FC2ブログ

花をいただきました

1 2
■平成24年3月14日(水)に地域のお住まいの方から、「かわいいお花」をいただきました。
■大切に飾ってあります。ありがとうございました。
2012-03-15 : 「まちセン」から :
Pagetop

宮の森大倉山福祉プラザ「やまなみ」が市長表彰を受けました

1 2

■宮の森、円山西町、盤渓地区にお住まいの皆さんのために、福祉的活動を中心としたさまざまな事業を行っている「宮の森大倉山福祉プラザ『やまなみ』」が、高齡者の外出促進、仲間づくりによる安否確認、子育てサロンや健康づくり講座の開催などの功績を認められ、第4回札幌市ぬくもり・すこやか表彰を受賞しました。
■この賞は、保健福祉分野における市民活動において、他の模範となるような実績を上げた個人・団体を対象として贈られるものです。
■表彰式は、平成24年3月14日(水)に行われ、吉田会長が渡部副市長から表彰状を受け取りました。
■皆さん、本当におめでとうございます。
2012-03-15 : やまなみ :
Pagetop

DIG&地震体験会が開催されました

1 20

■平成24年3月14日(水)9時30分から、「~あなたの命を守るのは、あなた自身です!~DIG&地震体験会」が開催されました。
■この企画は、東日本大震災から1年が経過しましたが、大震災の教訓を風化させないとともに、被災された方々へのお見舞いとお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすることを目的として、宮の森大倉山連合町内会が企画したものです。
■午前中は、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、DIGを行いました。
■宮の森まちづくりセンター所長が講師となって、まず、東日本大震災や地震について学び、その後、地図を使って自分の家から避難所まで避難するシミュレーション訓練を行いました。
■参加された40名が6チームにわかれて訓練を行いましたが、それぞれ自分の家がある住所付近の地図を使い、身賢に取り組んでおられました。

■午後は、まず、「千歳市防災学習交流センター そなえーる」を訪問しました。
1
■最初に災害に関するビデオを鑑賞した後、
4554
■避難器具を体験しました。「救助袋」と「避難ロープ」についての説明を受けた後、希望する方々が実際に使ってみました。
62 78
■次は「地震体験」です。震度1~7までの揺れを体験した後、過去に日本で実際に発生した、「関東大震災」や「阪神淡路大震災」などの揺れを体験されていただきました。体験した方々は「来るとわかっていても怖かった」とおっしゃっていました。
70
■地震体験の後は、煙避難体験です。薄暗く、煙が充満している部屋を扉をあけながら通過する訓練に、「ドアが見つからなくて怖かった」とのことでした。
83
■最後に、天ぷら油火災の実験を見せていただき、「そなえーる」を後にしました。

■最後のプログラムは、「藻岩山から札幌市内を眺めて都市防災について考える」です。
134 120 91
■リニューアルオープンした「藻岩山」を訪問し、ロープウェイとモーリスカーで頂上まで登りました。
106
■頂上から、あらためて宮の森大倉山地区が山に囲まれていることを実感し、災害に対する備えを強く胸にしました。

■9時30分から17時30分という長丁場でしたが、沢山勉強し、災害への備えがバッチリに(?)なった一日でした。
■なお、皆さんがちょうどご自宅に着いた頃に地震が発生し、重ねて、災害への備えを強く感じることができた日でした。
2012-03-15 : 安全・安心 :
Pagetop

中央区ウィンタースポーツフェスタin大倉山実行委員会が開催されました

1
■平成24年3月13日(火)18時30分から、中央保健センター6階会議室にて、中央区ウィンタースポーツフェスタin大倉山実行委員会第3回会議が開催されました。
■宮の森大倉山地区からは、堀川連合町内会女性部長と渡辺青少年育成委員会会長が出席されました。
■この日は、今年度の最後の会議であり、事業報告や決算について審議され、全員一致で承認されました。
■運営の反省点としては、「スープのカップをもう少し大きくした方が良い」「休憩テントにも暖房が必要」「スタートを下げたため、チューブ滑りの迫力がなかった。元に戻した方が良いのではないか。」などといった意見が出され、来年度に向けて検討することとされました。
■本日の会議を持って、今年度の実行委員会は解散しました。皆さんお疲れ様でした。
2012-03-13 : 「まちセン」から :
Pagetop

宮の森小学校ホームステイ説明会が開催されました

1
■平成24年3月9日(金)13時30分から、宮の森小学校にて「ホームステイ説明会」が開催されました。
■宮の森小学校では、ポートランドのリッチモンド小学校と姉妹校として交流をしており、今年の6月19日若しくは20日から25日まで、児童5人、保護者2人、教員1名の計8名が宮の森小を訪れることとなっています。
■この日の説明会は、その際に子どもたちを受け入れるホームステイ先を4月に募集するに当たって、その心構えやすべきことなどを事前に知ってもらうために行われたものです。
■まず、札幌国際プラザの後藤さんから札幌市のホームステイ事情や歴史、心構えなどについてお話がありました。
●札幌市は昭和43年に全国に先駆けてホームステイという制度を設けました。当時の原田市長が外国を訪問した際に「日本ではなぜ床に寝るのですか?」「扉が紙でできているといいますが、それで寒くないのですか?」といった質問を受けたことがきっかけとのことです。
●ホームステイのホストファミリーは、特別なことはいりません。普段のとおり接してあげてください。
■その後には2010年に児童を受け入れたPTA副会長の土橋さんから体験談などのお話があり、4月下旬に今年度のホストファミリーの募集があることについての説明があって、この日の説明会は終了しました。
2012-03-12 : 子ども :
Pagetop

「ほくでん」を騙る不審者に注意!

■札幌市消費者センターからの情報です。
■不審者による偽装集金(金銭被害あり)がありましたので情報提供いたします。なお、被害に合われた方は高齢者の住宅で、その時間帯は高齢の女性ひとりで在宅していました。
■皆さんお気をつけください。

【情報提供内容】
●日 時:平成24年3月5日
●場 所:札幌市北区
●被害者:70歳代 女性
●概 要:「電気料金の集金に来た」と訪問があり、ほくでんだと思い8千円程度を支払した。「電気ご使用量のお知らせ」を領収証として渡された。普段は口座振替であったが集金に来たことから、念のため通帳を記帳したところ、同額が引き落とされていたため、不審に思いほくでんに連絡した。
●不審者の特徴:女性、小柄70歳代
2012-03-09 : 「まちセン」から :
Pagetop

子育てサロンin宮の森まちセン(3月)が開催されました

11
■平成24年3月7日(水)10時から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、子育てサロンin宮の森まちセンが開催されました。
■このサロンは、宮の森大倉山連合町内会が、宮の森大倉山福祉プラザやまなみと宮の森大倉山民生委員児童委員協議会の協力を得て開催したものです。
■この日は、14組の親子が集まり、まずは、おもちゃや絵本で楽しく過ごしました。
24 41 55
■10時45分頃からは、「子育て支援サークルあおぞら」さんの親子遊びや・・・
70
■ペープサートで楽しみました。
82
■最後には、札幌市のまちづくり応援キャラクター「まっちぃ」も登場し、子どもたちは大喜び!!
■あっという間の2時間でした。
2012-03-09 : 子ども :
Pagetop

連合町内会の3月の定例役員会が開催されました

1
■平成24年3月6日(火)18時00分から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森大倉山連合町内会3月定例役員会が行われました。
1

■まず、特別会員報告として、宮の森交番、西警察署から報告がありました。
●マスコミは報道していないが、振り込め詐欺が依然として発生しています。昨年は、被害額も拡大しています。騙されないように気を付けてください。
●車上ねらいが多数発生しています。ガラスを割ってバックなどを持って行くという手口です。カメラがあっても関係ありません。逃走用の自動車は、廃車となったナンバーなどをつけているので、発見できません。バックなどは車の中に置かないでください。
●宮の森大倉山地区でも、タイヤ盗や押し買が発生しています。十分にお気をつけください。

■次に中央消防署宮の森出張所より報告がありました。
●皆様におかれましては、冬期間の消火栓除雪にご協力いただきまして、ありがとうございました。
●昨年は、非常に火事が少なかったのですが、今年に入って既に3件の火事が発生しています。十分に注意してください。
●1件目は、1月12日です。円山西町地区で、ストーブのそばでシーツを乾かしていて発火するという「ぼや」が発生しました。70歳代の男性が第2度のやけどを負われています。
●2件目は、2月6日です。宮の森地区で物置において裸電球をつけっぱなしにして発火するという火事が発生しました。57㎡が被害を受けています。
●3件目は、2月21日です。宮の森地区で一般的なスイッチに溶雪パネルヒーターを何台もつなげて容量不足から出火するというめずらしい火災がありました。

■次に大倉山小学校の今澤校長先生から報告がありました。
●大倉山小では、本物志向を大切にしています。本物を手でさわる、肌で感じる、話をする、といった体験から、子どもたちの成長を促しています。
●ベーシックスタイルというのも決めることにしました。けしごむや鉛筆からノートの取り方、掃除の仕方まで、基本的なものは統一感をもって実行することとしました。これは、型にはまったことをするわけではなく、無駄を省いて勉強の密度を上げるためのもので、実際に、子どもたちの集中力が増すなどの効果が出ています。
●大倉山小では、札幌市内の他の学校に先駆けて「外国語活動」に積極的に取り組んで来ました。スカイプを使った外国との交流も、アメリカとカナダに加えて、24年度からはオーストラリアとも行うことになりました。
●また、来年度は防災教育にも力を入れることとしています。

■次に吉田連合町内会長から、次の報告がありました。
●2月13日(月)に札幌パークホテルにて、札幌市行政懇談会及び連合町内会長懇談会が開催されました。市内全ての連合町内会長が一堂に会し、上田市長から新年度予算の説明などを受けました。
●2月26日(日)荒井山町内会のチューブすべり大会がありました。宮の森中学校の生徒が作ったコースで、子どもから大人まで、たくさんの皆さんが参加しタイムを競いました。
●2月29日(水)に中央区子どもを見守るネットワーク会議がありました。阿妻防犯防火部長、田中防犯防火副部長とともに出席しました。
●3月3日(土)に少年消防クラブ合同卒団式が開催されました。宮の森大倉山地区の子どもたちは円山消防クラブに所属しています。卒団した子どもたちは18人でしたが、そのうち男子は4人でした。
●今度の日程は、資料のとおりです。

■次に各部から報告がありました。
●総務部~平成24年度の連合町内会の総会は5月20日(日)10時から開催します。
●社会福祉部~①中央区福まちシンポジウム「マンションの見守りを考える」が2月9日(木)に東京ドームホテルで行われました。マンション自治会と町内会の連携事例などが報告されました。②やまなみ探検部会が3月2日(金)に開催されました。来年度は、「えこりん村」を探検する方向で検討することとなりました。
●防犯防火部~3月14日(水)にDIG&地震体験会を開催します。
●環境衛生部~3月14日(水)に中央区クリーンさっぽろ衛生協議会役員会が開催されます。
●女性部~①2月12日(日)に中央区ウィンタースポーツフェスタin大倉山が開催され、女性部13人がスープの配布のお手伝いをしました。非常に寒い日で、1,000食を配布するのに14時頃までかかりました。②がん検診の受診者は54名です。
●健康づくり部~2月24日(金)にゴルポッカ大会を開催しました。前日までの天候がうそのように晴れ、楽しく過ごしました。
●交通安全部~2月21日(火)に交通安全部会を開催しました。今年度の街頭啓発の日程などを決定しました。①新入学児交通安全特別街頭啓発 平成24年4月6日(金)各小学校、②初夏の交通安全運動特別啓発 平成24年6月20日(水)10時15分集合 宮の森小付近交差点、③交通安全運動実践会総会 平成24年6月20日(水)17時30分から 宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)、④夏の交通安全市民総ぐるみ運動街頭啓発 平成24年7月19日(木)10時15分集合 三角山小付近交差点、⑤秋の交通安全市民総ぐるみ運動街頭啓発 平成24年9月21日(金)10時15分集合 大倉山小付近交差点
●広報部~連町ニュース第29号は3月末発行です。まだ、原稿をいただいていない方は、お早めにお願いします。

■次に各町内会、自治会から報告がありました。
●荒井山町内会~①チューブすべり大会を2月26日(日)に開催しました。宮の森中の生徒の協力がなければコースはできません。50人の体育会系の生徒の逞しいこと。作業の後、女性部お手製のカレーライスを1人平均3杯食べていました。②2月27日(月)にUHBドラマ「バッケンレコードを超えて」のロケがあり、エキストラとしてたくさんの皆さんのご協力をいただきました。主人公である金子さんは荒井山町内会の方です。放送は、来年の冬になりますが、ぜひ、ご覧ください。
●明和会~2月29日(水)に女性部主催の「ひなまつりお楽しみ会」を開催しました。女性部のスタッフのうち4人が和服で参加され、華やかな会となりました。
●円山西町~①2月20日(月)に宮の森中の評議員会に出席し、給食を試食しました。②2月25日(土)に円山西町児童会館のファミリーコンサートに参加しました。子どもたちのお茶をいただきました。

■次にまちづくりセンターから報告がありました。
●3月14日(水)に行うDIGは、定員の40名に達しました。ありがとうございます。

■最後に、牧野副会長から「ヒグマに関する出前講座を依頼してはどうか」との提案があり、了承されました。まちづくりセンターから区役所などに働きかけます。
■19時45分終了。次回は、平成24年4月10日(火)18時30分からです。

2012-03-08 : 連合町内会 :
Pagetop

土砂災害ハザードマップ意見交換会が開催されました

2 1
■平成24年3月6日(火)17時30分から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、土砂災害ハザードマップ意見交換会が開催されました。
■宮の森大倉山地区では、平成23年9月30日付けで92か所が「土砂災害警戒区域」に指定されています。
 土砂災害警戒区域の指定状況
■指定したのは北海道ですが、これを受けて札幌市でハザードマップづくりを行っています。今回の意見交換会は、その案が出来たことを受けて、より良いマップづくりのために、地域の皆さんのご意見を伺うことを目的として開催されたもので、宮の森大倉山連合町内会の役員さんや各単位町内会の役員さんを対象として開催されたものです。
■まずは、札幌市危機管理対策室からマップの説明があり、その後、フリーディスカッションとなりました。
■地域の皆さんからは、次のような意見などが出されました。
●三角山小は、地震の時は収容避難所になるが、土砂災害では使用できないことになっている。その理由などがわかるような表示にする必要がある。
●非常持ち出しの記載を地震のハザードマップと揃える必要がある。
●大倉山小や宮の森中は、警戒区域に隣接しているが、避難所として機能するのか。
●盤渓川が危険な状態にあるが、メンテナンスなどはどのようになっているのか。

■皆さまから頂いたご意見を反映させて、案を練り直して、再度、ご相談することとなりました。
2012-03-08 : 安全・安心 :
Pagetop

雛人形をしまっていただきました

1 2
■平成24年3月5日(月)に、宮の森まちづくりセンターのある地元の単位町内会「宮の森明和会」の女性部の皆さんに雛人形をしまっていただきました。
■おひなさまは、また1年間お休みです。
■なお、せっかく見に来ていただいたのに、部屋を使用中でご覧になれなかった方、申し訳ありませんでした。
2012-03-06 : 「宮の森明和地区会館」利用情報 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード