宮の森明和会「輪投げ大会」が行われました

1 2

■平成23年8月29日(月)10時から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森明和会「輪投げ大会」が行われました。
■この催しは、宮の森まちづくりセンターの所在地付近をエリアとする単位町内会「宮の森明和会」がお年寄りの安否確認、外出促進などを目的として開催したものです。
■この日は、地域にあるグループホーム「ほくおう花」の皆さんも職員の方と一緒に参加されました。
■まずは、全員で輪投げです。3.5m離れた的に9本の輪を投げるのですが、老人クラブなどで経験されている方々とそうでない方の差は歴然、明和会の吉田会長(宮の森大倉山連合町内会会長でもあります。)や、介護予防センター宮の森の奥寺さんなどは、非常に苦戦されていました。
■軽くお食事をした後は、2つめのお楽しみです。

3
■「ほくおう花」の皆さんの歌

4
■老人クラブ「宮の森明友会」歌謡サークルの皆さんの歌の後、全員で365歩のマーチを歌って、楽しかった会を閉めました。
■体を動かし、大きな声で歌い、みんなで楽しいひと時を過ごしました。
2011-08-30 : 親睦 :
Pagetop

防災フェスティバルが行われました

1 
■平成23年8月28日(日)9時から、荒井山緑地及び大倉山小学校体育館にて、第20回宮の森大倉山防災フェスティバルが行われました。
■この催しは、宮の森大倉山連合町内会が、毎年、地域内の小学校を持ち回りで会場として行っている「発災対応型防災訓練」で、第20回目となる今年は、大倉山小学校に隣接する荒井山緑地を会場とし、傾斜地という地形を活かして、土砂災害や水害が発生した想定での訓練を行いました。
2 3 4 5 7 8">9
■次は、水防訓練です。川が氾濫したことを想定し、土を掘って土のうを作成し、それを手渡しで運んで、土のう積みを行いました。
■皆さんの力を合わせた活動で、見事、川の氾濫はせき止められました。

6 10
■北海道空知総合振興局札幌建設管理部のご協力による「砂防模型実験コーナー」もありました。
■模型を使って川の氾濫・土砂災害やそれを防ぐための砂防ダムの働きなどの説明は、子どもだけでなく大人も感心を寄せていました。

12 13
■次に中央消防署宮の森出張所職員によるAEDを使った応救処置訓練が行われました。
■サッカーの松田選手の事故以来、非常に感心が高くなっているAEDを使った訓練に、参加された方々は真剣に見入っておられました。

■第2部は、大倉山小学校の体育館に会場を移しての「防災アトラクション」です。

14 15
■宮の森小学校のスクールバンドの演奏で幕を開け・・・

16
■三角山小学校の児童の合唱と楽器演奏があり・・・

17 18
■円山少年消防クラブの訓練展示があり・・・

25 26
■大倉山小学校の児童による「よさこい」が披露され・・・

27 28
■宮の森中学校吹奏楽部の演奏で幕を閉じました。

■天候にも恵まれ、第1部の発災型防災訓練に参加された250名の皆様、第2部に参加された600名の皆様とも、非常に有意義な一日を過ごされたようでした。
■9月17日(土)18日(日)には、大倉山小学校の体育館で、避難所体験会も行われます。皆さん、是非、ご参加ください。
2011-08-30 : 安全・安心 :
Pagetop

ひったくりにご注意を!もし万が一あってしまったら

■北海道警察本部 [noreply@mmg.police.pref.hokkaido.lg.jp]からの情報です。
■万が一被害に遭ってしまった場合は、次の対応をお願いします。
①できるだけ大声で周囲に事件があったことを伝える。
②防犯ブザーを携帯していれば活用する。
③犯人の特徴(逃走手段、服装、人数等)を覚え、すぐに110番する。
2011-08-25 : 「まちセン」から :
Pagetop

「移動かまど」をご寄贈いただきました

1 5 4

■平成23年8月25日(木)、日本赤十字社札幌市地区本部様より宮の森大倉山連合町内会に「移動かまど」をご寄贈いただきました。
■ガスをつなげばそのまま使える優れもので、80リットルの大きな平釜だけではなく、揚げザルやすくい網も付いています。
2 3

■防災訓練などで大いに活躍してくれそうです。
■日本赤十字社札幌市地区本部 様、ありがとうございました。
2011-08-25 : 連合町内会 :
Pagetop

ひったくりにご注意を!

hi

■北海道警察本部 [noreply@mmg.police.pref.hokkaido.lg.jp]からの情報です。
■ひったくりが、札幌市をはじめ全道各地で連続的に発生しています。
■被害に遭わないためには次の対策が有効です。
(徒歩の場合)①バッグは抱えて持つ。②ショルダーバッグはたすき掛け。③人通りが多く明るい道を歩く。④音楽を聴きながらや携帯電話を操作しながら歩かない。
hi2
(自転車の場合)
①カゴに貴重品を入れない。②カゴに荷物を入れる時は、ひったくり防止ネット・バンドを取り付ける。③防犯グッズがない場合は雑誌や服を置く。
2011-08-24 : 安全・安心 :
Pagetop

「やまなみ」押し花教室に実習生が参加しました

1 2

■平成23年8月22日(月)に、宮の森大倉山福祉プラザ「やまなみ」が主催し、4月から11月まで毎月(原則)第4月曜日の午前中に行っている「押し花教室」に中央区社会福祉協議会の実習生(北海道医療大学看護学部の3年生です。)が参加しました。
■まずは、大勢のお年寄りに交じって「押し花つくり体験」をしました。慣れない作業に悪戦苦闘しながらもなんとか作品をつくりあげていました。
■教室修了後には、押し花の先生である「やまなみ」の大森理事にインタビューをしました。20年前に教室を始めた時の苦労話や楽しかったことなど、たくさんのエピソードをお話いただきました。
2011-08-23 : やまなみ :
Pagetop

「やまなみ」三役会議と健康セミナー検討会が開催されました

1

■平成23年8月17日(水)10時から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森大倉山福祉プラザ「やまなみ」三役会議及び健康づくりセミナー検討会が開催されました。
■この日は、まず、三役会議が行われ、吉田会長、牧野副会長、中山副会長、東副会長、渡辺会計によって三役会議が行われ、今年度も地域の皆さんの健康を守っていくため、健康づくりセミナーを3回シリーズで開催することなどが確認されました。
●総会の際に押し花教室について話題になったが、参加者1人あたりの経費を考えると高額ではない。参加人数などや内容についてしっかりとPRすることが必要である。
●子育て支援講座の参加者を増加させるには、やはり学校やPTAとの連携が大事である。
●健康づくりウォーキングであるが、高齡化が進んでいることもあるので、平地系を実施しても良いのではないか。何か参加者の目を惹く目玉を作れば参加者も増える。山登り系だけだと段々と参加者が少なくなるかもしれない。
●毎年度押し花展示会とともに実施していた健康フェスタは、区役所の事業や各法人の事業と重なったため、今年は実施できない。その代わりに「カラーコーディネート」「若返りメイク」などを実施する方向で調整中。
●広報誌を今年度は複数回発行する。当面は第8号を9月中に発行する方向で、原稿を依頼している。
●地域の見守り活動を進めていくにあたって、各町内会長と民生委員がざっくばらんに話し合いをする場が必要ではないかと考えている。⇒いずれかの月に連町役員会の前に実施する方向で検討する。

■引き続き11時から行われた「健康づくりセミナー検討会」には、三役に加え、中央区第2地域包括支援センターの橋場、中山両職員、介護予防センター宮の森の奥寺職員、中央区保健福祉部保健福祉課の高野係長、石山保健師、中央区保健福祉部健康・子ども課(保健センター)の荒井主査、越智保健師が参加し、話し合いが行われました。
●実施予定日は、①10月20日(木)13時30分、②11月2日(水)10時00分、③12月7日(水)10時00分とする。
●今年度のテーマは、「泌尿器科」「口腔ケア」「メンタルヘルス」次の3点とする。
●「泌尿器科」の内容は、頻尿、尿もれとし、受診のタイミングや日常的な対応方法、予防策などについてお話いただく。講師は、医師会に依頼する。 ~ 保健センターで依頼する。
●「口腔ケア」については、嚥下障害とその予防方法、嚥下体操体験、嚥下障害に伴う肺炎とその予防についてお話しいただく。講師は、保健所の歯科衛生士若しくは北海道歯科衛生士会に依頼する。~まずは、保健センターで保健所の歯科衛生士がどの程度対応できるか確認する。
●「メンタルヘルス」については、認知症とうつ病とし、内部疾患からくるうつ病などについてもお話しいただく。講師については検討する。
●21年度に実施したエクササイズは良い内容であったため、来年以降に再度実施することを検討する。

■今後、詳細が決まりましたら、回覧板でご案内しますので、皆さんよろしくお願いいたします。
2011-08-23 : やまなみ :
Pagetop

開拓神社みたま祭り「宮の森納涼盆踊り大会」が行われました

2 3 1

■平成23年8月14日(土)~16日(月)の3日間、北海道神宮西駐車場にて、宮の森納涼盆踊り大会が開催されました。
■この催しは、宮の森盆踊り同好会に皆さんが毎年、行っているものです。
■今年は、あいにくの天候により、初日は中止、2日目は20時まで子ども盆踊りのみの実施となりました。
■3日目となった16日(月)も朝から雨が降っており、主催者である同好会の皆さんもやきもきしていました。
■17時の段階でも雨模様でしたが「実施!」の判断をしました。すると・・・皆さんの思いが通じたのか、18時を過ぎたころから小雨になり、ついに、雨がやみました。
■太鼓の音に誘われ、段々と人が集まり、19時を過ぎたころには大きな踊りの輪ができました。
■残念ながら3日目に予定されたいた「仮装」は中止となり、実施時間も20時までと短縮となりましたが、なんとか実施することができ、参加された方々は満足されて帰路につきました。
2011-08-23 : 文化・歴史 :
Pagetop

円山西町町内会夏祭りが行われました

1 2 3

■平成23年8月14日(土)、15日(日)、真如苑北海道本部駐車場(円山西町6丁目1-13)にて、円山西町町内会夏祭りが行われました。
■この催しは、円山西町町内会が毎年行っているものです。
■2日目の15日(日)はあいにくの雨で物販のみでしたが、初日の14日(土)は天候も良く、円山西町児童会館の子どもたちによる「スーパーまるにし」や子どもたちによる「よさこい」の披露、そして暗くなってからは盆踊りなど、沢山の方々が集まって、町内の親睦を図りました。
2011-08-23 : 親睦 :
Pagetop

第2回防火委員会が開催されました

1

■平成23年8月12日(金)18時から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、宮の森大倉山地区防火委員会が開催されました。
■この会議は、宮の森大倉山地区にある17の単位町内会の防災を担当している部長さんで構成されている会議です。
■この日は、平成23年8月28日(日)荒井山緑地を行う「宮の森大倉山防災フェスティバル」の詳細な内容などについて、事務局から次のような説明があり、話し合いが行われました。
●第1部の防災訓練は、9時から実施し①土砂からの救出訓練、②水防訓練(土のう作成と土のう積み)、③応救処置訓練などを行います。
●各防火委員さんは8時30分までに荒井山緑地に集合してください。
●第2部は、防災アトラクションを10時15分から大倉山小学校の体育館で実施します。

■次に9月17日(土)から18日(日)にかけて実施する「避難所体験会」について説明がありました。
●実施日は予定どおりです。土曜日の14時30分に集合し、翌朝の9時頃に解散します。
●内容としては、ゲーム形式で避難所運営を学べるものと避難所擬似体験、非常食の炊き出し訓練などを予定しています。
●防火委員の皆さんにおかれましては、是非、宿泊していただきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

■次回の防火委員会は、9月13日(火)18時から開催されます。
2011-08-15 : 安全・安心 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード