FC2ブログ

お正月お楽しみ会

1月13(日)午前10時から明和地区会館で宮の森大倉山青少年育成委員会主催の「お正月お楽しみ会」が行われました。

この日は良い天気に恵まれ、たくさんの子どもや親子連れが参加しました。

最初に三角山小学校ミニ児童会館人形劇クラブによる人形劇が披露され、軽妙な語り口とユーモラスな動きの人形に笑いが起こっていました。
次にお餅つき体験とたくさんの景品が当たるビンゴ大会で盛り上がりました。
ついたお餅は、一口大の大きさに分け、お雑煮ときなこ餅で美味しくいただきました。

青少年育成委員会の皆さん。お疲れ様でした。

2020011301
2020011302
2020011303
2020011304

2020-01-14 : 子ども :
Pagetop

宮の森明友会新年交礼会

1月8日(水)、宮の森明友会(老人クラブ)の新年交礼会が行われました。
冒頭、全員で『一月一日』を歌った後、岩渕会長から新年のご挨拶。

この日は祝杯の後、皆さんで会食。美味しいお弁当やミカン、お菓子をいただきました。余興では日本舞踊、クラリネット演奏、バイオリン演奏、端唄(三味線歌曲)、舞踊、アコーデオンとフルートの演奏が次々と披露されました。最後は会場全員で「故郷」を歌いました。

会の準備や進行を行った役員の皆さんお疲れ様でした。
今年も明友会の活動を楽しみにしています。

2020010801
2020010802
2020010803
2020010804
2020010805
2020-01-08 : 親睦 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会役員会(1月)開催

あけましておめでとうございます。
1月7日(火)18時から定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。

◆ 特別会員報告
(1) 宮の森消防出張所(石山所長)
・令和元年火災発生件数 (カッコ内は前年比)
 全市:407件(△28件)、中央区:69件(+3件)
 出火原因のワースト3は「こんろ」「たばこ」「放火」
・救助出動
 全市:1,623件(+158件)、中央区:265件(+27件)
 単身高齢者の増による「安否確認」が多くなっている。
・危険排除出動
 全市:7,417件(△2,259件)、中央区1,173件(△145件)
 火災報知などの「救急活動支援」が多い。
・救助出動
 全市:102,347件(+4,165件)、中央区18,475件(+494件)
 最も多いのは「急病」

◆ 会長日程
(1) 1月17日(金)18:00 中央消防団新年交礼会(京王プラザホテル)
(2) 1月17日(金)18:00 自衛隊協力会三分会合同新年交礼会(円山会館)
(3) 2月20日(木)16:00 行政懇談会、連町会長懇談会(パークホテル)

◆ 各部報告
・文化体育部・・・1月13日(月・祝)青少年育成委員会主催のお正月お楽しみ会を開催。2月27日(木)連町主催の室内ゲーム大会(囲碁、麻雀、オセロ)を開催。多くの方の参加を。
・交通安全部・・・昨年の交通事故死亡者数は全国で前年より317人少ない3,215人、最も多かった1970年の約5分の1。道内は昨年より11名増加し全国ワースト3。高齢者の占める割合が高く、斜め横断などの注意や体の衰えを自覚し行動するようアドバイスしてほしい。

◆ 各町内会・自治会から
・上盤渓:1月13日(月・祝)総会。1月15日(水)盤渓地区の地区防災計画策定に対する札幌市防災表彰授賞式に出席。
・北二:1月11日(土)新年交礼会。
・明和会:1月11日(土)百人一首かるた大会。
・円山西町:1月5日(日)新年交礼会。2月11日(火)囲碁麻雀大会。2月16日(日)雪中運動会。
・荒井山:1月26日(日)新年交礼会。2月23日(日)ダンボールそり大会。

◆ まちづくりセンターから
・町内会・自治会の加入世帯数等調査についてご協力に感謝。

◆ 事務局から
・次回役員会は、2月4日(火)18時30分から宮の森明和地区会館で開催。

会議終了後に、新年会が開催されました。
本年も、よろしくお願いいたします。
2020-01-08 : 連合町内会 :
Pagetop

「やまなみ」健康づくりセミナー開催(第3回目)

12月12日(水)に健康づくりセミナーを開催しました。
このセミナーは日頃の健康づくりに役立てるため、地区社会福祉協議会「やまなみ」が毎年秋から冬にかけて3回シリーズで開催しています。
今年は「健康寿命を延ばそう」をテーマにいつまでも健やかに心豊かに生活できるように、生活習慣病の発症予防や重症化予防の工夫など、専門家によるセミナーを行っています。

今回は3回目。第一部は「そこが知りたい!糖尿病」~糖尿病の予防や重症化、合併症予防について~と題し、いとうひろし内科・糖尿病内科クリニックの伊藤博史先生による講演。第二部は「糖尿病予防の食事」について中央保健センターの管理栄養士からお話を聞きました。

2019121201
糖尿病はインスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気です。血糖が高いままで長く放っておくと、細い血管がもろくなり網膜症や腎症、末しょう神経障害となったり、太い血管がもろくなり心筋梗塞や脳梗塞などの合併症につながることがあるそうです。

体が活動するために必要な糖は血液中を流れインスリンの助けを借りて筋肉などの細胞に取り組まれます。糖尿病になるとインスリンが十分に働かなくなり血糖をうまく細胞に取り組めなくなります。これは、長年機能してきた膵臓の働きが低下しインスリンを作り出せなくなってしまうインスリン分泌不全や太った脂肪細胞から出されるインスリン抵抗性といわれるインスリンの働きを妨げる物質が影響しているとのことです。

糖尿病は現在の医学レベルでは完治する病気ではないため、日常生活の質を維持するためには基本的には食事や運動により血糖、体重、血圧などを良好な状態に維持することが必要ですが治療目標を医師と患者自身が共有し必要に応じて治療を強化していくとのことです。病気をよく知り、長く無理なく付き合いことが大切だとのことです。

2019121202
第二部では、中央保健センターの奥村管理栄養士によるミニ講話です。
食事は3食決まった時間に適量を食べること。食事は、いろいろなものを「バランスよく」食べることが重要で、主食・副菜・主菜は、「3:2:1の割合」が良いとのこと。また、食物繊維の多い野菜やキノコ類、海藻類をはじめに食べると糖質をとっても血糖値の上昇が緩やかに抑えられるとのことです。
2019121203

今年は今回で終了です。
これからの時期は雪と寒さのため家にいることが多くなりがちですが、適度な運動、塩分控えめのバランスのとれた食事などに気を付け長い冬を乗り切りましょう。
2019-12-13 : 未分類 :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会定例役員会(12月)開催

12月10日(火)18時30分から定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。
(冒頭、民児協新会長より挨拶あり。3年に一度の一斉改選では関係町内会の会長に民生委員の推薦にご協力をいただき感謝。)

◆ 特別会員報告
・宮の森消防出張所(石山所長)
①令和2年札幌市消防出初式が1月7日(火)10時からカナモトホール(北1西1)で行われる。第1部式典、第2部市民イベントで消防音楽隊によるミニコンサート、木遣り保存会による演技を予定。お時間があれば足を運んでほしい。②歳末期特別警戒にあたり今一度火の元の確認をお願いしたい。

◆ 令和元年度宮の森音楽祭について(実行委員長 岡本孝慈)
・9月21日(土)宮の森小学校で行われた宮の森音楽祭では関係町内会の協賛に感謝。次年度は9月26日(土)開催に向けて調整。日程が決まり次第改めて報告する。
・12月21日(土)おとのわクリスマスコンサートを向陵中学校で開催。是非来場を。

◆ 会長報告
・12月3日(火)中央区連合町内会連絡協議会行政懇談会に出席。詳細は下記参照。
・協議事項:除雪について意見があれば町内会でまとめ書面にて1月役員会までにまちセンに提出してほしい。

◆ 会長日程
(1)12月12日(木)14:00 健康づくりセミナー③
(2)12月21日(土)13:30 おとのわクリスマスコンサート

◆ 各部報告
・社会福祉部:12月12日(木)健康づくりセミナー③「そこが知りたい糖尿病」をテーマに糖尿病の予防や重症化、合併症予防についてのセミナー。多くの方の参加を。
・女性部: 11月21日(木)、22日(金)中央区連町女性部宿泊研修に参加。今年度のみんなの講演会についての反省、次年度について検討した。
・交通安全部:12月6日(金)交通安全指導員研修会・親睦会開催。研修会ではお酒の飲み方と運転について講演をいただいた。

◆ 各町内会・自治会から
・北二:12月、1月には町内会、老人クラブの忘年会、新年会を予定。

◆ まちづくりセンターから
・町内会・自治会の加入世帯数等の調査について、1月7日(火)までにまちづくりセンターまで提出。
・政治家の寄附行為について、忘年会、新年会を開催するこの時期、疑義を持たれることの無いようご協力を。

◆ 事務局から
・次回役員会は、1月7日(火)18時から。終了後新年会を開催。明和地区会館で開催。

(文責)まちづくりセンター 青山


◎会長報告

令和元年度札幌市中央区連合町内会連絡協議会 行政懇談会
令和元年12月3日(火)15:30から
札幌プリンスホテル国際館パミール

【東北まちづくりセンターにおける町内会金銭の紛失について】
 先に報道等で発表がありましたが、東北まちづくりセンターにおいて連合町内会の口座に入金する予定であった382,500円が紛失していることが発覚しました。当時の管理体制としては単位町内会から受領した現金について即時入金の手続きを行わなかったことが原因の一端とも考えられ、各まちづくりセンターでは現在再発防止に努めるべく対策を講じているところであります。
 尚、東北連合町内会および所属単位町内会については札幌市及び中央区より詳細についての説明および謝罪を行なっているところであり、重ねて警察への被害届も提出しているとのことであった。

【都心アクセス強化に関するパネル展示について】
 札幌市では高速道路から都心へのアクセス性について課題のひとつとしています。都心アクセスの強化として札幌北インターから北三条通の約4キロにわたる創成川通の機能強化として国が中心となり学識者や地域の意見を取り入れた「計画段階評価」を行なっています。
 アクセス方法については地下整備や一部高架整備、上下線構造分離や現道活用など様々な案が検討されていますが概ね1,000億円の費用が見込まれています。
 現在の詳細な検討状況については札幌市と北海道開発局が連携してパネル展示等を用いて説明を行なっているとのことでした。

【札幌市町内会に関する条例の現状について】
 秋元市長2期目の条例の検討について先に行われた第三回定例市議会の代表質問の答弁の中で「条例素案の見直しと、実効性ある取組を提示し、議論を進めていくため、町内会支援策について整理・検討を進めていくこと。具体的には加入促進支援にとどまらず、町内会活動の負担軽減につながる支援も含めて、庁内横断的な検討を始めた。」とのことであった。
 今後、町内会・地域住民と意見交換を重ねて条例制定に向けて積極的に取り組んでいくとのことであった。

協議事項
【除雪について】
 札幌市の除雪費について、昨年度は200億円を突破し、本年度は215億円の予算となっており、札幌市における除雪に関する費用は急速に増加している。
 パートナーシップ制度についても昨年20億円の予算を札幌市として予算計上している。
 人材・機材・インフラ等様々な要因が考えられる中、今後の除雪についての在り方等について次回の連合町内会連絡協議会での意見交換の議題として各連合町内会に持ち帰り意見の集約に努めることとなりました。つきましては宮の森大倉山連合町内会に所属の町内会自治会の皆様からのご意見ご要望等を募りたいと存じます。ご意見ご要望につきましては、次回の役員会までにまちづくりセンターまで書面にて賜りますようお願い申し上げます。

2019-12-11 : 連合町内会 :
Pagetop

クリスマスリース作り(青少年育成委員会主催)

12月8日(日)に青少年育成委員会主催のクリスマスリース作りが行われました。
当日は50名を超える子どもとその保護者の皆さんが宮の森明和地区会館に集まりました。

2019120801
まずは土台となるリースと飾りになるオーナメントを選んでもらいます。
その後、グリューガンという器械を使いリースにオーナメントを接着していきます。

2019120802
約1時間後、参加者全員のリースが完成。
片面がクリスマスリースでもう片面がお正月飾り風のリースを作る子もいました。
子どもたちの創意工夫がリースに表現されています。
2019120803

今年はどんなクリスマスになるか楽しみですね。
2019-12-09 : 子ども :
Pagetop

「やまなみ」健康づくりセミナー開催(第2回目)

11月14日(木)健康づくりセミナーを開催しました。健康づくりセミナーは日頃の健康づくりに役立てるため、福祉プラザ「やまなみ」(地区社会福祉協議会)が毎年秋に3回シリーズで開催しています。
今年は「健康寿命を延ばそう」をテーマにいつまでも健やかに心豊かに生活できるように、生活習慣病の発症予防や重症化予防の工夫など、専門家によるセミナーを行っています。

第2回は中村記念病院脳神経外科脳卒中センターの麓健太朗先生による「そこが知りたい!脳卒中」~脳卒中を疑う前兆、症状とは~と題して行いました。

2019111401

セミナーでは、脳卒中の疑いについて、特定の場所の頭痛や両手のしびれなどは脳卒中の疑いは低いが右手と左足のしびれや、ろれつが回らなくなりめまいがして吐いたといった症状があれば脳卒中の疑いがあるとのこと、わからなければ電話で相談してほしいとのことです。
また、急性期脳梗塞の治療法が進歩しており、薬もより良いものが出来ているとのこと。さらには、脳卒中の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症などのリスクについても、塩分や喫煙、飲酒、運動など生活習慣の改善で脳卒中の予防につながるとのお話がありました。これからの時期は血圧の急な上昇を防止するため、薄着での外出は控えるようにとのアドバイスがありました。講演はとても分かりやすいもので、多くの方がうなずきながら講師の説明を聞き入っていました。

第3回は「そこが知りたい!糖尿病」~糖尿病の予防や重症化、合併症予防について~と題して行います。12月12日(木)午後2時からいとうひろし内科・糖尿病内科クリニックの伊藤博史先生にお話をしていただきます。また、栄養士による講話もあります。
会場は明和地区会館です。ぜひ、ご参加ください。
2019-11-15 : やまなみ :
Pagetop

押し花教室修了式

押し花教室修了式

11月11日(月)、今年度最後の押し花教室と修了式が行われました。
この日は中央区役所の川原区長、中央区社会福祉協議会の馬場事務局長らを来賓にお迎えし、宮の森大倉山地区社会福祉協議会の吉田会長から、38名の方に修了証書が、また、押し花プロジェクトスタッフ9名に感謝状が贈られました。

式終了後、来賓の方々には押し花カレンダーを贈呈しました。
4月に開講した今年の「押し花教室」は、本日ですべての日程を終えました。
来年の4月までお休みに入ります。

皆さん。また来春も楽しく教室に参加してください。

2019111101
吉田会長から修了証の贈呈

2019111102
押し花のカレンダー
2019-11-11 : やまなみ :
Pagetop

宮の森大倉山連合町内会定例役員会(11月)開催

11月5日(火)18時30分から定例の宮の森大倉山連合町内会役員会が開催されました。
(冒頭、4条アパート自治会新会長より挨拶あり)

◆ 特別会員報告
・宮の森消防出張所(石山所長)
①10月15日(月)宮の森地区で一般住宅の地下車庫で火災。電気配線からの出火の疑い。改めて確認を。②11月5日は「津波防災の日」。地震、風水害などの自然災害に備えて備蓄品などの再点検を。③10月27日(日)大倉山ジャンプ競技場で「秋の火災予防運動」と「消防団員入団促進キャンペーン」の街頭啓発を実施。
・宮の森中学校(森長校長)
 宮の森中学校区青少年健全育成推進会で食育をテーマとした講演会を実施。多くの方のご参加に感謝。文化祭では多くの方の参加とともに地域文化作品展のご協力に感謝。

◆ 会長日程
(1)11月13日(水)14:30 西地区除雪協議会(明和地区会館)
(2)11月14日(木)14:00 健康づくりセミナー②
(3)12月3日(火)15:30 連町協行政懇談会(パミール館)
(4)12月6日(金)18:00 交通安全指導委員会研修会忘年会(暖龍)
(5)12月12日(木)14:00 健康づくりセミナー③

◆ 各部報告
・社会福祉部:11月11日(月)やまなみ「押し花修了式」。健康づくりセミナーは11月、12月にも開催。多くの方の参加を。
・女性部:①10月6日(日)西28丁目駅前で赤い羽根共同募金5人参加。来年も取り組みたい。②10月20日(水)冬季の砂まきPR事業に係るポスター選考会に参加。③10月23日(水)みんなの講演会。④11月21日(木)、22日(木)中央区連町女性部宿泊研修。⑤婦人科がん検診の申込み、今年度は8名。
・健康づくり部:10月11日(金)大倉山競技場を目指し秋のノルディックウォーキング会を開催。24人が参加。来年の参加をお待ちしています。
・交通安全部:今年度の啓発事業は終了。来年もご協力を。

◆ 各町内会・自治会から
・上盤渓:12月3日(火)第2回スクールゾーン実行委員会。幌見峠からの児童の通学の安全を考慮し、冬期間の閉鎖を要望したい。
・円山西町:座談会記事を配付。ご覧ください。11月23日(土)霖雨の邑で子どもから高齢者、障がい者を交えた地域カフェを開催。
・荒井山:11月7日(木)明日佳病院で健康フェスタ開催。70人の参加予定。
・明和会:11月3日(日・祝)第14回文化の日作品展。来年もよろしくお願いしたい。
・民児協:12月1日の民生委員一斉改選にあたり、10名の推薦をいただいた。関係町内会長のご協力に感謝。

◆ まちづくりセンターから
・円山動物園の「動物逸走捕獲訓練」に37名の参加申込み。ご協力に感謝。
・例年2月に町内会で実施している「ホット・キャンドル・プロジェクト」のキャンドル購入のお知らせ。12月18日(水)までにまちづくりセンターへ申込み。

◆ 事務局から
・次回役員会は、12月10日(火)18時30分から明和地区会館で開催。

(文責)まちづくりセンター 青山
2019-11-07 : 連合町内会 :
Pagetop

「やまなみ」健康づくりセミナー開講!

10月24日(木)やまなみ健康づくりセミナーが開講しました。このセミナーは日頃の健康づくりに役立てるため、福祉プラザ「やまなみ」(地区社会福祉協議会)が毎年秋に3回シリーズで行っています。
今年は「健康寿命を延ばそう」をテーマにいつまでも健やかに心豊かに生活できるように、生活習慣病の発症予防や重症化予防の工夫など、専門家による体操やセミナーを行います。

第1回は、「健康寿命の延伸~体操しましょ!」~今日から始める!足腰強化の体操とストレッチ~と題して、中央健康づくりセンター運動指導員の須戸祐樹(すどゆうき) 先生から、これから迎える冬の季節に雪道で転ばないための骨盤底筋群を意識した筋力トレーニングのご指導をいただきました。

先ずはテニスボールを使ったストレッチから。一般的な筋肉を伸ばすストレッチのほかに筋膜をほぐすストレッチを教えていただきました。テニスボールを使ったマッサージのようです。
次にスクワット。椅子を使い、自分の体重を利用して鍛えるもので、8秒かけて椅子から立ち上がり、8秒かけて座るものです。1日10回を目安に行います。
次に骨盤の動きのトレーニング。寝ている骨盤を起こすイメージで行います。1日15回、2、3セットを目安に行います。
最後に第二の心臓と言われているふくらはぎのトレーニング。転倒の原因はつま先が上がらなくておきるとのこと。つま先を上げる筋肉はふくらはぎであることから親指を意識してつま先立ちをし、かかとを床に着けずに上下を繰り返し、1日15回、2、3セットを目安に行います。

2019102401
2019102402
2019102403

須戸先生の軽妙なトークによる指導で、参加者も楽しみながらトレーニングを行いました。

第2回は「そこが知りたい!脳卒中」~脳卒中を疑う前兆、症状とは~と題して行います。11月14日(木)午後2時から中村記念病院の麓健太朗先生にお話をしていただきます。

第3回は「そこが知りたい!糖尿病」~糖尿病の予防や重症化、合併症予防について~と題して行います。12月12日(木)午後2時からいとうひろし内科・糖尿病内科クリニックの伊藤博史先生にお話をしていただきます。また、栄養士による講話もあります。

いずれも明和地区会館で行います。ぜひ、ご参加ください。
2019-10-25 : やまなみ :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

宮の森まちづくりセンター

Author:宮の森まちづくりセンター
■〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3(レンガ色の「宮の森交番」裏)
■電話 011-644-8760
■FAX 011-644-6421
■メール ch.miyanomori@city.sapporo.jp
■業務時間 月~金曜日 8時45分~17時15分
■お休み 土・日・祝日、年末年始

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード