FC2ブログ

第23回 宮の森大倉山防災フェスティバルを開催します

札幌市中心部で大地震が発生したことを想定し、避難や救助等の訓練を行います。訓練をすることで、万が一の際にも対応が可能になります。いざという時のために地域みんなで備えましょう。多くの方々のご参加をお願いします。

◆日 時 平成26年8月24日(日)【小雨決行】9時00分から12時15分まで

◆場 所 荒井山緑地、大倉山小学校(宮の森3条13丁目)

◆内 容
【第1部】防災訓練(9時~)〔荒井山緑地〕
◎避難訓練:サイレンの合図で荒井山緑地に避難
◎煙道通過体験:スモークマシンを利用し充満した煙の中を体験
◎人命救助訓練:倒壊した建物やブロック塀の下からの救助と搬送
◎水防・砂防訓練:土のうを積んで水や土砂の流出を防止
◎応急手当訓練:AED(自動対外式除細動器)による心肺蘇生

【第2部】防災アトラクション(10時30分~)〔大倉山小学校体育館〕
◎子どもたちの楽しい演奏&演舞♪
~宮の森中学校吹奏楽部、宮の森小学校スクールバンド、三角山小学校の合唱、大倉山小学校のよさこいソーラン
◎防災活動の発表(円山少年消防クラブ)
◎防災資機材の展示 など

◆おねがい
◇動きやすい服装でご参加ください。
◇第2部に参加される方は、上履きをご持参ください。
◇会場は駐車禁止です。路上駐車もしないでください。
◇会場は全面禁煙ですのでご協力をお願いします。

ss-IMG_3400_201407091608350c4.jpg
荒井山緑地での訓練の様子(平成23年)
2014-07-09 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会の定例役員会(7月)開催報告

7月8日(火)18時30分から、宮の森大倉山連合町内会の定例役員会が開催されました。主な内容は次のとおりです。

(1)宮の森消防出張所
①7月10日(木)14時から、札幌競馬場東駐車場で札幌市中央消防団総合訓練大会を開催する。今日も消防団員の皆さんは追い込みの特訓をしているとのこと。
②役員から、夏祭りで露店を出す場合の届け出について質問がありました。宮の森消防出張所で相談にのってくれますので、ご不明な点はお問い合わせください。出張所の皆さんは親切ですよ。

(2)中央区役所との懇談会および懇親会について
7月30日(水)17時00分から、宮の森ミュージアム・ガーデンで開催します。区への質問や要望がありましたら、連合町内会事務局までお寄せください。締め切りは7月15日(火)です。
なお、今年度の中央区からの講話は、「中央区まちづくり会議について(仮)」と「高齢者の保健福祉に関する意識について(仮)」を予定しています。

(3)防災フェスティバルの開催について
8月24日(日)9時から防災訓練(荒井山緑地)、10時30分から防災アトラクション(大倉山小体育館)を予定しています。特に荒井山緑地周辺の荒井山町内会・円山西町町内会・こぶし自治会・宮の森明和会の皆さんにはご協力をお願いします。参加できる方の名簿を8月4日(月)までに連合町内会事務局まで提出してください。

(4)避難所宿泊体験会は、9月13日(土)~14日(日)を予定しています。

(5)中央区連合町内会連絡協議会町内会役員研修会の開催について
 主 催 中央区連合町内会連絡協議会
 日 時 8月26日(火) 15時00分~16時20分
 会 場 札幌プリンスホテル国際館パミール6階 美瑛
 対象者 各連合町内会及び各単位町内会の役員
 参加費 無料
 テーマ 「これからの町内会の役割と展望」
 講 師 中田 實 氏(名古屋大学名誉教授)~社会学博士。著書に「地域分権時代の町内会・自治会」「町内会のすべてがわかる!『疑問』『難問』100問100答(共著)」「地域再生と自治会・自治会(共著)」など。
 ★出欠のご連絡について~8月8日(金)までに、まちづくりセンターまで参加人数をご連絡ください。

各地区からの報告によると、お祭りやラジオ体操が地区内のあちこちで開催されるようです。これらについては日を改めてお知らせいたします。みんなで北国の短い夏を楽しみましょう(^^)/

2014-07-08 : 連合町内会 :
Pagetop

あの時避難所は…「おだがいさま」が支えた169日間

今日は、中央区まちづくり協議会地域防災部会発足記念講演「あの時避難所は…「おだがいさま」が支えた169日間~普段からの避難所運営体制づくり~」に、吉田会長・渡辺事務長と行ってきました。
講師の天野和彦さんは、東日本大震災において、福島県内最大規模といわれた「ビッグパレットふくしま避難所」で運営に携わった方です。防災関係の講演は今までにも何回かお聞きしましたが、実際の体験談は重みが違ってためになります。
今日の講演のキーワードをいくつかご紹介します。

★当たり前の暮らしが奪われていくのが「災害」
★災害が起きた時、地域課題が顕在化する。ふだん準備している以上のことはできない。
★震災の直接の被害だけでなく、「震災関連死」で亡くなる方が多い。人間は希望を失うと死んでしまう。
★災害でコミュニティが崩壊するため、孤独になる人が増えてしまう。
★地域の役割は、生命を守る活動と居場所づくり→交流の場を提供することで避難所でも自治が生まれる。人を救うのは人である。
★みんなで意見を吐き出すこと。「吐」という漢字は「口(くち)」に「+-(プラスマイナス)」と書く。プラスの意見もマイナスの意見も出てくるが、最後にマイナスはなくなって願いは「叶う」。

今年の防災フェスティバルは8月24日(日)9時から、避難所体験会は9月13日(土)14時30分から大倉山小学校で予定しています。いざというとき役に立つ「ふだんの準備」として、ぜひご参加ください。

IMG_6863_R.jpg
↑昨年の防災フェスティバルの様子

2014-07-04 : 安全・安心 :
Pagetop

おとなの♪ラジオ体操効果アップ講座

ラジオ体操_R

まちづくりセンター近くの北海道神宮では毎朝ラジオ体操が実施されており、健康づくりに役立てている方が多くいらっしゃいます。最近、この子どものころから慣れ親しんでいるラジオ体操が、健康はもちろんダイエットや美容にも効くと見直され、ラジオ体操の解説本が次々と出版されています。
というわけで、ラジオ体操講座を開催します。この講座では、「ラジオ体操第一」を中心に、全国ラジオ体操連盟の公認指導員から、本を見ただけではわからない正しい身体の動かし方を実際に学びます。たとえば、身体を横にまげる運動では、手のひらを正しい向きにするだけで、二の腕への効き目が劇的に向上するんです!
ふだんラジオ体操をしている方も、これから始める方も、この講座で基礎をしっかり身につけましょう♪

【日時】平成26年7月16日(水) 10時30分~12時00分
【場所】宮の森明和地区会館(宮の森まちづくりセンター)宮の森2条11丁目1-3
【講師】宮下弘子さん
(全国ラジオ体操連盟一級ラジオ体操指導士)
【お申し込み】不要。当日直接、動きやすい服装でお越しください。
また、足がすべらないように上靴(底がきれいな運動靴など)をご用意ください。

そうそう、北海道神宮といえば、「茅の輪くぐりの神事」が行われていると、明和会館の来館者の方から教えていただきました。神門にあるこの輪をくぐると厄除けになるようです。さっそく、まちづくりセンターのみんなで穢れを祓ってきましたので、きっと今年後半も元気にお仕事できると思います。皆さんもぜひ!

2014茅の輪くぐりの神事
2014-07-02 : 健康 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード