FC2ブログ

10月の定例役員会が開催されました

■平成22年10月5日18時30分から、宮の森大倉山連合町内会の10月定例役員会が開催されました。

■まず、特別会員報告として、中央消防署宮の森出張所の坂井所長から次のような報告がありました。
●家庭用火災報知機の啓発のため、消防団員が約1,800世帯を訪問させていただくこととなっているので、よろしくご協力をお願いしたい。

■次に、宮の森音楽祭実行委員会の岡本幸滋さんから、各町内会長に次の依頼がありました。
●10月16日(土)に宮の森小学校の体育館で「宮の森音楽祭」を開催する。
●これは、従来は宮の森小学校において「宮の森音楽会」として実施していたものを(20年まで8回実施)もっと地域の皆さんにも参加していただこうということで、昨年から実行委員会形式に変更して開催しているもの。
●宮の森小校区の町内会長さんにはチケットをお配りしているので、是非、ご観覧いただきたい。なお、入場料は500円で、当日受付で精算します。
●当日券もあるので、たくさんの皆さんのご来場をお待ちしています。

■次に会長報告として、府録連合町内会長から次の報告がありました。
●9月25日(土)26日(日)に避難所宿泊体験会を開催した。多くの方々にご参加いただき、成功裏に終了した。ご協力ありがとうございました。
●10月1日(金)2日(土)に宮の森中学校で「文化祭」及び「地域文化作品展」が開催された。たくさんの皆さんが作品を展示しているのを拝見させていただいて、この地域には文化人が沢山いらっしゃるのを再確認させていただいた。なお、向陵中学校でも同様の事業を実施している。

■次に、各部より次のような報告がありました。
●文化体育部~①10月1日(金)2日(土)に宮の森中学校で「文化祭」及び「地域文化作品展」が開催された。校区の円山西町町内会、明和会、こぶし自治会、荒井山町内会の方々の沢山の作品が展示され、多くの人でにぎわい成功裏に終了した。
②10月11日(月・体育の日)に青少年育成委員会主催の「ぶどう狩り」が行われる。今回は人気が高く、9時から申し込みを開始したが約30分で定員近くまでに達した。87名が参加する予定である。
●社会福祉部~①9月11日(土)にやまなみ健康教室「子どもの成長が見えますか」を開催した。まちづくりセンターの松山地区連絡員(以前、札幌市職員として少年アシストセンターを立ち上げた経験がある。)を講師に迎え、大変有意義なお話を伺った。)40名が参加した。
②10月9日(土)10日(日)に、明和地区会館2階で「やまなみ押し花作品展」を開催する。10時から午後4時まで開催しているので、沢山の皆さんにご観覧いただいきたい。
③10月21日(木)13時30分から明和地区会館で「高齢者の住まいアレコレ教室」を開催する。今回は、老人保健施設と有料老人ホームについて話を聞くことになっている。4回シリーズの今回が最終回である。沢山の皆さんにご参加いただきたい。
●防犯防火部~9月25日(土)26日(日)に開催した「避難所宿泊体験会」は、100名が参加し、うち20名(うち子ども6名)が宿泊した。参加者の内訳は、一般参加者44名(うち子ども18名)、他地区からの参加者23名、連町関係者21名、消防団員6名、消防署員6名である。今年度は、食事も自分たちで用意するなど、昨年度よりも濃い内容で実施できたと考えている。ご協力ありがとうございました。
●環境衛生部~①9月14日(火)にクリーンさっぽろ主催の施設見学会があった、これまで参加したことがない町内会長6名を含め7名が参加した。②10月29日(金)に実施する「ごみ処理施設見学会」は、定員40名に対しあと5名の枠があるので、参加を希望される方は事務局までご連絡願いたい。なお、昼食は出ないので、各自対応願いたい。
●女性部~①9月29日(水)に食生活改善推進員主催の「伝達料理講習会」が開催され、女性部としても協力した。63名が参加し盛況であった。②がん検診の申込を受け付けている、10月22日が締め切りなので男性も是非受診して欲しい。③10月14日(木)13時からに中央区主催の「みんなの講演会」が開催される。今年は、円山西町の方々がフォークダンスを披露するので、お時間のある方は是非ご観覧ください。
●健康づくり部~①9月17日(金)に第3回目の健康づくりウォーキングを開催した。円山八十八か所の登山であったが、晴天に恵まれ81名が参加した。②10月20日(水)にノルディックウォーキングを実施するので、是非、参加して欲しい。
●交通安全部~①9月21日(火)に秋の交通安全街頭啓発を大倉山小学校セイコーマート前交差点で実施し、50名が参加した。中央区長をはじめ、西警察署の交通第一課長、西防犯協会の事務局長等にもご参加いただいた。皆さんもご協力ありがとうございました。②11月5日(金)に当地区の指導員会独自の研修会を実施する。
⇒この報告に関連して、円山西町の牧野会長より、「小学校前で実施しているので、子どもたちに街頭啓発に参加してもらってはどうか」との提案があり、賛同者も多かったことから、来年度に向けて検討することとした。
●広報部~連町ニュース第26号は、10月20日に発行する方向で準備を進めている。

■次に各町内会、自治会から次の報告がありました。
●北二町内会~10月17日(日)に秋の一斉清掃を実施する。
●中央町内会~①10月24日(日)に秋の一斉清掃を実施する。②9月29日(水)に町内会の研修旅行を実施した。苫小牧のオートリゾートアルテンにて、錦大沼のウォーキング、パークゴルフなど思い思いに楽しんだ。栗やどんぐりなど秋を感じた一日であった。
●4条AP自治会~当自治会は半年に1度役員改選があり、今月の総会で新しい役員が決まる。次回からは新しい会長が出席することになるので、よろしくお願いします。
●円山西町~①9月の敬老の日に記念品を贈呈した。②9月18日(土)に町内の7サークルの合同懇親会を朝里で開催し41名が参加した。パークゴルフ組、朝里ダム散策組、温泉組と思い思いに親睦を深めた。③10月5日(火)に大倉山小学校の学校説明会があった。児童、先生、保護者それぞれの評価が出されるが、いずれの評価もちょっと足りない部分は「挨拶」「自ら行動する」という部分であった。④10月11日(月)地域内の3つの少年野球チーム(西町スワローズ、三角山キッズ、円山リトルジャイアンツ)が試合をし、優勝チームが宮の森中学校と対決するという大会が宮の森中のグラウンドである。ぜひ、観戦して欲しい。⑤10月23日(土)に「なんぽろ温泉」で町内のレクリエーションを実施する。⑥10月24日(日)に第2回目の班長会議を実施する。これまで班長会議は年に1回しか実施していなかったが、今年度から2回実施することとしたもの。併せて、地域の防災訓練を消防宮の森出張所の協力を得て実施する。
●東三町内会~10月31日(日)に地域の秋祭りを宮の森会館で実施する。10時30分から16時の予定であり、1階を展示コーナーとし、上のホールでは、10時30分から1時間程度、合唱、詩吟、オカリナなどの披露、13時からはカラオケ大会を実施することとしている。今年から11時30分よりおでんやビールの販売も実施することとした。
●上盤渓(宮の森中PTA立場から)~文化祭にご協力いただきありがとうございます。学校も地域との連携を大切に考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
●荒井山町内会~①8月末から女性部が中心となって3回の体験会を実施した。1回目は「押し花」、2回目は盤渓下町内会の女性部長である佐々木さんを講師に「藍染め」、3回目は上盤渓の阿妻会長を講師に「陶芸」を実施した。これらの作品を宮の森中の地域文化作品展に展示した。②10月10日(日)に小別沢方面の散策を行う。③10月11日(月)に荒井山緑地でグランドゴルフを実施する。
●明和会~①10月25日(土)26日(日)に実施した避難所宿泊体験会には、地元ということもあり三角山小の子どもたちが沢山参加し、宿泊した。②宮の森中地域文化作品展には、明和会からも沢山参加した。③10月9日(土)10日(日)に明和地区会館で開催される「押し花展示会」には、明和会としてお手伝いをする。④11月3日(水)に5回目の文化の日作品展を明和地区会館で開催する。

■次にまちづくりセンターから報告がありました。
●土砂災害防止法に基づく区域指定について、まずは、役員の皆さんに来月にでも説明したいという申し出がある。来月の役員会で説明してもらう方向で調整している。その中で、12月に実施する予定の住民説明会の実施方法などについても相談がある。
●7月に実施した中央区役所との懇談会における質問の回答があった。盤渓地区の下水道については難しい旨の回答であったが、宮の森地区に特化した災害などの出前講座については実施可能との回答であった。
●10月9日(土)の「押し花展示会」にあわせて「いきいき健康フェスタ」を実施する。第2地域包括支援センター、介護予防センター宮の森、中央区保健福祉部と連携して、健康チェックコーナー等を開設する。
●10月20日(水)にノルディックウォーキングを藤野野外スポーツ交流施設で実施する。
●11月3日(水)の明和会の文化の日作品展にあわせて「食と健康まつり」を開催する。例年実施している食生活改善推進員の手作りおやつの試食やかんてんぱぱの職員による講演会のほか、新たに第2地域包括支援センターと協力して相談コーナーを開設する。
●北2西28丁目近辺で不審者が出現している。みんなで子どもたちを見守ってほしい。また、事例があった場合は、警察に情報を集約する必要があることから、被害がなくても110番通報をして欲しい。
●避難所宿泊体験会で使用した「ハイゼックス炊飯袋」を配布した。レシピもつけてあるので、ご家庭でご試食ください。

以上、19時45分頃終了。
2010-10-06 : 連合町内会 :
Pagetop

「国勢調査」の調査票のご提出をお願いします

1

■10月1日が基準日の国勢調査ですが、郵送でご提出いただく皆様の提出期限は、10月7日(木)なっております。
■必ず7日までにポストに投函してくださいますよう、お願いいたします。
2010-10-06 : 「まちセン」から :
Pagetop

地域文化作品展が開催されました

1 2
3 4
5 6

■平成22年10月2日(土)9時から、宮の森中学校にて地域文化作品展が開催されました。
■この作品展は、毎年、宮の森中学校の文化祭にあわせて開催されているもので、校区である「宮の森明和会」「円山西町町内会」「荒井山町内会」「こぶし自治会」「上盤渓町内会」「盤渓下町内会」の皆さんの作品を2つの教室に展示しているものです。
■会場である、1階の1年生の教室には、クレイアートや藍染め、陶芸作品、押し花、写真などさまざまな力作が所狭しと並べられ、作者の気迫が感じられました。
■また、明和会女性部の皆さんによる「ビーズによる国旗製作体験」も行われ、たくさんの子どもたちが参加していました。
7

■地域には文化人がたくさんいらっしゃることを再確認した一日でした。
2010-10-04 : 文化・歴史 :
Pagetop

第3回高齢者の住まいアレコレ教室が開催されました

2 1

■平成22年9月30日(木)10時00分から宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)において、「高齢者の住まいアレコレ教室」の第3回目が開催されました。
■この教室は、『特別養護老人ホーム』『グループホーム』『有料老人ホーム』など、入居条件やサービス内容に違いがあるさまざまな高齢者向けの住まいについて理解していただくために、中央区第2包括支援センター、介護予防センター宮の森、宮の森大倉山連合町内会、福祉プラザ「やまなみ」の共催で開催したものです。
■7月から10月までの4回シリーズで実施しているもので、第3回目の今回は、介護が必要になっても安心して生活できる施設として「特別養護老人ホーム」と「グループホーム」について学びました。
■当日は、約40名の方々が集まり、皆さん熱心にお話を聞いておられました。
■特別養護老人ホームについては、慈恵会の嶋施設福祉課長補佐、グループホームについては、ゆずり葉宮の森の代表取締役及びホーム長である伏見さんからお話をいただきました。
●最近の特別養護老人ホームは、「住み慣れた地域で生活できるように、定員29名以下の小規模施設を地域に設置している」「より家庭に近い環境にするために、10名程度の小さな単位で生活できるようにしている」「ひとり一人の生活リズムを尊重し、自立を支援している」ことなどの説明がありました。
●グループホームは、小規模な生活の場において、食事の支度、掃除、洗濯等を共同で行い、一日中、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症の進行を緩やかにし、家庭の負担を軽減するものであること。認知症の診断を受けており、共同生活を送るのに支障のない方が対象であることなどの説明がありました。
■参加者の方からは、「共同生活に支障がないという証明は誰がどのようにするのか、また、書類は必要なのか」といった鋭い質問が出され「ご本人やご家族の申し出になり、書類はありません。」といった追加の説明がありました。

■次回は次のような内容で学習することとなっています。(場所は、いずれも宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)です。
 ●第4回目は、10月21日(木)13時30分~
  テーマ:在宅と医療機関をつなぐ施設&元気なうちから利用できる施設(老人保健施設と有料老人ホーム)
■いずれもお申し込みは不要です。当日直接会場においでください。

【ご存じですか? 包括支援センター】
 「地域包括支援センター」は、お年寄りが住み慣れた地域で安心して生活を送れるようにする拠点として、さまざまな相談からサービスの調整まで、一つの窓口で支援しています。
『要支援の認定を受けたけど、サービスの利用方法がわからない』『介護認定を受けるほどではないけれど、足腰が弱ってきたので先が不安』『近所の方が困っているみたい』『介護をしていると、いらいらして本人にあたってしまう』など、どんなことでもご相談ください。
ご本人だけではなく、ご家族や地域の皆様もお気軽にご利用ください。相談は無料です。
  
2010-10-04 : やまなみ :
Pagetop

伝達料理講習会が開催されました

食2 食4

■平成22年9月29日(水)10時から、宮の森明和地区会館2階大倉山にて平成22年度宮の森地区食改善推進員伝達料理講習会が開催されました。
■今年度は、医療法人社団アスクトース、石丸歯科診療所の理事長である、石丸俊春さんと看護師である石丸美鈴さんをお迎えして、「正しい食生活から生まれる口腔機能」をテーマにご講演をいただきました。
■はじめに石丸俊春さんから、「歯の本数だけではなく、噛み合わせが大切」「舌、口唇、頬の動きが食べる(咀嚼、嚥下)や会話(発音)する上でとても大切」「足腰だけではなく、首から上の筋肉も同じように鍛える必要がある」などのお話をいただきました。
■次に、石丸美鈴さんから、舌筋や顎の筋肉、表情筋を活性化して口の動きを高める「お口の体操」についての指導を受けました。話だけではなく、実際に顔を動かしながらの講習であり、普段あまり意識して動かさない部分だけに、皆さん苦戦されていました。

食5
■中央区役所の健康担当している主査のお話もありました。「中央区の食育の取り組みについて」というテーマで、食改善推進員の歴史や札幌市や中央区における事業等の紹介がありました。

食1 食6
■最後は、皆さんお待ちかねの試食会です。今回は、「さつまいものミニおにぎり」と「しそゼリー」でした。ミニおにぎりは昨年度、別の事業で提供したところ大好評だったものということもあり、皆さん大変満足されておりました。
■貴重なお話と美味しい料理を食べることができ、参加された60名を超える方々は、「非常に有意義な時間を過ごした。」とおっしゃっていました。
2010-10-04 : 健康 :
Pagetop

避難所宿泊体験会が行われました

25

■大規模地震や風水害などの災害時に避難所となる小学校の体育館での生活を実際に泊って体験する「避難所宿泊体験会」。第2回目となる今年は、三角山小学校を会場として、9月25日(土)26日(日)の2日間で実施しました。
■当日は、約100名の方々が三角山小に「避難して」来られ、そのうち20名(うち子ども6名)の方々が避難所で一夜を過ごしました。

1 6

■札幌市危機管理対策室の防災講座や中央消防署宮の森出張所の救急救命訓練を受講し、災害に対する備えや万が一の時の対応について学んだ外、円山少年消防クラブの子どもたちからロープの結び方を学んだり、「新聞紙を使ったスリッパ」「サラダオイルを使ったオイルランプ」「ブルーシートを使ったテント」など、実際に手を使ってさまざまなことを学びました。

2 5
【上の写真は、少年消防クラブのロープ結束訓練】

13 23
【上の写真は、新聞紙スリッパ作成】

15 21
【上の写真はオイルランプ作成】

16 17
【上の写真はブルーシートによるテント作成】

■さて、この日の夕食はカレーライス。「ハイゼックス炊飯袋」という特殊な袋を使ってお米を炊いて非常食を体験。段々と冷え込んできた中、暖かいごはんに皆さんほっとされていました。
10 9 18
【上の写真は、みんなでお米を仕込んでいる様子】
24
【洗わなくて良いように皿に袋をかぶせます】

■地域子どもネットワーク「みんなの森」による、暗闇の中で音を聞き分けるアトラクションなどの後、硬い体育館の床で寝袋に潜って就寝。朝方に強い雨が降ったこともあって非常に寒く、眠れない方も沢山いらっしゃったようです。
20
■「寒くて大変だった」というご意見とともに、「貴重な体験だった」「実際はもっと辛いのではないか」「もっと多くの人に参加して欲しい」と前向きなご意見を沢山いただきました。
22
2010-10-01 : 安全・安心 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード