まちづくりの担い手発掘「室内ゲーム大会」が開催されました

2

■平成24年3月1日(木)13時30分から、宮の森まちづくりセンター(宮の森明和地区会館)にて、まちづくりの担い手発掘「室内ゲーム大会」が開催されました。
■この催しは、町内会活動など地域のまちづくりの新たな担い手となっていただくきっかけづくりを目的として、宮の森大倉山連合町内会が開催したものです。
■この日は、ゲーム大会の開催に先立ち、宮の森まちづくりセンター所長による「地域のまちづくり」に関する講座を聞きました。
■講座の後は、お待ちかねのゲーム大会です。
5
■麻雀の部・・・
4
■囲碁の部・・・
3
■オセロの部・・・
■・・・の3つの競技・会場に分かれて、腕を競い合いました。
1
■上位入賞者(麻雀は5位まで、囲碁・オセロは3位まで)には、地元にある「かんてんぱぱ」商品の豪華詰め合わせが、賞品として贈呈されました。
2012-03-05 : まちづくり :
Pagetop

「小さな七夕の夕べ」が行われました

七夕1 七夕2 七夕3

■平成22年7月7日(火)19時30分から、宮の森12軒緑地において「地域子どもネットワーク「みんなの森」」が主催し、宮の森中央町内会が支援する『小さな七夕の夕べ』が開催されました。
■当日は、それぞれ思い思いに短冊に願い事を書いて飾った後、影絵UNIT「ふくち組」の方々による「影絵」(北海道の民話「エタシッペカムイ)や馬頭琴、篠笛の演奏などが行われ、集まった子どもたちは目を輝かせていました。
■にわか雨の後の涼しい夜に楽しいひと時を過ごしました。
2010-07-08 : まちづくり :
Pagetop

連合町内会が表彰されました

2 表彰状

1【優秀地区を代表して星置地区分会が表彰状を受け取りました】

■平成22年7月2日(金)第33回札幌市社会福祉大会が開催され、その席上で宮の森大倉山連合町内会(中央区共同募金会宮の森大倉山地区分会)が、「優秀地区・優秀の分野」として表彰されました。
■これはこれまでの地域の皆さんの努力が実ったものです。おめでとうございます。


2010-07-05 : まちづくり :
Pagetop

連合町内会の総会が行われました

22年総会写真

■平成22年5月16日(日)10時から、宮の森明和地区会館において、平成22年度宮の森大倉山連合町内会定期総会が開催されました。
■連合町内会は、宮の森、円山西町、盤渓地区にある17の町内会の連合体であり、各地域の町内会では対応しきれない地域課題を解決したり、比較的大きなエリア・単位で対応した方がより効果的である事業等を実施している組織です。
■当日は、宮の森大倉山地区にある17の町内会、自治会から72名(役員26名、代議員46名)が出席されました。(このほか委任状を提出された方が29名います。)
■平成21年度の事業及び決算報告並びに監査報告について了承された後、平成22年度事業及び予算について審議され、「収入に併せて事業の見直しも必要ではないか」「広報誌発行費を縮減しているが大丈夫か」などの活発な質疑の結果、原案どおり了承されました。
■宮の森大倉山連合町内会では今年も、宮の森、円山西町、盤渓地区をより住みよい地域にしていくためのさまざまな活動を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
■なお、連合町内会の役員は次のとおりです。(任期は来年3月までです。)
 ●顧 問     松原 和男 (明和会)
 ●会 長     府録 弘幸 (中央町内会会長)
 ●副会長     小川 喜市 (北一町内会名誉会長)
 ● 同      東  健治 (北二町内会会長)
 ● 同      吉田 重弘 (明和会会長)
 ● 同      本間 正俊 (盤渓下町内会会長)
 ●監 事     井川 文弘 (東三町内会会長)
 ● 同      牧野 正昭 (円山西町町内会会長)
 ●会計長     戸田 宣雄 (明和会)
 ●事務長     渡辺 邦彦 (嘱託職員)
 ●総務部長    吉田 副会長兼務
 ●文化体育部長  東 副会長兼務
 ●社会福祉部長  吉田 副会長兼務
 ●社会福祉副部長 須藤 道子 (民生・児童委員協議会会長)
 ●防犯防火部長  阿妻 一直 (上盤渓町内会会長)
 ●防犯防火副部長 田中 裕美 (第一町内会防犯・防火部長)
 ●環境衛生部長  佐々木 光男(第一町内会会長)
 ●女性部長    堀川 京子 (中央町内会副会長)
 ●女性副部長   東 恵子  (北二町内会女性部長)
 ●  同     須藤 洋子 (明和会女性部長)
 ●  同     金子 淳子 (荒井山町内会女性部長)
 ●  同     後條 享子 (東三町内会女性部長)
 ●健康づくり部長 金子 淳子 (荒井山町内会女性部長)
 ●交通安全部長  高橋 武  (北一町内会会長)
 ●交通安全副部長 堀川 笑美子(交通安全母の会会長)
 ●広報部長    岩邉 義光 (荒井山町内会会長)
 ●理 事     佐藤 信義 (東一町内会会長)
 ● 同      大塚 小百合(4条AP自治会会長)
 ● 同      小林 明  (北三町内会会長)
 ● 同      遊佐 克幸 (ステイツ宮の森自治会会長)
 ● 同      西村 博  (こぶし自治会会長)
 ● 同      岡本 守正 (パレス管理組合理事長)
 ● 同      林 幸之  (クラウンハイツ自治会会長)





2010-05-19 : まちづくり :
Pagetop

宮の森音楽祭実行委員会が開催されました

■平成22年5月8日(土)9時から、宮の森小学校PTA会議室において今年度第1回目の「宮の森音楽祭実行委員会」が開催されました。
■この委員会は、9月に「本郷新記念札幌彫刻美術館」で、10月に「宮の森小学校」で開催される予定の音楽会の企画等を検討する会です。
■当日は、PTAの方や町内会の方、宮の森小の先生などが出席し、運営方法や出演者などについて熱心に議論されました。
■なお、今年度の音楽会の開催予定は次のとおりです。
 ●第1回
  日時:平成22年9月5日(日) 時間未定
  場所:本郷新記念札幌彫刻美術館
 ●第2回
  日時:平成22年10月16日(土)13時30分~15時30分
  場所:宮の森小学校体育館
2010-05-10 : まちづくり :
Pagetop

中央区西部地区除雪連絡協議会

マルチゾーン会議

■3月16日(火)10時00分から、南円山まちづくりセンターにおいて、中央区西部地区除雪連絡協議会の会議が開催されました。宮の森大倉山連合町内会からは、府録会長、吉田副会長、東副会長の3名が出席しました。
■この会議は、関係町内会、管内の小学校、警察、中央土木センター、除雪事業者などで構成されており、除雪に関する地域課題を共有し情報交換する目的で開催されています。
■今年は、雪が少なかったせいもあり、大きなトラブルや事故もなく順調に経過したとのことでした。
2010-03-16 : まちづくり :
Pagetop

「くしろサッポロ氷雪国体」のお手伝い

おもてなしテント(1日目)  がんばれ!

■2月26日(金)、27日(土)の2日間、第65回国民体育大会「くしろサッポロ氷雪国体」のジャンプ競技が、宮の森ジャンプ競技場で行われました。
■宮の森大倉山連合町内会では、競技場地元の「こぶし自治会」「荒井山町内会」のみなさんを中心に、全国から集まってくる選手や関係者へのおもてなしのボランティアに参加しました。

おもてなしテント(2日目)  大ジャンプを!


2010-02-27 : まちづくり :
Pagetop

中央区ウィンタースポーツフェスティバル in 大倉山

熱いスープをどうぞ!

■2月8日(日)10時00分から、大倉山ジャンプ競技場において「中央区ウィンタースポーツフェスティバル in 大倉山」が開催されました。ジャンプ台ランディングバーンでの豪快なチューブ滑りが人気のイベントです。
■宮の森大倉山連合町内会では、地元のイベントということで、青少年育成委員会や連合町内会の女性部など様々な立場の方々がボランティアで参加しました。
■この日は時折強い風が吹くあいにくの天気でしたが、来場者のみなさんは、女性部のメンバーが提供する人気のスープコーナーで、冷えた体を温めていました。
2010-02-07 : まちづくり :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会の定期総会が行われました。

0058.jpg

■平成21年5月17日(日)10時00分から、宮の森明和地区会館において、宮の森大倉山連合町内会の平成21年度定期総会が行われました。
■連合町内会の府録会長から、「子どもたちの安全やお年寄りの安心、あるいはゴミのないきれいなまちを目指して、行政機関や学校関係者などとも連携して取組を進めていこう。」とのごあいさつがありました。
■平成20年度決算、平成21年度の予算案、事業案などが審議され、すべての議案が当初案どおり決定されました。また、今年は、連合町内会の役員改選期に当たりますが、会長、副会長、監事は全員再任されました。
2009-05-17 : まちづくり :
Pagetop

宮の森大倉山HOT CANDLE PROJECT(ホット・キャンドル・プロジェクト)

0048.jpg
■2月5日(木)から7日(土)にかけて、「宮の森大倉山HOT CANDLE PROJECT」が行われました。これは、これまでも各町内会などで行われていたキャンドル・イベントに統一的な「冠」をつけて、地域としての一体感を演出しようという試みです。
■具体的な作業はそれぞれの事情に合わせて各町内会等で行われましたが、子どもたちと一緒に点火作業を行ったところ、公園内に豪華なキャンドル台を設置したところあるいは3日間連続で頑張ったところなど、地域ごとに個性が発揮されました。
■純白の雪に映える暖かなキャンドルの灯りは、人々の心を温めます。いずれの地域でも、みなさんでわいわいとペットボトルを加工したこと、苦労して1本1本点火したことなどが地域のつながりを深めましたし、歩きながら、また、車の中から眺めてくださった方々にも、この地域のすばらしさをアピールできたと思います。
2009-02-05 : まちづくり :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

FC2カウンター

QRコード

QRコード