目)体育館において、宮の森大倉山連合町内会主催による「第6回宮の森大倉山避難所体験会☆防災キャンプ」が行われ、地域住民約70人が参加しました。
 これは、災害発生時の避難場所に指定されている小学校の体育館での生活体験を通じて、家庭や地域でどのような備えが必要になるかを住民自らが考え、地域での活動の参考にすることを目的に行われたもの。
 この日はまず、集合した住民により避難所の開設作業が行われた後、同連合町内会の吉田会長から「今年はこれまでと緊迫感が違うように感じます。8月に広島市で起こった土砂災害では73人もの方が犠牲になり、9月11日には札幌でも避難勧告が出され、実際にこの学校にも4人の方が避難されております。学校の裏にある荒井山は地震に強いが雨には弱いと言われています。またすぐ災害が来るかもしれないという気持ちで訓練に臨んでもらいたいと思います」とあいさつがあり、体験会がスタートしました。
 最初に、中央消防署宮の森出張所の職員による、やけどや骨折などへのとっさの応急処置の仕方とAEDの取り扱い方の講座が行われた。参加者は、職員から胸骨圧迫のスピードや力加減、AEDのパッド(電極)の付け方などの説明を受けながら、実技用の人形を用いて真剣に取り組んでいました。
 続いて、近隣の町内会ごとのグループに分かれ、避難所運営ゲーム「HUG(ハグ)」が行われました。これは、避難者の年齢や性別、健康状態などそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こるさまざまな出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲーム。

防災キャンプ 046_R

 参加者はグループ内で話し合いをしながら「ノロウイルスに感染した子ども」「ペット連れ」「介護が必要な高齢者」など、それぞれの事情が書かれたカードを手にしながら、限られた避難スペースへの割り振りを苦心して行っていた。各グループでの作業終了後、参加者全体でゲームの振り返りが行われ「病気の人は隔離しなければならないが、ノロウイルスに感染した人と、インフルエンザに感染した人を同じ部屋にして良いのか迷った」などの感想が出されていました。
その後、ご飯の温めや大鍋を使ったカレーの炊き出し訓練、その試食などを行いながら、災害時にも避難所となる体育館での宿泊を約30人が実際に体験しました。
 泊まってみると体育館の床の硬さや明け方の寒さが身に沁みます。「冬だったらどうなるんだろう」と、参加者は皆さん思ったようです。子どもたちからも「ふだんの明かりの大切さがわかった」といううれしい感想がありました。いろいろ考えさせられた体験会でした。
2014-09-16 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森大倉山地区は土砂被害なし

9月10日夜から11日にかけて記録的な雷雨がありましたが、消防署宮の森出張所や円山西町・荒井山・盤渓地区の役員の方から、宮の森大倉山地区では土砂災害の被害はなかったとの報告を受けております。ご安心ください。

平成26年9月11日豪雨に伴う対応状況等について(市ホームページ)

その際に、円山西町で観測している雨量計のデータを見ることができるホームページを教えていただきました。皆さんも参考にしてみてください。降り始めてから100ミリ以上の降雨量になったら注意が必要とのことです。

国土交通省 防災情報提供センター
(下の方の行に円山西町が載っています。)

円山西町 砂防ダムのようす(矢野副会長より)_R
9月11日9:30頃、円山西町にある砂防ダムの画像です。円山西町町内会 矢野副会長提供。


2014-09-11 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会役員会(9月)開催

9月9日(火)18時30分から、定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。
8月24日に行われた防災フェスティバルへの協力に対し、消防署宮の森出張所と吉田連町会長からお礼の言葉がありました。

協力のお願い(荒井山町内会 藤原さん)
宮の森中30周年に向け、記念冊子を作りたいとのこと。

議題
防災キャンプについて…当日のスケジュールを説明

各部報告
青少年育成委員会「さつまいも収穫体験」
②福まちフォーラムの案内
③押し花作品展の開催…10/11・12予定
中央区みんなの講演会…女性部の皆さんが13:40ころ出演予定。演目はなんとAKBならぬMOGの「恋チュン」、衣装にも注目!
⑤ノルディックウォーキング会…10/24予定
⑥秋の交通安全街頭啓発…9/22予定
⑦連町ニュース…ただいま製作中。9/30発行予定
…などなど、イベントが目白押しです。お見逃しなく!

今回は、9月15日の敬老の日にあわせて、敬老祝いを送るとのお話が各町内会からあいつぎました。明和会館では、9月11日に老人クラブがお祝いの会を開催する予定です。


2014-09-09 : 連合町内会 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード