「避難所宿泊体験会」に是非ご参加を!

平成22年9月25日(土)26日(日)に、宮の森大倉山連合町内会主催の「避難所宿泊体験会」が行われます。
■この事業は、不測の事態に備えるため、災害時に避難所となる小学校へ実際に宿泊してみる試みです。
■昨年度、宮の森小学校を会場として第1回目を開催し、今年で2回目になります。
■会場は、宮の森小学校、三角山小学校、大倉山小学校が持ち回りで実施することとしており、今年度は三角山小学校が会場となります。
■災害時に三角山小学校を避難所として活用される、宮の森中央町内会、宮の森明和会の皆様及び三角山小学校に通っている子どもたちと保護者の方々を主な対象として実施いたしますので、是非、ご参加ください。
■くわしい内容はこちらをご覧ください。(子ども向けチラシ(子ども用チラシ(表)子ども用チラシ(裏))(大人用向けチラシ(大人用チラシ(表)大人用チラシ(裏)

■なお、ご参加いただける方は、申込書に必要事項をご記入の上、三角山小学校に通学しているお子さんと保護者の方は9月8日(水)まで宿泊体験会参加申込書(三角山小用))、中央町内会及び明和会の皆様は9月17日(金)まで宿泊体験会申込書(一般用))、申込書を宮の森まちづくりセンターにFAXかメールをしてください。(FAX番号 644-6421) (E-mail: ch.miyanomori@city.sapporo.jp)




2010-08-17 : 安全・安心 :
Pagetop

防災フェスティバルに是非ご参加を!

8月29日(日)に三角山小学校グラウンドにて、「宮の森大倉山防災フェスティバル」が開催されます。
■これは、連合町内会が主催して行う総合防災訓練であり、今年で19回目の実施になります。
■会場は、宮の森小学校、三角山小学校、大倉山小学校の3小学校持ち周りで実施しています。
■このフェスティバルは2部構成になっており、それぞれ次のような内容が予定されています。
●第1部防災訓練(9時00分~)(場所:三角山小学校グランド及び周辺道路)
○避難訓練 サイレンの合図でグラウンドに避難 ○消火訓練 消火器訓練、天ぷら火災実験 ○人命救助訓練 倒壊した電柱やブロック塀の下から救助 ○応急手当訓練 AED(自動体外式除細動器)体験 ○消防団宮の森大倉山分団訓練展示
●第2部 防災アトラクション(10時15分~)場所:三角山小学校体育館)
○札幌市消防音楽隊及びカラーガーズ隊の演奏 ○子どもたちによる演奏など 宮の森小スクールバンド、大倉山小高学年(よさこい)、三角山小(合唱)、宮の森中吹奏楽部、○防災活動の発表  円山少年消防クラブ
■当日は、はしご車試乗体験もできますので、是非、ご参加ください。
■なお、くわしい内容はこちらのチラシをご覧ください。(防災フェス
2010-08-17 : 安全・安心 :
Pagetop

納涼盆踊り大会が開催されました

盆踊り1 盆踊り2

■平成22年8月14日(土)、15日(日)、16日(月)の3日間、北海道神宮 西駐車場にて、毎年恒例の宮の森納涼盆踊り同好会主催の盆踊り大会が開催されました。
■毎日6時30分頃から8時までは子ども盆踊り、8時から9時までは大人の盆踊りが行われ、連日大勢の人が集まりました。
■特に、最終日の16日(月)は、風もなく適度な温かさであったことと、子ども仮装盆踊りが行われたことから、3日間で最も多くの人が集まりました。
■子ども仮装盆踊りは、参加した複数の子どもたちのうち、「神宮の巫子さん」に扮した女の子が優勝しました。

仮装

■皆さん、思い思いに楽しい夏の夜を過ごしていました。

■なお、このような夏祭りは、荒井山町内会(8月1日(土))、宮の森北二町内会(8月7日(土)8日(日))、円山西町町内会(8月7日(土)8日(日))、こぶし自治会(8月7日(土)8日(日))などでも行われています。
2010-08-17 : 親睦 :
Pagetop

第2回連合町内会防火委員会が開催されました

■平成22年8月12日、18時から平成22年度第2回宮の森大倉山防火委員会(防犯防災担当部長会議)が開催されました。
■連合町内会の吉田副会長及び中央消防署宮の森出張所の堤係長の挨拶のあと、まずは、議題の1点目である「平成22年度宮の森大倉山防災フェスティバル」について、阿妻連合町内会防犯防火部長から次のとおり説明がありました。
●今年度の防災フェスティバルは、三角山小学校グラウンド及び周辺道路を会場として、8月29日(日)に実施する。
●9時から10時が第1部の発災対応型防災訓練であり、例年との違いは、①バケツリレーが消火栓からの放水訓練に変更になったこと、②中央消防署からはしご車が来場し、子どもを中心に試乗体験が行われること、③119番通報訓練を新たに加えたこと、である。
●また、今年度の中央区の消防団の訓練大会で金メダルを受賞した、「中央区消防団宮の森大倉山分団」の訓練の展示もある。
●町内会ごとにご協力いただきたい人数を割り振っているので、ご協力をお願いします。当日(8月29日(日))は、午前8時30分までにヘルメットを着用して参集願いたい。
●また、前日である9月25日(土)には会場設営があるので、10時までに参集願いたい。
■次に、事務局より第2部の「防災アトラクション」の説明がありました。
●第2部は10時15分から実施する。今年は、札幌市消防音楽隊及びカラーガーズ隊も参加してくれることになっている。
●そのほかの出演者は、①宮の森小学校スクールバンド、②大倉山小児童(よさこい)、③円山少年消防クラブ、④三角山小学校児童(合唱)、⑤宮の森中学校吹奏楽部の5組になる。
■防災フェスティバルの内容については、説明のとおりで了承を得ました。
■次に、9月末に実施する予定の「避難所宿泊体験」について説明がありました。
●日程が変更になり、9月25日(土)26日(日)の2日間で実施することとなった。場所は予定どおり三角山小学校である。
●内容のイメージとしては、9月25日(土)の14時30分頃に集合し避難所を立ち上げて、まずは、消防署の協力を得てAED体験等を実施する。
●その後、札幌市危機管理室の防災講座、避難所DIGを実施して、炊き出し体験、意見交換会等を実施して1日目が終了する予定である。
●2日目はラジオ体操、簡単な朝食(非常食)、反省会を行い、9時頃には解散する予定である。
■説明に対して、「子どもたちはどの範囲まで声をかけるのか」といった質問があり、「詳細については検討中であり、防災フェスティバルの設営時などまでには詰めたい」といった回答があった。
■次回の委員会を9月14日(火)に実施し、宿泊体験会の詳細を決定することとして終了しました。
2010-08-17 : 安全・安心 :
Pagetop

宮の森中学校通学路安全対策会議が開催されました

■平成22年8月12日(木)15時から、宮の森中学校において「宮の森中学校区青少年健全育成推進会 通学路の安全対策会議」が開催されました。
■この会議は、宮の森中学校及び大倉山小学校の児童・生徒の通学路である宮の森中学校前の道路が、「道幅及び歩道幅が非常に狭く危険である」、「特に冬期間については、その狭い歩道も雪で埋まってしまい、やむなく車道を歩いて通学しており大変危険である」ということから、その対策について関係者で協議するために開催されたものです。
■まず、中学校から、宮の森中学校前から旧宮の森ガーデン下のセイコーマートまでの区間の歩道について、①車道と歩道を分離する、②冬期間に定期的に排雪をする、の2点について提案がありました。
■また、7月29日(木)及び8月2日(月)に行った交通量調査の結果として、8時から8時40分までの間には約200台の車が通過すること及びそのうちの約半数が盤渓方面から北1条方面に下る車両であり下り坂のためスピードが出やすいこと、8時から8時30分がピークであり8時30分を過ぎると減少すること、が報告されました。
■次に、2点の提案を具体化するために、次のことが必要であると考えられるとの説明がありました。
●子どもたちの安全を守るために中学校ができることとして、①日常的な安全指導、②自転車の乗り方指導、③PTA校外生活委員会と協力しての登下校の巡視活動(年3回計画)、④生徒会としての積雪時の歩道除雪等、⑤保護者の対しての安全指導のお願いや危険個所の情報提供、などの報告がありました。
●に町内会にお願いしたいこととして、①安全対策に関する要望書提出に向けての助言、②歩車道分離に対する地域の方々への説明、意見集約及び協力依頼、③積雪時の自宅前歩道の除雪協力のお願い、が提案されました。
●行政に依頼することとして、①夏季について、歩車道区分の意識化対策としてのポストコーンの設置、②冬期間の除雪、排雪の回数増、③宮の森中学校前道路の「駐車禁止」区域化、④宮の森中学校前道路のスクールゾーンの設定、について提案がありました。
■これらの提案、説明に対して中央区土木部から、次のような説明がありました。
●道路の幅員を変更することは、地先の方々に負担を求めることになるので困難であることから、現状で実施可能な対策について検討したところ、歩道と車道区分が分かるように「ポストコーン」を設置することを提案したい。
●ガードレール等を設置した方がしっかりと分離できるが、周知の方々に不便を与える可能性もあり、また、ポストコーンであれば冬期間ははずすことができるので、現状では、これが一番現実的はないかと考えている。
●まずは、最も歩道幅員が狭い、旧宮の森ガーデン前の歩道で実験をし、その結果を踏まえて学校側に広げていきたい。
●冬期間の除雪については、なかなか難しい課題であるが、旧宮の森ガーデンの工事用柵を少しセットバックさせてもらって、そこに雪を堆積するという方法もあるのではないかと考えており、地主さんと交渉してみたいと考えている。
■これを受けて、次のような意見交換がありました。
●旧宮の森ガーデンの土地については、跡施設の完成を前提にした歩道の拡幅話があるが、道路管理者として交渉することはできないのか。(持ち帰って内部で検討する。(土木部))
●生徒が自分たちで年に1回でも除雪をしてはどうか。(有効と考えられるので検討してみる。(中学校))
●町内会としても砂まきや駐車対策、道路への雪出し禁止啓発をしているが、なかなか特効薬がない。
●駐車禁止対策については、のぼりを立てて減少したという事例もある。
●駐車禁止にするためには、住民1人1人が納得しないと実現できないので、ハードルが非常に高いのではないか。
●警察にパトロールを強化してもらうということもあるが、住民がその気にならなけれないけないのではないか。
■話し合い結果については、教頭から西警察署に伝えることとなりました。また、土木部には早急に対策に着手してもらい、その結果を基に、再度、話し合いを行うこととなりました。
■「宮の森中学校区青少年健全育成推進会」では、今後も子どもたちの安全を守るための活動に努力してまいりますので、今後ともご理解とご協力をお願いいたします。
【当日の出席者】
宮の森大倉山連合町内会 松原顧問、宮の森大倉山連合町内会 府録会長、宮の森明和会 吉田会長、荒井山町内会 岩邊会長、円山西町町内会 牧野会長、こぶし自治会 金山名誉会長、宮の森大倉山地区交通安全運動実践会 小川会長、大倉山小学校 加藤教諭、宮の森中学校区青少年健全育成推進会 阿妻会長、宮の森中学校 谷校長、小路教頭、佐々木教諭、中央区土木部佐々木維持係長、和田職員、宮の森まちづくりセンター 加藤所長
2010-08-17 : 子ども :
Pagetop

8月の定例役員会が開催されました

■平成22年8月10日(火)18時30分から、宮の森大倉山連合町内会の8月の定例役員会が開催されました。
■議題及び報告等は次のとおりです。
■まず、特別会員報告として、西警察署宮の森交番から次のような報告等がありました。
●夏の行楽次期を迎え、長距離運転をする機会が増えると思うが、「疲れたらすぐ休憩する」ことが事故を防ぐために大切である。
●今年度これまでの死亡交通事故は、北海道全体で113人(前年比△1人)、西警察署管内で1人。最近の傾向として自転車の事故が多いことが挙げられる。自動車と自転車だけではなく、自転車と歩行者という例もある。特に交差点で気をつけること、一時停止を守ることに気をつけて欲しい。
●自転車の盗難が増えている。被害にあわないためには、複数のカギをつけること、特にシリンダー錠が有効である。
■また、交番の円山ブロック(宮の森、円山、南円山、アメリカ領事館の各交番で構成)の責任者から「このあたりの地域は、4つの交番が力を合わせて守っている。もし、交番に警察官がいなくても、事件・事故の際には110番通報をすれば、最も近くにいる警察官が最も早い方法で駆けつけるので、安心して欲しい。」旨の説明がありました。
■次に中央消防署宮の森出張所から次のような報告がありました。
●8月29日(日)に連合町内会が主催して実施する「防災フェスティバル」には、全力を挙げて協力するので、よろしくお願いしたい。
●連合町内会という大きな組織だけではなく、単位町内会ごとの自主防災組織の訓練のお手伝いもしているので、必要な時には申し出て欲しい。
●最近の火災発生状況としては、8月8日に宮の森4条11丁目の一般住宅でボヤがあった。昼食調理中に壁を焦がしたもの。ガスコンロの周りには燃えやすいものを置かないように気をつけて欲しい。

■次に「宮の森音楽祭」について、実行委員会の岡本さんから協力依頼がありました。
●「宮の森音楽祭」は、『子どもたちに身近な場所で音楽に触れることができる環境を提供する。』『音楽を通じて地域の皆様と触れ合う』ことを目的として実施している。
●9月5日(日)14時から彫刻美術館で、10月16日(土)13時30分から宮の森小学校体育館で、宮の森音楽祭を開催する。それぞれ、宮の森明和会館でヴァイオリンを習っている子どもたちや宮の森小学校のスクールバンドなどが出演するので、観覧願いたい。
●いずれも入場料は500円であり、9月5日の分については、「スパー宮の森ショッピング店」「フーズバラエティすぎはら」で前売り券を販売している。まちづくりセンターにも若干ある。10月16日の分については、当日チケットを販売する。なお、小中学生は無料である。
●これまでは、音楽家である自分の伝手で出演者を探していたが、将来にも持続可能な体制を整備するため、今年からは「札幌音楽家協議会」と連携して進めることとした。

■次に自主夜間中学「遠友塾」について、代表の井上さんから説明がありました。
●「遠友塾」は、「戦争や家庭の事情、病気などで小中学校に行けなかった人」「小中学校は卒業したが、生活上不便を感じていて、基礎的な勉強をもう一度したい人」「引きこもりや不登校などで中学校に行っていない人」などが学んでいる場である。
●以前は市民会館で開講していたが、改築されたため、2009年4月から向陵中学校の教室を借りて毎週水曜日の18時過ぎから授業を行っている。
●今年は、1年生25名、2年生25名、3年生21名、じっくりクラス10名の81名が、国語、数学、英語、社会の4教科を学んでいる。なお、90%が女性の高齢者である。
●向陵中学校の生徒との交流も行っており、生徒たちからはあたたかい応援メッセージも届いている。
●地域の皆さんにも是非、活動をご理解いただきたく、チラシの回覧をお願いするとともに、見学についても受け付けているので、ご参加いただきたい。
■出席者からは「一番遠くから来ている方は」(現在は簾舞が一番遠いが、以前は、余市や仁木、岩見沢から来ている方もいた)「年齢に幅があるが、学ぶ内容は一緒なのか」(基本的には一緒だが、特別に基礎から学ばなければならない方や高度なことを学びたい方については、個別に対応している。)「授業料は」(1か月1,000円)「テストはあるのか」(テストはないが、年に1回アンケートを実施している)などの質問があり、皆さん興味深げに聞いておられました。

■次に府録会長から報告がありました。
●7月7日(水)に競馬場の駐車場にて、中央区消防団総合訓練大会が開催され、宮の森大倉山分団が見事優勝した。
●7月22日(木)に中央区との懇談会・懇親会を開催し、区役所12名、連町23名の合計35名が参加。活発かつ貴重な意見交換ができた。
●7月26日(月)に三角山小学校のスクールゾーン実行委員会が開催され、宮の森北24条通、中森宮の森マンション前の横断歩道への信号新設要望などについて活発な意見交換がなされた。
●7月28日(水)中央区共同募金会理事・評議員会が、中央区民センターで開催され優秀地区として表彰された。
●8月2日(月)「楽しく学ぶ交通安全・防犯教室」を開催し、30名が参加した。
●8月3日(火)中央区民センターで中央区連合町内会連絡協議会が開催され、石狩のトンネルの事故を受け、市民部長より「定員オーバーをしない、余裕をもった行程を立てる、シートベルトを着用する」ことを守るようにという話があった。
●8月3日(火)中央区民センターで、第2回区民協議会が開催され、事例報告として阿妻防犯防災部長が、昨年実施した避難所宿泊体験のことについて各地区の連合町内会長をはじめとした約80名の方々に対して報告を行った。
●8月5日(木)に道新の青木新聞店及び暖龍から、「古本市」の益金として50,000円の寄付を連合町内会にいただいた。

■議題として阿妻防犯防災部長から「防災フェスティバル」の内容について提案があった。
●8月29日(日)に開催する防災フェスティバルは、基本的には例年どおりの内容だが、発災対応訓練としては、バケツリレーを消火栓からの放水訓練に変更することとした。グラウンド内については、「119番通報訓練」「子ども向けのはしご車試乗体験」が新しい取り組みである。また、先ほど会長からあった、訓練大会で優勝した消防団の訓練展示も行う。
●例年どおり、各町内会からご協力いただける方を募るので、参加者名簿を8月16日(月)までに連町事務局へFAXして欲しい。

■各部から以下の報告がありました。
●総務部~7月22日(木)に中央区との懇談会・懇親会を開催した。
●文化体育部~8月2日(月)に青少年育成委員会主催の「移動天文台」が三角山小学校グラウンドで開催され、約200人が参加した。
●社会福祉部~①8月3日(火)に民生・児童委員推薦準備会が開催され、新任6名を含め33名の民生・児童委員、2名の主任児童委員の推薦が決まった。②9月11日(土)にやまなみ子育て支援部が主催し、子どものスポーツをテーマとした講演会を開催する。
●防犯防火部~8月12日(木)①18時から第2回連町防火委員会を開催する。主な議題は防災フェスティバルである。②9月に実施する「避難所宿泊体験」の実施素案は添付のとおりである。日時が9月25日(土)26日(日)に変更となっているので留意願いたい。
●環境衛生部~8月24日(火)18時から第2回連町環境衛生部会を開催する。議題は、施設見学会である。
●女性部~7月13日(火)①しんしのつ「たっぷの湯」で研修旅行を開催し67名が参加した。②がん検診について8月16日(月)が締め切りである。出来るだけ受診願いたい。
●健康づくり部~9月17日(金)に第3回目の健康づくりウォーキングを開催する。今回は、円山八十八か所を散策する。
●交通安全部~①7月16日(金)に夏の交通安全街頭啓発をスパー前交差点で実施した。②7月16日(金)に交通安全指導員会の総会を開催した。③7月15日(木)に大通西1丁目広場で交通安全道民のつどいが開催され約300人が参加した。④9月21日(火)に秋の交通安全街頭啓発を大倉山小学校付近の交差点で実施する。⑤夏の行楽期の交通安全について、交通安全実践会会長あてに市民まちづくり局長かあ通知があった。屯田の町内会の事故は、相手方がはみ出して来たものであるが、定員29名のところ35名が乗車していたということもあり、「定員の順守、余裕のある行程、シートベルトの着用」について徹底して欲しいとのこと。
●広報部~「連町ニュース」第25号は10月1日発行に向け作業を進める。来月の役員会には編集の骨子を示したい。

■各町内会・自治会から以下の報告がありました。
●上盤渓町内会~小林峠のトンネルについて、23年度に着工し27年度に完成することが決定された。これを機会に盤渓を盛り上げようということで、今回、マップを作成した。また、9月11日(土)12日(日)に地域で「もの」をつくっている人たちによる「まるごとばんけい」というイベントが、ばんけいスキー場を会場に開催される。
●明和会~①8月30日(月)に明和会の研修旅行を開催する。行先はしんしのつ「たっぷの湯」である。②三角山小学校のグラウンドで今年から実施を始めたラジオ体操が8月6日(金)に無事終了した。10日間の予定が雨で9日間となったが、1日平均115人が参加した。
●荒井山町内会~8月1日(日)に荒井山緑地で七夕祭りを開催し、約180名が参加した。
●中央町内会~9月29日(水)に苫小牧のゆのみの湯で研修旅行を実施する。
●北2町内会~①例年宮の森小学校で実施しているラジオ体操が8月7日(金)に無事終了した。15日間の予定が雨で13日間になった。②8月7日(土)に予定していた七夕祭りは、準備万端整った段階で大雨になり、翌日の日曜日に順延し実施した。
●東3町内会~7月17日(土)にグリーン公園でタンザクナイトを実施した。約500人が参加した。
●円山西町町内会~①7月23日(金)にグループホーム西円山の丘の推進委員会があり、副会長が参加した。②8月7日(土)に予定していた七夕祭りは大雨で中止したが、やきとりなどの物販については御蔭さまで完売した。2日目は予定どおり実施したが、大勢の人が集まってもらうことができ、ものの1時間で売り切れるものがでるなど、うれしい悲鳴であった。なお、今年は近隣の負担を減らすために、「スタート時間を早めて終了時間を繰り上げる」、「スピーカーを減らす」、などの工夫を行った。

■まちづくりセンターからは以下の報告を行いました。
●9月6日(月)に行われる「災害時要援護者支援に関するフォーラム」の案内が来ているので、参加を希望される方は20日(金)までにまちセンへご連絡願いたい。
●「災害時要援護者対策にかかるモデル事業報告書」が各町内会に送付されたので、ご活用願いたい。
●府録会長、小川実践会会長からお話のあった「夏の行楽期における交通事故防止について」の局長通知について配布したので、ご覧いただきたい。
●宮の森記念病院では、定期的に無料の健康セミナーを実施しているので、今後は、回覧等で地域に周知をさせていただくこととしたい。
●8月31日(火)に第2回目の高齢者の住まいアレコレ教室を開催するのでPR願いたい。
●9月25日(土)に「大倉山展望台秋まつり」が開催される予定。宮の森中学校のブラスバンドも参加するとのことであるため、回覧等で地域に周知させていただきたい。次回の役員会にはくわしい内容をお知らせする。

■8時30分過ぎに終了。
■次回は、9月7日(火)18時30分から


2010-08-11 : 連合町内会 :
Pagetop

ラジオ体操終了しました(宮の森小、三角山小)

みんなでおはよう【宮の森小学校(みんなでおはよう宮の森)】
三角山小【三角山小学校】

■宮の森小学校(みんなでおはよう宮の森実行委員会主催)及び三角山小学校(宮の森明和会、三角山小学校PTA主催)で行われていた、ラジオ体操がいずれも盛況のうちに終了いたしました。
■宮の森小においては、7月24日(土)から8月7日(土)までの15日間中、2日間はあいにくの雨で中止となりましたが、13日間開催することができました。
■三角山小においては、7月26日(月)から8月6日(金)までの土日を除く10日間中、1日はあいにくの雨で中止となりましたが、9日間開催することができました。
■いずれも、子どもからお年寄りまで沢山の方々が集まり、健康増進だけではなく、世代間交流や安否確認の機会として、地域にさまざまな効用をもたらしました。

2010-08-11 : 健康 :
Pagetop

永年勤続表彰を受けられました(民生・児童委員)

■平成22年8月4日(水)さっぽろ芸術文化の館において、第63回札幌市民生委員児童委員大会が開催され、宮の森大倉山地区でご活躍いただいている、お二人の民生・児童委員、主任児童委員の方々が永年勤続表彰を受けられました。
■民生・児童委員の皆さんは、安全で安心なまちづくりを進めるために、住民同士の助け合いや支えあいとともに、日常的な見守り活動を通じて地域に密着した活動を続けられております。
■現在、宮の森大倉山地区(宮の森、円山西町、盤渓)では、33名の民生児童委員と2名の主任児童委員が日々ご活躍されております。
■今回は、主任児童委員として宮の森大倉山地区全域でご活躍されている「斉藤 ふさ子さん」と宮の森明和会のエリアでご活躍されている(担当区域は、宮の森2条11丁目(1~3)、12丁目(1・2)、13丁目(1~10)です。)「埜瀬 富美子さん」が10年勤続表彰を受賞されました。
■お二人とも日頃からありがとうございます。そして、おめでとうござます。
2010-08-10 : 安全・安心 :
Pagetop

連合町内会に寄付をいただきました

1

■平成22年8月5日(木)株式会社 青木新聞店より連合町内会に寄付をいただきました。
■これは、去る平成22年7月9日(金)に青木新聞店が主催し、地域の皆さんから集めた本を地域に皆さんに販売した「第5回どうしん古本市」の売上金などです。
■当日は、青木販売店において、代表取締役の花田定男様から連合町内会の府録弘幸会長に寄付が渡されました。
■府録会長は、「町内の皆様のために大切に使わせていただきます。」と語っておられました。
2010-08-05 : 連合町内会 :
Pagetop

三角山小学校スクールゾーン実行委員会が開催されました

■平成22年7月26日(月)10時00分から、三角山小学校スクールゾーン実行委員会が開催されました。
■委員長である松田PTA会長、池上校長のご挨拶に引き続き、事務局から21年度の事業報告及び22年の事業計画の説明がありました。
■続いて行われた意見交換では、さらに気をつけていただきたいと考えているポイント等について、子どもたちを守るための活発な意見交換が行われました。
■宮の森北24条通、中森宮の森マンション前の横断歩道に新郷をつけるよう要望していることについても活発な意見交換が行われました。
■最後に、環境局みどりの推進部自然環境係長からカラス被害の防止等についての講演をいただきました。
■今後は委員会の結果を受けて、各学級で子どもたちへの安全指導が行われる外、おたよりなどで各家庭にもお知らせられる予定ですので、ご家庭におかれましても、子どもたちが自らの身を守ることができるよう、交通安全啓発をお願いいたします。
2010-08-05 : 安全・安心 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード