福祉のまち推進センターブロック会議が行われました

■平成23年2月24日(木)14時から、中央区民センター2階つどいA、Bにて、平成22年第3回中央区福祉のまち推進センターブロック会議(全体連絡会)が行われました。
■この会議は中央区社会福祉協議会が主催し、各地域の社会福祉協議会の代表者などが集まって、福祉のまちづくり活動のあり方等について検討しているものです。
■当地区からは、府録地区社会福祉協議会会長が出席されました。
■区社会福祉協議会から今年度のブロック会議の様子及び来年度の事業計画の説明があった後、意見交換が行われました。
■意見交換では、「福まちの見直しが行われ、地域が高齢者の見守りを行うこととされるようだが、権限も守秘義務もない地域が実施するのは難しいのではないか」「現実味が薄い計画のように思われる」といった厳しい意見や「地域での福祉活動には、福まちの会長と民児協の会長の意思疎通が大事」「しっかりとタイアップして歩調を合わせなければならない」など、活発な意見交換が行われ、予定の1時間を大幅に超過して会議が終了しました。
2011-02-25 : やまなみ :
Pagetop

介護予防調整会議が行われました

2 1

■平成22年2月22日(火)13時から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、平成22年度宮の森大倉山介護予防調整会議が行われました。
■この会議は、中央区介護予防センター宮の森が主催し、次の各団体の参加を得て実施しているもので、地域における介護予防に関する普及・啓発と特定高齢者の早期発見・早期支援を行っていくための体制づくりを目的として実施しているものです。
●宮の森大倉山地区民生児童委員協議会
●中央区第2地域包括支援センター
●中央区社会福祉協議会
●中央区保健福祉部保健福祉課
●中央区宮の森まちづくりセンター

■この日は、介護予防センター宮の森から、平成22年度のすこやか・げんき倶楽部の報告と平成23年度の実施予定について説明があったほか、中央区第2包括支援センターからセンターの役割や体制についての説明、中央区保健福祉課保健支援係から介護予防についての説明がありました。
■出席されていた民生委員さんからは、「土日の相談体制について検討して欲しい」「ご高齢の方が混乱しないように、パンフレットなどに包括支援センターの担当地域を正しく記載して欲しい」などの質問・意見が出されるなど、活発な意見交換が行われました。
■なお、平成23年度のすこやか・げんき倶楽部の実施予定については、次のとおりとなりました。
1
2011-02-24 : やまなみ :
Pagetop

連合町内会の交通安全部会が開催されました

■平成23年2月21日11時から、宮の森大倉山連合町内会交通安全部会が開催されました。
■この日は、高橋連合町内会交通安全部長、小川地区交通安全運動実践会会長、阿部地区交通安全指導員会会長、堀川地区交通安全母の会会長、渡辺連合町内会事務長がお集りになり、来年度の交通安全街頭啓発の日程等について話し合いが行われました。
■約1時間の協議の結果、平成23年度については、次の日程で事業を進めることとなりました。
●平成23年4月6日(水)新入学安全特別街頭啓発(各小学校)
●平成23年5月11日(水)春の交通安全市民総ぐるみ運動街頭啓発(宮の森交番付近)
●平成23年6月16日(木)地区交通安全運動実践会総会(宮の森明和地区会館)
●平成23年6月22日(水)地区交通安全母の会総会(宮の森明和地区会館)
●平成23年7月15日(金)夏の交通安全市民総ぐるみ運動街頭啓発(宮の森小学校付近交差点)
●平成23年9月21日(水)秋の交通安全市民総ぐるみ運動街頭啓発(三角山小学校付近交差点)
●平成23年10月21日(金)冬の交通安全特別街頭啓発(大倉山小学校付近交差点)

■街頭啓発にはどなたでも参加できます。時期が近くなってまいりましたら、また、ご紹介しますので、是非、ご参加ください。
2011-02-21 : 安全・安心 :
Pagetop

チューブすべりのコースがつくられました

1

■平成23年2月20日(日)、荒井山緑地にて、チューブすべり大会のコース設営が行われました。
■これは、2月27日(日)に行われる「荒井山町内会チューブすべり大会」に向けた準備です。
■この日は、荒井山町内会の方々の外に、宮の森中学校の野球部とサッカー部の生徒約45名が参加。若い力を存分に発揮して、コースの設営に汗を流していました。
■コースづくりにあとは、おまちかねの女性部の皆さんが作ったカレーライスです。生徒たちは2.5人前づつ平らげていました。
■来週の大会が楽しみです。
2011-02-21 : 親睦 :
Pagetop

通学路の除雪は自分たちの手で②!

1 2

■平成23年2月16日(水)15時30分から、宮の森中学校の生徒による通学路除雪の第2回目が行われました。
■2月2日(水)に行った第1回目は、サッカー部を中心とした14名の生徒たちでしたが、この日は女子生徒も含めて34名もの生徒が参加しました。
■玄関前で注意事項を聞いた生徒たちは2か所に分かれて除雪を開始。自分たちの歩く通学路を競い合ってきれいにしました。
■下校する生徒たちも「御苦労さま」「頑張ってね」などと温かい声をかけてくれ、それを聞いてますます張り切って除雪をしていました。
■約1時間後には、雪山が歩道に生まれ変わり、通学路の安全が確保されました。
2011-02-21 : 安全・安心 :
Pagetop

ゴルポッカ体験会が開催されました

1 3

■平成23年2月16日(水)10時から、円山陸上競技場補助グラウンドにて、「ゴルポッカ体験会」が開催されました。
■この体験会は、1月6日(木)に実施予定でしたが、悪天候のため延期していたものです。
■この日は、25名の皆さんが参加し、3名から5名のグループに分かれて9ホールを2回プレーしました。
■ちょうど良い深雪の上でのプレーとなり、ボールが思うように飛ばずに、皆さん悪戦苦闘。笑い声が絶えない体験会となりました。

■「ゴルポッカ」とは、北翔大学寒冷地スポーツ推進研究グループが開発した冬の新しいスポーツです。一言でいえば、雪上パークゴルフ。ルールはパークゴルフが基本です。でも、普通のパークゴルフとは幾つか異なり、「かんじき」を足にはきます。
■凹凸の雪面と軽いボールのため、テクニックが通用しないので、お子さんからご年配の方まで、年齢、性別問わず、誰でも気軽に楽しめます。
●ボールはソフトボールほどの大きさのもので、やわらかい感触のものを使います。
●ホールは設けず、三角コーンを立てます。ボールは三角コーンに当てることによりホールインとなります。合計9ホールあり、打数によりスコアを競います。

2
2011-02-21 : 健康 :
Pagetop

国勢調査の速報値が出されました

センサスくん

■皆さんにご協力をいただいて、昨年10月に実施した国勢調査の速報値が平成23年2月14日(月)に出されました。
■北海道全体の総人口は550万7,456人と前回2005年の調査確定値と比較すると、12万281人(2.1%)の減少となりました。
■札幌市は、191万4,434人と前回2005年の188万863人から3万3,571人の増加となっており、その中でも中央区は、1万7,603人の増加(8.7%増の22万404人になりました。)と、市内で最も人口が増加しています。
■これで、10区の中で3番目に人口が多い区となりました。(前回までは5番目でした。)
■調査員をとしてご活躍いただいた皆様ありがとうございました。また、調査にご協力いただいた市民の皆様ありがとうございました。
2011-02-15 : 「まちセン」から :
Pagetop

おひなさまが飾られました

2 1

■平成23年2月14日に宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)2階ホール「大倉山」におひなさまが飾られました。
■飾り付けは、宮の森明和会の皆さんが行ってくださいました。
■おひなさまたちは、これから3月3日までの間、利用者の皆さんの目を楽しませてくれます。
2011-02-14 : 「まちセン」から :
Pagetop

通学路の安全対策を要望しました

1 2

■平成23年2月14日10時から、西警察署にて、三角山小学校の通学路の安全対策について要望書を提出しました。
■この日は、三角山小学校の池上校長、松田PTA会長、府録宮の森中央町内会会長、吉田宮の森明和会会長の4人が西警察署を訪問し、池上校長が代表して村中交通第一課長に要望書を手交しました。

表紙 2
3

■要望の内容は1点で、1点目は「宮の森フランセス協会前の交差点の歩車分離式への変更」で、2点目は「道道札幌環状線(89号)宮の森北24条通の中森宮の森マンション前の横断歩道への信号機の設置」です。
■村中課長は、「要望のある北1条通の交差点は、設定の変更の影響が広範囲に出る非常に大切な交差点であるため、警察本部を交えて、技術的面も含めて慎重に検討しているところ」「信号機については、坂路でカーブであるという非常に条件の良くない場所であり、なかなか難しい」とのことでした。
■また、「信号機については、横断歩道の場所を移動させて設置する方法も考えられる」「北1条通については、道路改良も絡めての実施を検討するために、みんなで現地を確認しながら話し合うとどうか」とのご意見も頂きました。
■いずれにしても一朝一夕には解決しない問題であるという印象を持ちました。
2011-02-14 : 安全・安心 :
Pagetop

「中央区ウィンタースポーツフェスタin大倉山」が開催されました

1 6 3【宝探しコーナー】

■平成23年2月13日(日)10時から、大倉山ジャンプ競技場にて、「中央区ウィンタースポーツフェスタin大倉山が開催されました。
■会場では、ジャンプ台のランディングバーンを使ったチューブ滑りやバックヤードツアー、ミニチュアジャンプ、ゴルポッカやスノーシューなどのウィンタースポーツ体験コーナー等、さまざまなコーナーや催しが設けられ、子どもからお年寄りまで沢山の皆さんが参加しました。

2
■宮の森大倉山地区青少年育成委員会の皆さんと宮の森子鳩子ども会の皆さんは、「ストラックアウトコーナー」を担当し、沢山のこともたちを集めていました。

7
■雪中障害物競走は、中央区子ども会育成連合会の皆さんの担当でした。フラフープや網をくぐって走った先には「おかし」が待っているという楽しいものでした。

4
■連合町内会の女性部の皆さんは、スープの無料提供を担当しました。温かいオニオンスープは、冷え切った体に染み入るようなおいしさでした。

■時折、雪が吹きつけるあいにくの天気でしたが、参加された約6,000人の皆さんは楽しい一日を過ごされていました。
2011-02-14 : 「まちセン」から :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード