FC2ブログ

「宮の森大倉山地区交通安全指導員会研修会」が行われました

traffic

◆平成25年12月6日(金)午後6時、暖龍宮の森店において、宮の森大倉山地区交通安全指導員会研修会と懇親会が行われました。
この研修会は、宮の森大倉山地区の子どもたちを、交通事故から守るため、宮の森小、三角山小、大倉山小、盤渓小の各小学校付近の交差点において、毎朝、交通安全指導を行っている指導員の方々の研鑽のために、毎年行われています。

◆開会に当たり、阿部会長が挨拶し、「いつも安全指導をしていただき、ありがとうございます。今日は研修を聞いて、明日からの指導に役立てましょう」と述べました。
続いて、連町の吉田会長が、指導員への謝意を述べ、日が暮れる時間が早く、車を運転しにく
い時期になっていることに触れ、「今日は英気を養ってください」と挨拶。
次に、宮の森まちづくりセンターの吉田所長が挨拶に立ち、「日頃の活動に感謝申し上げます。
これから冬の厳しい季節を迎えますが、子どもたちの安全確保にご尽力をお願いします」と述
べました。
更に、東交通安全実践会会長が、指導員の活動に謝意を表明し、「冬道は路面状況が刻々と変
わります。車を運転する際は、余裕を持って早目の時間に出発し、制限速度より10キロ減速
することが必要です」と挨拶しました。

◆研修会では、中央区交通安全運動推進委員会の小浪事務局長が冬道の講演をしました。テーマは「冬道の交通安全」です。主な内容は次のとおりです。
・交通死亡事故の件数は、上位から、①愛知県、②北海道、③千葉県、この順になっています。
・札幌市内で発生した死亡交通事故を分析すると、歩行者が運転者から見て、右から左へ移動する場合に、自己が発生している割合が高い。
・交通事故の件数は、札幌市内で5,643件、うち中央区内1,050件です。
・ABSを過信してはなりません。特に氷の道においては、制動距離が長くなる傾向があります。
・統計的に12月は人身事故が多い月になっています。

◆この後、懇親会を開催(会費制)。指導員の方々は、受け持ちの学校での子どもたちの登校の様子、交通事故防止について、会話が弾んでいました。
2013-12-09 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森明和地区会館「大倉山」クリスマスの飾りつけ

dec6
◆平成25年12月5日(木)午後、宮の森明和会女性部の方々が、「宮の森明和地区会館」2階の「大倉山」でクリスマス用の飾りを付けてくれました。
 色とりどりのモール、シール、お手製のリースなどが飾られ、「大倉山」はクリスマスの雰囲気に包まれています。

dec2

dec3

dec1

dec5

dec7

dec8

dec4
◆これで、「まちセンコンサート」や「クリスマス会」など季節の行事を実施する舞台が整いました。
明和会女性部の方々に感謝申し上げます。
2013-12-06 : 「まちセン」から :
Pagetop

「ウインター スポーツ フェスタ in 大倉山」実行委員会の第1回会議が開かれました。

festa
◆平成25年12月5日(木)午後6時30分、中央保健センターにおいて、「ウインター スポーツ フェスタ in 大倉山」実行委員会の第1回会議が開催されました。
 このフェスタは、平成26年2月9日(日)に、中央区の地域資源である大倉山を冬の遊び場として活用し、地域・世代間の交流を深め、区民の地域参加を促進し、健康増進を図り、区民がウインタースポーツへの関心を高めることを目的として、大倉山ジャンプ競技場で行われます。
 従前は札幌振興公社と実行委員会が2日間にわたり別々の日に各自主催していましたが、今年度は両者が協力して、1日だけ開催することにしました。
 実行委員会は、中央区役所、株式会社札幌振興公社、中央区スポーツ推進委員会、宮の森大倉山連合町内会、宮の森大倉山地区青少年育成委員会、さっぽろ健康スポーツ財団、豊平川イカダ下りを愛する会、北翔大学で構成されています。

◆議題の主なものは次のとおりです。
① 実行委員会の規約制定

② 役員の選出
  委 員 長……川原眞人 札幌市中央区役所市民部長
  副委員長……柴田和永 札幌振興公社事業部長、桐生明 中央区スポーツ推進委員会会長
  監査委員……渡辺邦彦 宮の森大倉山地区青少年育成委員会会長

③ 事業概要
2月9日(日)午前9時30分から午後3時まで
・チューブ滑り
・ジャンプ台ツアー
・バックヤードツアーとナショナル・トレーニング・センターの栄養相談
・宝さがし
・雪あそびコーナー
・温かいスープ無料配布(宮の森大倉山連町と宮の森大倉山地区青少年連合会が担当)
・ウインタースポーツ体験コーナー(ゴルポッカ、スノーシュー)
・そり遊びコーナー(そり、幼児チューブすべり、竹スキー等)
・映像車による放映(NHKのご協力をいただき、ソチ五輪の様子等を放映)
・リフト・ミュージアムの無料利用券配布
・国連難民キャンペーンのブース

④ 予算
 市の補助金、札幌振興公社の負担金等を財源とする。

⑤ 今後のスケジュールについて
 広報さっぽろ、ポスターの掲示(地下鉄駅構内など)、チラシの配布(区内小学校、新聞への折込など)などで広報を行う。
 ポスターとチラシのデザインは、北海道造形デザイン専門学校の生徒によるもの。

⑥ 連絡事項
・地下鉄円山公園駅から大倉山ジャンプ競技場までを往来する「シャトルバス」の運行を予定。

◆次回の会議
 平成26年1月17日(金)午後6時30分、中央保健センター
2013-12-06 : 「まちセン」から :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会の定例役員会(12月)が開かれました。

◆平成25年12月3日(火)午後6時30分、「宮の森明和地区会館」の2階「大倉山」において、連町の役員会が開かれました。
司会は牧野副会長、議長は佐々木副会長。
主な内容は次のとおりです。

◆1 特別会員報告
(1)宮の森交番(欠席)
(2)宮の森消防出張所(池浦所長)
・12月1日から31日まで、歳末特別警戒の期間であり、パトロールの強化を行います。
・年末を控え、火を使う機会が多くなるので、取扱いに注意し、点検を怠らないでください。
・消火栓の除雪について、地域の方々のご協力をお願いします。区内にある消火栓の6割は地域の方々のご協力により、除雪をしていただいています。これからもよろしくお願いします。
・1月6日(月)に市民ホールで消防出初式を行います。屋内会場で行う初の試みです。
(3)宮の森中学校(小路校長先生)
・地域文化作品展の実施に際し、地域の方々にご協力をいただき、感謝申し上げます。
・格技場の新築工事を行っています。今年度内の完成を予定しています。
・インターネットを介したトラブルについて、校内で研修を実施。
・小学校を介して、地域の方々と触れ合うことを予定しています。
・積雪時期の登下校に注意します。今年度も安全な通学路を確保するため、歩道の除雪ボランティアを行います。
・3年生については、卒業に向けて進路指導を行っています。

◆特別報告(吉田所長)
 女性部副部長堀川京子さんの札幌市自治振興功労者表彰受賞に関し、11月19日(火)に行われた「札幌市主催の表彰式」と11月25日(月)行われた「受賞祝賀会」の様子を撮影した写真を、宮の森まちセン吉田所長がパソコンを用いて編集し、ナレーションを付けて上映して、連町の皆様にご報告しました。

◆2 会長報告
・最初に、吉田会長から堀川京子さんへ受賞のお祝いの言葉が述べられました。当地区では、昭和22年から宮の森明和会会長などを歴任された新山英二郎さんが平成6年に受賞して以来の功労賞受賞となったこと、新山さんも50年間にわたり活動されたこと、今回受賞した他の区の方々もやはり半世紀近くにわたり町内会役員を務めていることに触れ、「私も50年間会長を務めるとすれば、110歳になっています」とユーモアを交えながら祝意を表していました。
(1)やまなみ「押し花教室」修了式(11月18日、宮の森明和地区会館)
・修了書を47名に贈呈。教室の活動を支えたプロジェクトチームの9名に感謝状を贈呈。
・押し花作品展示会では、今年度も力作が多数展示されました。
(2)中央区西地区除雪連絡協議会(11月19日、宮の森明和地区会館)
・札幌市の除雪概要について、対象路線は約5,300㎞、除雪機械は1,000台、作業員は3,000人、経費は1億2,000万円。
・札幌市全体の予算は212億円、累計降雪量は627メートル、中央区の苦情の件数は4,134件(前年度の約2倍)。
・1月8日(水)、新学期が始まる前に、冬季通学路安全点検を行う予定です。
・土木部には、降った雪を除雪したり、排雪したりするだけでなく、その場で解決することができるような根本的な方策を講じるよう過去10年間求めていますが、なかなか実現には至っていません。
(3)平成26年度「中央区まちづくり会議」について
・テーマを一つ増やします。「防災」のほかに「市電沿線の活性化策」をテーマとします。
・年4回の総会を年2回にします。各テーマの部会を2、3回開催します。
・所属する部会については、また皆様とも検討したいと思います。
・今年の会議では、気仙沼小学校の伊東教頭先生に、東日本大震災が発生した後の避難所の運営についての体験談をしてもらいました。これは大変ためになるものでした。数年前にも宮の森中学校で伊東先生に講演をしてもらい、この講演を聴いた中学生が今では札南高校の生徒会長と副会長になって、防災に関する活動をしています。先日も、秋山財団の助成金により東北の被災地を訪問した結果を、環境を守る会の報告会において、発表してくれました。避難所運営以上のことを行っているので、これからも参考にしていきます。

◆3 会長日程
(1)12月 6日(金)午後6時 宮の森大倉山地区交通安全指導員会研修会(暖龍)
(2)12月12日(木)午後4時 中央区連合町内会連絡協議会「行政懇談会」(プリンスホテル)
(3)12月15日(日)午後1時30分 宮の森まちセンコンサート(宮の森明和地区会館)
(4)12月19日(木)午後1時30分 やまなみ「健康づくりセミナー③逆流性食道炎」(宮の森明和地区会館)

◆4 各部報告
(1)総務部(渡辺事務長)
①「堀川京子さん札幌市自治振興功労者表彰受賞を祝う会」を、11月25日(月)午後6時、宮の森ミュージアム・ガーデンで開催。岸区長ら44名参加。
②連合町内会役員会の新年会は、1月7日(火)役員会終了後、宮の森明和地区会館で行います。
(2)文化体育部(渡辺事務長)
・青少年育成委員会の主催による「お正月お楽しみ会」は1月5日(日)午前10時30分、宮の森明和地区会館で行います。おもちつきを行い、豚汁を作ります。
(3)社会福祉部(中山副部長)
①やまなみ「押し花教室」修了式を11月18日(月)に実施。中央区長、中央区社会福祉協議会高橋常務理事が来賓として出席しました。
②中央区福まち活動者研修会「集合住宅での見守り活動~孤立死防止を考える」が11月19日(火)が「かでる2・7」で行われ、町内会の役員や民生委員などが出席しました。
③やまなみ「健康づくりセミナー」(会場は宮の森明和地区会館)
2回目「かぜとインフルエンザにご注意」(11月25日(月)に実施。参加者25名)。
④やまなみ「健康づくりセミナー」(会場は宮の森明和地区会館)
3回目「逆流性食道炎」(12月19日(木)に予定)
⑤民生委員・児童委員委嘱状伝達式が12月2日(月)午後2時、中央区民センターにおいて行われました。当地区の定員は35人(うち主任児童委員は2人)であり、定年等により7人が交代しました。
⑥福祉除雪該当者(渡辺事務長)
今年度は60件(昨年度48件)
・単位町内会別内訳(昨年度)
❶東一2件(1)
❷東三1件(1)
❸北一2件(1)
❹北二3件(1)
❺北三2件(1)
❻中央8件(3)
❼明和12件(12)
❽荒井山10件(8)
❾こぶし5件(6)
❿円山西町15件(14)
・除雪協力員
業者35件、地域協力員25件 計60件
(4)防犯防火部
・なし。
(5)環境衛生部
・なし。
(6)女性部
・なし。
(7)健康づくり部
・なし
(8)交通安全部(堀川副部長)
・交通安全指導員会研修会を12月6日(金)午後6時、暖龍で行います。
(9)広報部
・なし。

◆5 各町内会・自治会から
①宮の森第一町内会
・11月14日に日帰り研修会を定山渓で行いました。
②宮の森中央町内会
・12月8日(日)、小鳩子ども会による「おもちつき会」を円照寺で行います。
・来年1月18日(土)、新年会を行います。
③宮の森明和会
・12月16日(月)、女性部によるクリスマス会を開催。
④荒井山町内会
・来年1月19日、新年会を行います。
・来年2月23日、そり大会を荒井山緑地で行います。
⑤円山西町町内会
・11月29日(金)、経済産業省が主催する高圧電線からの電磁波に関する講演会に参加した。講演会での説明によれば、今後積み重ねるデータの分析をまつところが大きいのですが、日本における現状ではWHOが定めた安全基準により安全が確保されています。
・札幌市市民まちづくり局が主催する、「町内会活動のヒント」の改訂版作成に係る会議に出席しました。今回は大学生が参加し、若い方々の意見も取り入れています。改訂版が出来上がったときは、皆様のご参考になさってください。
・12月23日(月・祝)、西円山病院と協力してペットボトルにキャンドルを入れて灯します。
・来年1月12日(日)、新年会を行います。

◆6 まちづくりセンターから
(1)ホット・キャンドル・プロジェクトで使用するキャンドルの購入申込みについて
・12月24日(火)までに、宮の森まちづくりセンターへお申込みください。
(2)町内会・自治会の加入世帯数調査について
・所定の様式にご記入の上、平成26年1月8日(水)までに、宮の森まちづくりセンターへご提出ください。
(3)宮の森まちセン コンサート
・12月15日(日)午後1時30分、当会館において「宮の森まちセン コンサート」を行います。子どもたちがバイオリンとチェロを演奏しますので、是非ご来場ください。入場無料。

◆7 事務局から
・なし。

◆8 その他
・1月9日(木)午前10時、幼児や小学生を対象として、「スノーフェスタ」が向陵中学校で行われます。

◆来月の役員会
・1月7日(火)午後6時開始。
役員会終了後、新年会を開催します。
2013-12-04 : 連合町内会 :
Pagetop

民生委員児童委員委嘱状伝達式が行われました。

min2
◆ 平成25年12月2日(月)午後2時、札幌市中央区民センターにおいて、札幌市中央区「民生委員児童委員委嘱状伝達式」が行われました。
民生委員は3年ごとに全国一斉に改選され、この12月1日が新たな任期のスタートです。

min3

min4
◆中央区内の民生委員児童委員の総数は345人。
そのうち宮の森大倉山地区の民生員の人数は35人です(民生委員33人、主任児童委員2人)。
この日の式では、地区ごとに民生委員全員のお名前が一人ずつ読み上げられ、各地区の代表者に中央区の岸区長から委嘱状が手渡されました。
宮の森大倉山地区の委員の方々も全員起立し、代表して中山会長が委嘱状を区長から受け取りました。

◆委嘱状を伝達した後、岸区長が挨拶し、「民生委員の皆様には、中央区の福祉向上という重責を担っていただくことに敬意を表します。家族をめぐる社会環境も変化し、安全・安心のまちづくりを進めるためには、地域の最前線でご活躍いただく皆様がたのご理解とご協力が不可欠です。今後も地域と行政のパイプ役としてご活動いただきますようお願い申し上げます」と述べました。

◆引き続き中央区連町連絡協議会の中山会長が挨拶に立ち、「これからも地域の福祉を推進するためにご協力をいただきたい」と述べ。
また、中央区社会福祉協議会の吉中会長も、民生員として活動されたご自分の経験にふれながら、「支援を要する方々の良き相談相手になっていただきますようお願いします」と述べました。

◆続いて、民生委員児童委員信条5か条を全員で唱和。
中央区役所の職員など関係者が紹介され、閉会となりました。

◆閉会後、宮の森大倉山地区の委員は、別室に移動。
移動後、早速、宮の森大倉山地区民児協の臨時会議を開きました。
宮の森まちづくりセンターの吉田所長の進行で、会議を開始。
会長選出についてはかったところ、前期に引き続き中山勉会長が満場一致で選ばれました。
その後は、中山会長の議事進行により、5人から成る役員選考委員会で作成した役員人事案が提案され、これも可決されました。

min5

min1
◆続いて、新役員紹介、新任委員7人の自己紹介が行われました。
次に、中山会長から「マニュアル」に基づき、委員名簿、分担区域、地区マップ、定例会の開催(原則として毎月1回第4火曜日)、会則などについて説明がなされました。
12月の定例会は、12月17日(火)午後3時30分、宮の森明和地区会館
1月の定例会は、1月28日(火)午後1時、宮の森明和地区会館
更に、今後の運営に関して、①子育てサロンの充実、②外部研修会への参加奨励、③委員間の日常活動交流などについて、方針が示されました。

◆宮の森大倉山地区民生委員児童委員協議会の新役員体制は、次のとおりです。
会 長  中山 勉さん (留任)
副会長  横田 雅浩さん(新任)
副会長  石橋 信子さん(新任)

◆民生委員35人の皆様には、これから新たな体制で、地域福祉の向上に努めていただきます。
今後も福祉の推進にご尽力いただきますようよろしくお願い申し上げます。
2013-12-03 : 「まちセン」から :
Pagetop

宮の森小学校で「スクールゾーン実行委員会」が開かれました。

◆平成25年12月2日(月)午前10時、宮の森小学校において、交通安全スクールゾーン実行委員会が行われました。この委員会は、同校の先生、PTAの方々、西警察署の警察官、町内会の会長、交通安全指導員、スクールガード、中央区役所の職員などで構成されています。

◆今回の委員会では、主として冬季通学路の安全確保について、話し合いがなされました。主な内容は次のとおりです。

◆安全教育
・交通安全指導
 各学期の始め5日間、校区内の交差点4か所で安全指導を実施しています。
 3学期も行います。
・交通安全教室
 今年7月2日、ヤマト運輸の協力を得て、グラウンドでトラックを実際に使い、内輪差のデモンストレーションを実施しました。
・集団下校訓練
 危険度のレベルに合わせて下校訓練を行っています。
 1学期と2学期に引き続き、3学期も実施します。

◆冬季通学路の安全確保について
〇冬期間の危険個所
①通称文化通り
②グリーン公園北側交差点
③3条4丁目と5丁目境の川を越えた交差点
④3条4丁目と5丁目、2条4丁目と5丁目の交差点
⑤山の手通り沿いの北洋銀行前の5叉路
⑥1条7丁目から9丁目までの区域
⑦シーアイマンション前(サンクス)交差点
⑧学校前交差点

〇冬期間の交通指導
・日常の指導実践として、狭い道での注意、つらら取り、雪玉作りに夢中にならないように、学年の実態に合わせて行っています。
・危険個所の④について、朝のラッシュ時に車が頻繁に通り、双方向に一時停止の標識はあるが、徐行のまま通過する車があります。
通学路としては、横断することを禁止し、宮の森24条通りに向かって歩くようにしています。
・危険個所の⑧について、学校独自に一時停止の標識を作り、日常指導しています。
・路面を随時確認し、必要に応じて砂をまくなどの対処をしています。
正面玄関内と温室内に砂を保管しています。
・児童に次のことを指導しています。
 青信号でも一度止まって確かめて横断
 斜め横断は危険
 あわてて渡ると滑って転ぶ
 横並びで幅を取っての歩行は危険
 つららとり、雪玉づくり、ぶつけ合い、ふざけ合いをしながらの歩行はダメ
 手袋をはこう。ポケットに手を入れて歩くのは危険。
 深雪でも大丈夫な靴を履こう。除雪されていない歩道もある。
 帽子をかぶろう。傘は危険。転んでも頭を保護。
 運転手に分かる身なりを。冬道でも目立つ色。反射板。

〇危険個所の改善要望事項
・山の手通りと北24条通りは、通学路として多くの児童が通るので、確実な除雪と排雪をお願いします。
・次の交差点での除雪と排雪をお願いしたい。
 危険箇所の③(宮の森3条5丁目・4条5丁目の交差点)
 危険個所の⑦
 危険個所の⑧
・歩道橋上の除雪と排雪
・危険個所の③での融雪剤の散布

◆冬の交通安全
 冬季通学路の安全点検を来年1月8日(水)午前9時15分から実施。児童の目線に立っての安全点検。

◆その他
・防犯の腕章とベストの購入

◆出席者からの意見
・昨冬は十二軒通りの歩道の除雪がなされず、児童は歩道の雪山を歩いて登校していました。危険なので、改善を求めます。
・土木センターによれば、十二軒通りの歩道については、除雪機を使った除雪ができないとの説明であるが、いっそのこと冬の間は、通学路の指定を外した方がよいのではないでしょうか。
・東光ストア、北海市場付近では、配送車両の出入りに注意することが必要です。
・北洋銀行の五差路では信号を無視して渡る歩行者がいます。
・不審者が出没しているので注意が必要です。
・子どもが、車の影から急に飛び出すことがあります。
・信号機が設置されていない横断歩道があります。横断しないように指導していますが、実際は渡っている子どもも見られます。
(西警察署)横断歩道を一度撤去すると、後に設置することは大変困難です。撤去を希望されるのであれば、地域、学校でよくお話合いの上で要望書を提出してください。信号機については、必要な個所には設置しますが、優先順位を考えなくてはならないものと思われます。

◆ 山谷校長先生のご挨拶
 冬場を迎えて、子どもの交通安全に十分注意を払わなくてはならない季節になりました。自分の命は自分で守ることを理解させ、児童を丁寧に指導していきます。

◆ 閉会
 佐藤教頭先生が、「冬道の通学路は盲点になっています。安全な通学路について、今後検討します」と補足し、午前11時に会議が終了しました。
2013-12-03 : 安全・安心 :
Pagetop

不審者にご注意!(西警察署からの配信)

▲平成25年12月2日(月)午後4時30分頃、中央区宮の森3条1丁目「宮の森くまのこ公園」付近で徒歩で帰宅中の小学生に対し、男が
「ちょっと手伝ってくれないか」
等と声を掛けてきました。
男は、年齢20から25歳位、身長170センチメートル、体格やせ型、黒色フード付フリースジャンパー、黒色系ズボンを着用しています。

▲最近では、中央区宮の森の
「宮の森ジャンボ公園」
「宮の森グリーン公園」
においても不審者が目撃されております。

▲不審者や不審車両を見かけたときは、その場から逃げて、『すぐに110番通報』をしてください。
配信:西警察署 666-0110
2013-12-03 : 安全・安心 :
Pagetop

平成25年12月のこよみ

◆平成25年12月の主な行事をお知らせします。

1日(日)
2日(月)民生委員児童委員委嘱状伝達式(午後2時、中央保健センター)
3日(火)宮の森大倉山連合町内会定例役員会(午後6時30分、宮の森明和地区会館)
4日(水)
5日(木)
6日(金)宮の森大倉山地区交通安全指導員研修会(午後6時、暖龍)
7日(土)

8日(日)宮の森小鳩子ども会おもちつき会(午前10時、円照寺)
9日(月)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)すこやか・げんき倶楽部(午前10時、宮の森会館)
14日(土)
15日(日)宮の森まちセンコンサート(午後1時30分、宮の森明和地区会館)

16日(月)宮の森明和会クリスマス会(午前10時、宮の森明和地区会館)
17日(火)
18日(水)すこやか・げんき倶楽部(午前10時、円山西町会館)
19日(木)やまなみ健康づくりセミナー「ご用心!逆流性食道炎」(午後1時30分、宮の森明和地区会館)
20日(金)
21日(土)

22日(日)
23日(月)天皇誕生日
24日(火)
25日(水)すこやか・げんき倶楽部(午前10時、宮の森明和地区会館)
26日(木)
27日(金)仕事納め(仕事始めは1月6日(月))
28日(土)

29日(日)
30日(月)
31日(火)
2013-12-02 : イベントカレンダー :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード