「やまなみ」健康づくりセミナー(第1回目)

0032.jpg

■10月30日(木)、10時30分から、宮の森大倉山地区社会福祉協議会、福祉プラザ「やまなみ」が主催する3回シリーズの「健康づくりセミナー」の第1回目が行われました。第1回目は「目からウロコ~なるほどなっとく目の健康」と題し、札幌市立病院眼科副医長の荻野哲男先生のお話を聞きました。
■70名を超える参加者で会場はびっしり。「目の健康」という身近なテーマだけに、真剣にお話を聞き、「どんな病気でも、きちんと理解できるまで医師の話を聞くことが大切」ということには、参加者一同、大いになっとくしました。
■シリーズ2回目のセミナーは、11月19日(水)10時30分から、宮の森明和地区会館(宮の森まちづくりセンター)で行います。北海道医療大学教授の中野倫仁先生をお迎えし、テーマは「脳いきいき~なるほどなっとく認知症」です。ぜひ、ご参加下さい。
2008-10-30 : やまなみ :
Pagetop

ノルディックウォーキング+アイヌ文化交流センター「ピリカコタン」見学

0031.jpg

■10月23日(木)、「ノルディックウォーキング」の体験ツアーが行われました。「ノルディックウォーキング」はフィンランド生まれの新しいスポーツ。スキーのストックのような専用のポールを使って歩くと、足腰への負担が軽くなり、しかも消費エネルギーが2割アップすると言われています。
■参加者37名は、まず、藤野野外スポーツ交流施設「Fu’s snow area」に向けて出発。簡単な説明と準備運動の後、さっそく「ノルディックウォーキング」にトライしました。「Fu’s」はかつての藤野スキー場です。軽快に中腹まで登った一行は、秋風に吹かれて市街地を一望しました。
■その後、昼食はバーベキューを楽しみました。外で食べるのは、今シーズンはこれが最後でしょう。「さっき体を動かしたけれど、これで±0になっちゃう・・・」と言いながらも楽しく食べました。
■食事の後は、札幌市アイヌ文化交流センター「ピリカコタン」の見学。身近にありながらなかなか触れる機会の少ないアイヌ文化に触れることができました。
■最後は、お楽しみの温泉で疲れを癒して帰途につきました。盛りだくさんの1日でしたが、天候にも恵まれ、健康への関心そして地域の皆さんの親睦も深まった1日でした。
2008-10-23 : 健康 :
Pagetop

押し花展示会

■10月11日(土)、12日(日)の両日、宮の森明和地区会館において、宮の森大倉山地区社会福祉協議会、福祉プラザ「やまなみ」が主催する「押し花教室」の展示会が行われました。
■4月21日に開講した今年の「押し花教室」では、毎回大勢のみなさんが参加し、楽しく作品を創ってきましたが、今回は、今年度の集大成としての展示会でした。75名の参加者から約220点の作品が出品され、いつもの会館とは見違えるような華やかな雰囲気になりました。
■額に入れ展示パネルにきちんと展示された作品は、制作段階とはまた違って見えるとのこと。出展者のみなさんはお互いに感想を言い合ったり、一緒に作品を見に来たご家族に制作の苦労話などをされていました。
■今年16回目を迎えたこの展示会には、天候にも恵まれ、2日間で約350名の来場者がありました。また、押し花体験コーナーが人気で、子どもたちが、押し花教室参加者の指導を受けながら、絵はがきやしおりづくりにチャレンジしていました。 0030.jpg
2008-10-11 : やまなみ :
Pagetop
ホーム

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード