宮の森の自然探訪「スノーシュー体験会」

0050.jpg

■2月18日(水)10時00分から、宮の森大倉山連合町内会と宮の森まちづくりセンターが主催する「スノーシュー体験会」が行われました。
■前日の吹雪から打って変わって晴天に恵まれたこの日、参加者34名は、まず、まちづくりセンターに集合し、準備運動も兼ねながら「ユースの森」に向かいました。「ユースの森」は円山総合運動場補助グラウンドの向かいの森。昔、ユースホステルが建っていたことから「ユースの森」と呼ばれています。
■「ユースの森」に到着した一行は、さっそく、スノーシューを履いてみます。指導は、藤野野外スポーツ交流施設「Fu’s」のスタッフ。準備運動の後は森の探索です。夏場は入り込めない森の中も、冬、スノーシューを履けば、どんどん入り込んでいけます。参加者は、宮の森に本拠地を置くNPO法人「ねおす」のスタッフのガイドで、動物の足跡や鳥が虫を食べた跡の残る樹木、春も遠くないことを知らせるふくらみはじめた木の芽などを発見していきました。身近でしかも豊かな自然に、そして冬もたくましく生きる動物たちの痕跡にあらためて驚かされました。
■森の探索を終えた一行は、円山動物園に向かいました。動物園では、飼育員の三浦さんから、鳥や蝶などの身近な動物について、そして、動物園のこれからの計画についてのお話を聞き、解散となりました。
2009-02-18 : 環境 :
Pagetop

円山西町町内会「第17回雪中運動会」

0049.jpg
■2月7日(土)午前10時から、北海道立心身障害者総合相談所において円山西町町内会「第17回雪中運動会」が行われました。
■前日の吹雪から打って変わって晴天に恵まれたこの日、参加した100名を超える親子は、「みかん拾い」「ムカデ競争」「親子しゃもじリレー」「大人対子ども綱引き」など全部で7種目の競技に参加。応援の歓声や笑い声が冬の青空に響きました。
■参加者は、最後に、地域の皆さん手作りの熱々の豚汁をたっぷりとごちそうになり、心も体も温まって解散となりました。
2009-02-07 : 親睦 :
Pagetop

宮の森大倉山HOT CANDLE PROJECT(ホット・キャンドル・プロジェクト)

0048.jpg
■2月5日(木)から7日(土)にかけて、「宮の森大倉山HOT CANDLE PROJECT」が行われました。これは、これまでも各町内会などで行われていたキャンドル・イベントに統一的な「冠」をつけて、地域としての一体感を演出しようという試みです。
■具体的な作業はそれぞれの事情に合わせて各町内会等で行われましたが、子どもたちと一緒に点火作業を行ったところ、公園内に豪華なキャンドル台を設置したところあるいは3日間連続で頑張ったところなど、地域ごとに個性が発揮されました。
■純白の雪に映える暖かなキャンドルの灯りは、人々の心を温めます。いずれの地域でも、みなさんでわいわいとペットボトルを加工したこと、苦労して1本1本点火したことなどが地域のつながりを深めましたし、歩きながら、また、車の中から眺めてくださった方々にも、この地域のすばらしさをアピールできたと思います。
2009-02-05 : まちづくり :
Pagetop
ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード