FC2ブログ

中央区クリーンさっぽろ衛生推進協議会の施設見学会が行われました

◆平成24年9月11日(火)、クリーンさっぽろ会議の施設見学会が行われました。
この見学会には区内の4連町の方々が参加。中央清掃事務所の職員4人と合わせ、一行は総勢80人となりました。宮の森大倉山地区からは、吉田所長を含めて11名が参加しています。
◆一行は札幌サンプラザのバス2台に分乗し、午前9時30分頃、中央区民センターを出発。10時頃、白石清掃工場に到着しました。工場内を見学する前に、会議室において、担当の係長から説明を受けました。
この工場は平成14年6月に稼働し、その特徴は、①1基当たり300トン廃棄物を処理可能な焼却炉が3基あること、②焼却によるタービン発電で、3万キロワットを発電し、この電力は約75,000世帯への供給分に相当すること(売電により昨年度は3億6,000万円の収入があった)、
③焼却灰は高温で溶かして金属などを取り出し、取りだした金属を売却していること、④焼却によるダイオキシンの発生を抑えるための装置を設けていること、⑤職員約70人で運転していること、などが説明されました。この説明の後、職員の案内により、工場内を見学。工場の内部は非常に静かで整然としています。
ピットの様子、中央制御室でのコンピューターによる焼却のコントロールの様子などを見ました。11時30分頃、バスに乗って白石工場を後にしました。
◆正午頃、札幌サンプラザに到着し、昼食をとりました。午後1時、再びバスに乗り、東区の中沼リサイクル団地に向かいました。1時30分頃、札幌市中沼プラスチック選別センターに到着。このセンターには、市内で収集されたプラスチックが持ち込まれています。ここでの工程は、①プラスチックの選別(手作業、機械)
⇒②圧縮⇒③梱包となっています。取り扱うプラスチックは年間約3万トン。梱包されたプラスチックは、新日鉄室蘭などに売却しています。一行は選別作業の様子などを見学しました。
◆続いて、2時20分頃、近くにある中沼資源選別センターを訪問。このセンターは、一般財団法人札幌市環境事業公社が運営しており、平成10年10月1日に稼働。市内で収集された①びん、②缶、③ペットボトルを選別しています。①びんは、手作業により、無色、茶色、その他に選別されます。②缶は、磁石の機械により、スチールとアルミに選別されます。
③ペットボトルは、リサイクルマークの△の中に1と書かれた物を選別しています。この施設では、1日当たり85トンを処理しており、その7割はリサイクルされているそうです。3時過ぎに見学を終え、このセンターから出発しました。
◆見学会に参加した方は、「選別を手作業で行っているのを見て、大変な労働であることが分かった。家のごみは、これからも気を付けて選別します」、「ごみの選別への関心を高めるために、市民は工場や施設を一度は見学すべきです」と話していました。
2012-09-18 : 「まちセン」から :
Pagetop

本郷新の彫刻を洗っていただきました

tori3

◆平成24年9月14日(金)午前10時、町内会である宮の森明和会の吉田会長、阿部さん、斉藤さんに、宮の森明和地区会館の前にある本郷新の彫刻作品「鳥を抱く女」を、洗っていただきました。
◆皆さんは、それぞれ洗剤を使ってブラシやスポンジで丁寧に洗浄。最後に油を塗って仕上げました。彫刻は本来の重厚感を取り戻しました。

tori2
2012-09-14 : 「まちセン」から :
Pagetop

自衛隊協力会の3地区合同一泊研修が行われました

◆平成24年9月6日(木)と7日(金)、自衛隊協力会の円山分会、南円山分会、宮の森大倉山分会が合同で一泊研修会を行いました。各分会の会員と各地区のまちセン所長を合わせて36名が参加し、自衛隊の駐屯地を訪問して研修を行いました。
◆1日目
・午前8時45分、円山会館に集合。9時、バスに乗り、東千歳駐屯地へ向けて出発しました。
・10時30分、東千歳駐屯地に到着。ここは大規模な駐屯地です。バスに乗って移動しなくてはならないくらい広い敷地です。最初に資料館を訪問し、この駐屯地の歴史について説明を受けました。その後、館内を歩いて旧軍の資料などを見学しました。引き続き、戦車、装甲車などを見ながら、自衛官の説明を受けました。
・昼食後、駐屯地内を回り、午後12時45分、駐屯地を出発。高速道路にのって、東へ進みました。
・午後4時過ぎに、池田町のワイン城に到着して見学。ワイン城を後にし、午後5時頃、十勝川温泉のホテルに着きました。
◆2日目
・午前9時45分、ホテルを出発。
・10時45分、鹿追駐屯地に到着。ここは戦車隊がある駐屯地です。広報担当の自衛官から、配備されている戦車の性能、隊の規模などについて、説明を受けました。引き続き、昼食をはさんで、資料館を訪問し、旧軍時代の資料、現在の自衛隊が使用している資機材などを見学しました。
・訪問を終えてバスに乗り、12時に鹿追駐屯地を出発して札幌へ向かいました。
・午後5時、円山会館に無事に到着し、全ての日程を無事に終えて解散しました。
2012-09-10 : 「まちセン」から :
Pagetop

連合町内会の定例役員会(9月)が開催されました

◆平成24年9月4日(火)午後6時30分、宮の森大倉山連合町内会の定例役員会が、宮の森明和地区会館2階の大倉山において、開催されました(議長牧野副会長、司会佐々木副会長)。主な内容は次のとおりです。
◆特別会員報告
・宮の森消防出張所からは、①未明に発生した雷の影響によるものと思われるが、報知機が作動したので、本日、市内で消防士が出動しています、②8月26日(日)に行われた「防災フェスティバル」に地域から多数の方々が参加し、HBCテレビでも放送されて成功裏に終了したことについて、感謝の言葉が述べられました。
・(牧野副会長)倒れた消火栓を近所で見つけたので、宮の森消防出張所に連絡したところ、素早く対応していただきました。ありがとうございます。(宮の森出張所)倒した消火栓の復旧費用は、倒した人が負担します。消火栓は、倒れても水が噴き出さないような仕組みのものに転換してきています。
・大倉山小学校の中村校長先生が、同校では「世界に目を開き、明るく伸びていく子」を育てることを目標として掲げており、この目標を実現するため、①1年生から外国語の学習を授業に取り入れていること、②登下校時における児童の安全を確保するため、地域の方々と連携して見守り活動を実施していること、③児童の体力を増すため、荒井山緑地を利用して授業を行っていることなどを説明しました。また、他人との関わりを作りながら成長していこう、と全校朝会で確かめたことを述べられました。
◆会長報告
・8月10日の「第2回西警察署見守り活動ネットワーク連絡会」(ちえりあ)⇒この会は、西署、町内会、社協、西区などが中心となって高齢者と子どもの見守りを行っています。①子どもに対する痴漢行為、つけまわしなどの行為が行われていることが報告されました。JR琴似駅前でも被害がありますが、宮の森においても報告がなされているので、注意をお願いします。②孤立死を防ぐためのNPO法人シーズ・ネットによる活動が報告され、むしろ孤立して暮らすことを希望してマンションやアパートで暮らすことがいることも話されました。宮の森大倉山地区では、8月以降5人の孤独死がありました。ほとんどがマンション、アパート暮らしであり、中には夫婦で亡くなっている例もありました。外側から見ても分かるように、毎朝配達される新聞を家の中に入れるのではなく、外に置くことも一つの方法ではないかと思われます。
・8月26日の「防災フェスティバル」(宮の森小学校)⇒無事に終了しました。皆様のご協力に感謝申し上げます。
・9月3日の「中央区防災訓練」(伏見小サブグラウンド)⇒電車事業所の屋上で、自衛隊のヘリコプターによる救助活動は日頃の訓練の成果がよく出ていたので、思わず拍手をしたくなりました。会場で展示されていた防災資機材の中で、印象に残った物が二つあります。①「防災カメラ」は、がれきの中で7m延ばして使うことができ、話しもすることができるものです。②がれきの中から、アンモニアと二酸化炭素を検知することができる機器を見ました。この機器をがれきの中に入れ、アンモニアが検出された場合は、がれきの下にいる人は死んでいる可能性があり、二酸化炭素が検出されれば生きていることが分かる、というものです。
◆会長日程
・9月12日(水)10時00分 高齢者の福祉・健康づくり教室(宮の森明和地区会館)
・9月12日(水) 6時00分 連町防火委員会(宮の森明和地区会館)
・9月19日(水) 9時50分 宮の森中陸上競技会(総合グラウンド)
・9月19日(水) 1時40分 福まち活動写真コンクール表彰式(かでる2・7)
・9月19日(水) 1時55分 地域福祉市民活動フォーラム(かでる2・7)
・9月21日(金)10時15分 秋の交通安全街頭啓発(大倉山小)
・9月22日(土) 2時30分 避難所宿泊体験会(宮の森小)
・9月29日(土) 9時00分 地域文化作品展(宮の森中)
◆議題
9月22日(土)、23日(日)に宮の森小で行う「避難所宿泊体験会」について、吉田所長から、次のとおりの案が説明され、承認されました。
・1日目⇒①避難所の開設、②消防署による救急救命講習、③災害対応ゲーム、④給食給水訓練、⑤非常食の試食体験、⑥防災DVDの放映、⑦アトラクション、⑧宿泊訓練
・2日目⇒①ラジオ体操、②非常食の試食体験、③反省会、④避難所閉鎖
◆各部報告
①総務部⇒なし。
②文化体育部⇒①青少年育成委員会では、9月8日(土)に「JR苗穂工場の見学会」を予定しています。②宮の森中「地域文化作品展」が9月29日(土)9時から1時まで行われます。
③社会福祉部⇒①高齢者の福祉・健康づくり教室(9月12日)「胃がん・大腸がんと食生活」、(10月3日)「骨粗しょう症と転倒予防」を行うので、各町内会からの参加をお願いします。②「福まちのフォーラム」が9月19日に行われますが、集合住宅での見守り活動をテーマとしているので、マンションを抱えている町内会の方々の参加をお願いします。締切りは9月10日。③知的障がい者の見守りについて、中央区からの依頼が民生委員に対してありました。中央区内では担当の民生委員が見守りを行っています。④無縁物故者について、民生委員も参列してお盆に法要を行いました。
④防犯防火部⇒①「防災フェスティバル」については、8月26日(日)に宮の森小で行われましたが、第1部の発災型防災訓練には270名(前年比20名増)、第2部の防災アトラクションには650名(前年比50名増)がそれぞれ参加しました。ご協力ありがとうございました。関係者にお礼状を送っています。②第3回防火委員会を9月12日(水)午後6時から宮の森明和地区会館で行うので、関係委員の参加をお願いします。
⑤環境衛生部⇒①中央区クリーンさっぽろ役員会が8月23日(木)区民センターで行われました。②9月11日(水)に「ごみ処理施設見学会」が行われます。11名が参加します。
⑥女性部⇒①明日9月5日に食改伝達料理講習会が宮の森明和地区会館で行われます。62名が参加を予定しています。②胃がん・大腸がん検診について、3会場で合計92名の受診。③10月10日、中央区みんなの講演会が教文小ホールで行われます。今年は昨年に引き続き、パネル展を行います。9月7日と26日に事前の打合せ会があります。
⑦健康づくり部⇒10月26日(金)に第3回健康づくりウオーキング兼ノルディックウオーキングを行います。
⑧交通安全部⇒①9月21日(金)秋の交通安全運動街頭啓発を大倉山交差点で行います。②8月22日に宮の森小前で、臨時街頭啓発を行いました。③10月16日、17日、19日に、西高の自転車通学生徒を対象とした啓発活動を行う予定です。
⑨広報部⇒連町ニュース第30号を10月1日に発行する予定です。
◆各町内会から
・北2町内会 「みんなでおはよう宮の森」300人、400人が参加しました。(8月7日)七夕まつりでは、盤渓の阿妻会長、中央町内会の松田さんに太鼓をたたいていただき、太鼓の音を聞いて多数の方々が集まりました。
・ステイツ自治会 マンションの大規模修繕が8月31日で終了しました。近隣の方々のご協力に感謝します。
・荒井山町内会(9月19日)宮中の競技会を見る予定。宮中の文化作品展にも70点以上を出品します。
・こぶし自治会(9月15日)宮の森シャンツェに至るまでの道路わきに不法投棄が行われているので、一斉清掃を行います。宮中の文化作品展に出品します。 
・明和会(9月18日)石狩太美まで研修旅行を行います。
・円山西町町内会(8月11日と12日)夏祭りは大盛況でした。(9月19日)宮中の競技会を見る予定。など
◆まちづくりセンターから
・高齢者の福祉・健康づくり教室(9月12日)「胃がん・大腸がんと食生活」、(10月3日)「骨粗しょう症と転倒予防」を宮の森明和地区会館で行います。町内会の方々へお声掛けをお願いします。
◆事務局から
・平成24年度赤い羽根共同募金へのご協力をお願いします。募金の納期限は12月中旬がめどです。
◆その他
・(牧野副会長)宮の森大倉山地区の交通安全指導員4名が、長年交通安全にご尽力いただいたことにより、西交通安全協会の会長表彰を受けました。
◆10月の役員会は、10月9日(火)午後6時30分に開催を予定しています。
2012-09-10 : 連合町内会 :
Pagetop

「やまなみ」健康づくりセミナー企画会議が開催されました

◆平成24年9月4日(火)午前11時、宮の森大倉山地区福祉プラザ「やまなみ」の健康づくりセミナー会議が、宮の森明和地区会館の2階三角山で開催され、テーマや講師などについて話し合われました。
◆出席者
・やまなみ⇒吉田会長、東健治様(東恵子副会長の代わりに出席)、中山副会長、牧野副会長、渡辺会計長
・第2地域包括支援センター⇒橋場社会福祉士、仲山社会福祉士
・介護予防センター宮の森⇒奥寺介護支援専門員
・中央区役所⇒保健福祉課 染谷保健師、健康・子ども課 荒井主査、越智保健師、宮の森まちセン吉田所長 (保健福祉課 中本係長は欠席)
◆テーマ、日程、講師など主な会議内容は次のとおりです。
①薬の飲み合わせ(11月に薬剤師を招いて行う予定)
②保険証と健診(11月15日に本市職員等を招いて行う予定)
③血管、めまい、肩こり、手のしびれ(12月に医師を前いて行う予定)
◆テーマ、日時などの詳細については、決まり次第、チラシを回覧してお知らせする予定です。ご期待ください。
2012-09-10 : やまなみ :
Pagetop

「やまなみ」正副会長会議が開催されました

◆平成24年9月4日(火)午前10時、宮の森大倉山地区福祉プラザ「やまなみ」の正副会長会議が、宮の森明和地区会館の2階三角山で、開催されました。
◆出席者
 吉田会長、東健治様(東恵子副会長の代わりに出席)、中山副会長、牧野副会長、渡辺会計長、吉田所長
◆会議で話し合われた内容の主なものをご紹介します。
・7月に実施された「やまなみ探検会」は、恵庭市のえこりん村を初めて訪問したことから、参加者が多数に上り、好評でした。
・10月13日(土)と14日(日)に「やまなみ 押し花展示会」を、宮の森明和地区会館で行います。今回は20回を迎えるので、これを記念する開会式を行うことを予定しています。
・広報誌「やまなみ便り」は今年度2回発行する予定。
2012-09-10 : やまなみ :
Pagetop

福祉・健康づくり教室に参加してみませんか

chirashi1

◆連合町内会では、次のとおり「福祉・健康づくり教室」を開催します。
是非ご参加ください。参加無料。
◆①テーマ「胃がん・大腸がんと食生活」
・日時 9月12日(水)午前10時~11時30分頃
・講師 中央区役所保健福祉部 健康・子ども課 保健師 越智 麻奈 様
・会場 宮の森明和地区会館(宮の森2条11丁目1-3)
・内容 がんの症状、気を付けたい食べ物などについて、分かりやすく説明します。
○ 大腸がんを予防する「かんてん」のお話もあります。
⇒受講者には、かんてんぱぱ「伊那食品工業」のかんてん粉末をプレゼント!
・申込み締切り 9月10日(月) 
宮の森まちづくりセンター(電話644-8760)へ

◆②テーマ「骨粗しょう症と転倒予防」
・日時 10月3日(水)午前10時30分~12時頃
・講師 中央区第2地域包括支援センター
     社会福祉士 橋場 紅子 様、 社会福祉士 仲山 ひとみ 様
    中央区介護予防センター宮の森 
     介護支援専門員 奥寺 泰子 様
    中央区役所保健福祉部 保健福祉課 保健師 染谷 聡子 様
・会場 宮の森明和地区会館(宮の森2条11丁目1-3)
・内容  年を重ねてからも骨量の減少を抑えることが大切です。
     雪の季節がくる前に、転倒予防のコツを学んでみませんか。
・申込み締切り 9月28日(金) 
宮の森まちづくりセンター(電話644-8760)へ

◆主催:宮の森大倉山連合町内会 
共催:宮の森大倉山地区福祉プラザ「やまなみ」
2012-09-05 : 「まちセン」から :
Pagetop

伝達料理講習会が行われました

◆平成24年9月5日(水)午前10時、宮の森明和地区会館の2階大倉山において、「伝達料理講習会」が開催されました。この講習会は、中央区食生活改善推進員協議会の宮の森地区の方々が、宮の森大倉山連合町内会女性部のご協力を得て、毎日の食生活を向上させて健康の増進を図ることを目的として、毎年実施しています。今回は地域の方々約60名が受講。講習会では、①講演、②健康講話、③試食、これら三つが行われました。
◆①の講演では、札幌医科大学医学部教授森満先生を講師としてお招きし、「がん予防の現状と最近の話題」と題してご講演をしていただきました。森先生は、がんのリスクを下げる物として、①発がん抑制物質(葉酸、カロテノイドなど)、②抗酸化物質(ビタミンC、Eなど)③食物繊維などを挙げていました。森先生の説明は大変分かりやすく、受講者は熱心にメモをとっていました。
koshukai1

◆②の講話では、中央保健センターの管理栄養士である中澤祥子職員が、手を使って食材の量や大きさを測る方法について説明しました。
koshu2

◆講演の後は、③試食会です。今回のお料理は、「野菜たっぷりドライカレー」「キャベツのスープ」「赤シソジュース」です。残暑が厳しいこの時期に、カレーはまさにふさわしい料理です。
koshu3

koshu4

◆意義深い講演を聞き、美味しい料理を食べて、皆さん大変満足して会場を後にしました。
2012-09-05 : 「まちセン」から :
Pagetop

中央区役所による防災訓練が行われました

◆平成24年9月3日(月)、厳しい残暑の中、午前9時30分、伏見小学校のサブグラウンドで、中央区防災訓練が行われました。この訓練は、中央区役所が主催して毎年行っており、中央区役所と防災関係機関、事業所、各種団体、地域住民の連携により、防災協働型社会の実現、災害に強いまちづくりの推進を図ることを目的としています。今回は、地震の発生を想定した訓練であり、約800名の方々が参加しました。宮の森大倉山地区からはおよそ10名の方々が参加しています。
group6

◆区内の連合町内会からの参加者は、7グループに分かれて各種の訓練を行いました。宮の森大倉山地区の方々は第6グループ。当地区の方々が行った訓練を順に紹介します。
・水防工法訓練(土のうを作成し、積みました)
sandbag1

sandbag2
 
・ロープ結策、応急担架作成訓練(命綱の結び方、毛布と棒で担架を作成する訓練)
rope

tanka

・自衛隊の人命救助資機材も見ました。
SDF3

SDF4

・倒壊家屋救出訓練(地震で倒れた家屋から人を救出する訓練、土砂に埋まった人を助け出す訓練)
house

dosha

・最後に、地域の方々全員がバケツリレーによる消火訓練を行いました。
relay

◆日赤の方々による炊き出しの訓練も行われました。
rice

◆自衛隊員が、電車事業者の建物の屋上からヘリコプターで人を救助する訓練も行われました。
SDF2

◆この日は時間がたつに連れて、暑さが一層厳しくなってきたので、予定を少し早め、11時40分頃に訓練を終了しました。
2012-09-05 : 「まちセン」から :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード