FC2ブログ

宮の森「まちセン」コンサートが開催されます

chirashi1

◆平成24年12月16日(日)午後1時30分、宮の森明和地区会館において、宮の森「まちセン」コンサートが開催されます。

◆演奏は、スズキ・メソード札幌支部宮の森教室でバイオリンとチェロのレッスンを受けている子どもたちです。

◆曲目は、二つのバイオリンのための協奏曲、白鳥など。

◆入場無料。お申込み不要。当日、直接会場にお越しください。
2012-12-10 : 文化・歴史 :
Pagetop

盤渓小学校のスクールゾーン実行委員会が開催されました

◆平成24年12月5日(水)午前10時、盤渓小学校においてスクールゾーン実行委員会が開催されました。
この委員会は、同小の先生、町内会の会長、同小同窓会の会長、札幌ばんけいバスの部長、PTAの方々により構成されています。
今回の委員会では、冬期間の交通安全確保について話し合いが行われました。

◆話し合われた内容の主なものは次のとおりです。
〇通学路の安全確保、除雪排雪について
・学校側からは、次の4点について要望がありました。
①校区通学路歩道、学校校門付近の除雪排雪、雪山・段差の解消
②ばんけいスキー場入口付近歩道の雪山解消と手押し信号ボタン付近の除雪
③盤渓峠天理教分教会から盤渓小学校に向かう道路200メートル区間
④旧盤渓会館付近の雪山の解消
・出席した土木センター職員からは、今年度もしっかり除雪排雪を行うと述べました。
・これに対し、校長先生からは、現状では保護者が天理教分教会付近で公道である歩道を除雪しているが、土木センターにおいて対応をしてほしい、と強く要望しました。

〇児童への交通安全指導について
・西警察署からは、次のとおり交通事故を防ぐための注意点があげられました。
①目立つように夜光反射材の利用をお願します。
②路面に注意し、足元を見ながらの歩行を行うことに加えて、車の動きにも注意してください。
③道路を横断する際は、横断歩道を必ず渡ってください。
また、信号機の設置については、維持管理に要する費用がかさむので、国の方針により減らす方向にあります、と補足説明がありました。

・同小の先生からは、次のとおりお話がありました。
これまで大きな事故なく過ごしています。信号の見方、横断歩道の渡り方、自転車の乗り方、雨の日の歩き方などを指導してきました。
冬道における交通安全指導のポイントは次の四つです。
①見通しが悪くなるので、注意すること。
②雪山で遊びながら歩かないこと。
③横断歩道の渡り方、信号での待ち方に注意すること。一歩下がって待つこと。
④バスへの乗車は、バスが完全にとまってから行うこと。

・中央区役所総務企画課の職員からは、児童への指導に当たり、交差点でも一歩下がって待ち、青信号でも飛び出さないように注意してほしいと述べました。
自分の身は自分で守ることが原則ですが、このような実行委員会を通じて、交通事故の原因、対策について周知を図りたいと考えています。

・ばんけいバスの部長からは、次の3点について、児童を指導してほしい旨が述べられました。
①乗車時は、バスの中につめて乗るようお願いします。
②定期券の落し物があります。
③足元が氷で滑りやすくなっているので、バスが完全に止まるまで近づかないでください。
・PTAの方々からは、交通安全について、繰り返し児童を指導していきますと述べました。
我満PTA会長からは、「交通安全は生涯対応しなくてはならない問題です。危険を事前に想像して予測し、事故に遭わない能力を身につけさせることが大切」と話しています。

◆これから本格的な冬の季節を迎えます。
登下校時と冬休み期間中の交通事故に十分気を付けてください。
2012-12-06 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会の定例役員会(12月)が開かれました

◆平成24年12月4日(火)午後6時30分、宮の森明和地区会館の2階大倉山において、連町の役員会が開かれました。
司会は牧野副会長、議長は佐々木副会長。
話し合われた主な内容は次のとおりです。

◆1 特別会員報告
(1)宮の森交番(欠席)
(2)宮の森消防出張所
・12月1日から31日まで、歳末特別警戒の期間であり、パトロールの強化を行います。
(3)宮の森中学校
・10月23日と24日に2年生の職場体験、24日に3年生の職場訪問を行いました。
・吹奏楽部は全市大会で金賞を受賞し、全道大会に進出して銀賞を受賞しました。
・科学部が応募した論文は賞を受けました。澤井君が中心に研究してまとめた論文「スライムができるメカニズムの考察」は、最高賞である北海道知事賞を受賞。
田中君を中心としてまとめた論文「水ロケットの研究」は読売新聞社賞を受賞しました。

◆2 会長報告
(1)宮の森音楽祭(11月10日宮の森小)
・おとのわの最終楽章。演奏、合唱ともに素晴らしいものでした。旭ヶ丘高校の合唱部による合唱は壮観でした。
(2)やまなみ「押し花教室」修了式(11月19日)
・修了書は54名に贈呈。教室の活動を支えた10名に感謝状を贈呈。
(3)中央区除雪連絡協議会(11月20日)
・パートナーシップ除雪の申込み受付は、12月25日から1月11日まで。
・区内の雪捨て場は南22条、盤渓を予定。
・土木部には、地区の積雪の実情を理解し、それを汲み上げてほしいと思います。
(4)「土砂災害とその備え」学習会(11月22日)
・土砂災害特別警戒区域においては様々な厳しい規制がしかれます。
(5)中央区福まち活動者全体研修会(11月28日エルプラザ)
・研修の講師によれば、見守りをして助け出すことが大切であり、助けを求めて他人に迷惑をかけましょう、とのことでした。
・助けられ上手も大切であることが印象に残りました。
(6)札幌市除雪安全推進会議(12月3日経済センター)
・全市の町内会長を代表してあいさつし、安全かつ確実な除雪を要請しました。

◆3 会長日程
(1)12月13日(木)午後4時 中央区行政懇談会(プリンスホテル)

◆4 議題
(1)「FISジャンプワールドカップ2013札幌大会」歓迎キャンドルの作製と設置について
・日時 
平成25年1月19日(土)午後4時から8時まで
・設置個所
宮の森2条16丁目から大倉山ジャンプ競技場までの約700メートル
・かかる経費
札幌スキー連盟が負担。
・ペットボトル(2リットル)を収集
各町内会から20~50本位。12月28日(金)までに、宮の森明和地区会館へお持ちください。
・キャンドル製作作業
平成25年1月17日(木)午後1時から5時まで、宮の森明和地区会館において、ペットボトルに色を塗ります。
・設置作業
平成25年1月19日(土)午後1時30分から行いますので、ご協力をお願いします。
・詳細については、荒井山町内会とこぶし自治会の会長と協議の上、進めます。

◆5 各部報告
(1)総務部
・新年会は、1月8日(火)役員会終了後、宮の森明和地区会館で行います。
(2)文化体育部
・青少年育成委員会主催「お正月お楽しみ会」は1月6日(日)午前10時30分に行います。おもち入りの豚汁を予定しています。
(3)社会福祉部
・やまなみ「押し花教室修了式」を11月19日に実施。
・やまなみ「健康づくりセミナー」
1回目「保険証と健診」のお話(11月15日(木)に実施済み。参加者50名)
2回目「薬の飲み合わせ」について(11月26日(月)に実施済み。参加者32名)
3回目「気をつけよう!血管、めまい、肩こり、手のしびれ」(12月17日(月)に予定)
・福祉除雪該当者
今年度は48件(昨年度49件)
・単位町内会別内訳(昨年度)
①東一1件(1)
②東三1件(1)
③北一1件(1)
④北二1件(1)
⑤北三1件(1)
⑥中央3件(4)
⑦明和12件(12)
⑧荒井山8件(8)
⑨こぶし6件(7)
⑩円山西町14件(14)
・除雪協力員
業者19件、地域協力員29件 計48件
(4)防犯防火部
・「土砂災害とその備え」学習会
○最近は短時間に大量の雨が集中的に降る傾向があり、土砂災害を引き起こす可能性があるので、気象情報にも注意することが必要です。
○気象の状態により、札幌市が避難勧告、避難指示を発令します。
○琴似川は氾濫源となる可能性があるので、注意が必要です。
(5)環境衛生部
・クリーン札幌表彰式・研修会が12月1日(土)市民ホールで行われました。当地区から表彰の該当者はいませんでした。
(6)女性部
・中央区連町女性部連絡会議・研修会が11月8日と9日に定山渓ビューホテルで行われました。
・大倉山でのウインターフェスティバルの打合せが行われました。昨年度と異なり、今年度、スープは屋内で配る予定です。
(7)健康づくり部
なし
(8)交通安全部
・交通安全指導委員研修会が11月9日(金)に行われました。
・交通安全関係団体合同研修会・懇談会が11月22日にロイトン札幌で行われました。
・11月21日、冬の交通安全運動の街頭啓発がテレビ塔の近くで行われました。
(9)広報部
なし。

◆6 各町内会・自治会から
①中央町内会
・12月2日(日)、小鳩子ども会によるおもちつき会が行われ、13臼つきました。
・12月13日(木)、除雪委員会を開催。
②明和会
・12月10日(月)、女性部によるクリスマス会を開催。
③円山西町
・11月10日(土)、健康フェスタを実施。
・12月15日(土)、除雪説明会。
・12月24日(月)、ペットボトルキャンドル。
・1月13日、新年会。

◆7 まちづくりセンターから
(1)ホット・キャンドル・プロジェクトで使用するキャンドルの購入申込みについて
・12月25日(火)までに、宮の森まちセンへお申込み。
(2)町内会・自治会の加入世帯数調査について
・所定の様式にご記入の上、平成25年1月9日(水)までに、宮の森まちセンへご提出願います。
(3)ウォームシェアへのご協力依頼
・札幌市では、節電とエネルギーの節約を図るため、冬の期間、家を出て地域の方々が集い、温かさを分かち合う
ウォームシェアの取組を進めます。
この取組を進めるに当たり、ウォームシェアのロゴを回覧チラシなどに掲載させていただきたいので、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

◆8事務局から
なし。

◆9その他
・1月9日、スノーフェスタが向陵中学校で行われます。

◆1月の役員会は、1月8日(火)午後6時から。役員会終了後、新年会を開催します。

2012-12-05 : 連合町内会 :
Pagetop

宮の森小学校でスクールゾーン実行委員会が行われました

◆平成24年12月3日(月)午前10時、宮の森小学校において、交通安全スクールゾーン実行委員会が行われました。この委員会は、同校の先生、PTAの方々、西警察署の警察官、町内会の会長、交通安全指導員、スクールガード、中央区役所の職員などで構成されています。

◆今回の委員会では、主として冬季通学路の安全確保について、話し合いがなされました。主な内容は次のとおりです。

◆安全教育
・交通安全指導
 各学期の始め5日間、校区内の交差点4か所で安全指導を実施しています。
・交通安全教室
 ヤマト運輸の協力を得て、グラウンドでトラックを実際に使い、内輪差のデモンストレーションを実施しました。
・集団下校訓練
 危険度のレベルに合わせて下校訓練を行っています。

◆冬季通学路の安全確保について
〇冬期間の危険個所
①通称文化通り
②グリーン公園北側交差点
③3条4丁目と5丁目境の川を越えた交差点
④3条4丁目と5丁目、2条4丁目と5丁目の交差点
⑤山の手通り沿いの北洋銀行前の5叉路
⑥1条7丁目から9丁目までの区域
⑦シーアイマンション前(サンクス)交差点
⑧学校前交差点

〇冬期間の交通指導
・日常の指導実践として、狭い道での注意、つらら取り、雪玉作りに夢中にならないように、学年の実態に合わせて行っています。
・危険個所の④について、車が頻繁に通り、双方向に一時停止の標識はあるが、徐行のまま通過する車があります。
通学路としては、横断することを禁止し、宮の森24条通りに向かって歩くようにしています。
・危険個所の⑧について、学校独自に一時停止の標識を作り、日常指導しています。
・路面を随時確認し、必要に応じて砂をまくなどの対処をしています。
正面玄関内と温室内に砂を確保しています。

〇危険個所の改善要望事項
・山の手通りと北24条通りは、通学路として多くの児童が通るので、確実な除雪と排雪をお願いします。
・次の交差点での除雪と排雪
 宮の森3条5丁目・4条5丁目の交差点
 危険個所の⑦
 危険個所の⑧
・歩道橋上の除雪と排雪
・危険個所の③での融雪剤の散布

◆予算の使途
・交通安全の腕章を購入し、新入学児童の保護者に配布
・学校での交通安全指導の際に着用するベスト(オレンジ色の蛍光色)の購入

◆出席者からの意見
・グリーン公園での工事車両、この公園をはさんだマンション建築の工事車両に注意しなくてはなりません。
ダンプトラックは1日70往復をしており、この状態は12月いっぱい続くものと思われます。
・東光ストア、北海市場付近では、配送車両の出入りに注意することが必要です。
・危険個所の④については、年に2、3件の物損事故があります。
(西警察署)信号機の設置については、1機当たり600万円程度の費用がかかります。現在、国の方針により、信号機の設置を減らす傾向にあります。
必要な個所には設置しますが、優先順位を考えなくてはならないものと思われます。
2012-12-04 : 安全・安心 :
Pagetop

小鳩子ども会の「おもちつき会」が行われました

mochi2

mochi3

mochi5

mochi4

mochi1

◆平成24年12月2日(日)午前10時、宮の森小鳩子ども会の主催による「おもちつき会」が円照寺(北4西28)で行われました。この会は、子どもたちがおもちつきを体験し、ついたお餅を試食することにより、日本伝統の食文化、伝統行事を伝承するとともに、参加する子ども同士の交流、もちつきを指導する大人と子どものふれあい深めることを目的として、毎年行われています。今回のおもちつき会には地域の方々200人程度が参加しました。

◆前日から未明にかけて、雪が降ったので、出足が心配されましたが、「時間がたつにつれて参加する子どもの数が増えてきたので、安心しました」と子ども会の高橋代表は話していました。子どもたちは大人の指導を受けながら、実際に杵と臼を使ってもちつきを体験。ついたおもちは調理し、お汁粉、お雑煮にして皆で食べました。子どもたちは「つきたてのおもちはおいしい」と言いながら、おかわりをしていました。また、折り紙の教室も同時開催し、指導を受けながら、折り紙でこま、花、飛行機などを作りました。
2012-12-03 : 「まちセン」から :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード